土地探し。

昨日に引き続き土地のお話です。

夏ネギ用の圃場(12月定植)と、おネギの収穫の際に出る葉っぱや皮を捨てられる場所を確保したいので、最近ぼちぼち土地を探し始めました。

うちより南に1kmほど行ったあたりは耕作放棄地がわんさか。
どこか貸してもらえないかなぁ、と常々思ってはいるのですが、どうやったらスムーズに貸してもらえるでしょう・・・。

市の農地銀行に登録されている土地で目ぼしいところが一か所あったので、お盆前に農林水産課に問い合わせてみたところ、地主さんの連絡先を教えていただきました。
※農地銀行について(土地利用権と農地銀行について。参照)

早速地主さんに連絡してみました。

聞けば、その方のお父さんが以前は耕作していたが、今は老人ホームに入ってしまった。時々身内が草を刈っているが、管理も大変なので、是非使ってほしい、とのこと。賃料も無料でいいです(ヤッター)。更に、もう一か所使っていない畑があるので、そこも是非使ってほしい、と言われました。

その後、実際に土地を見に行ったりし、地主さんとも何度か連絡を取り合いました。

そんなこんなで話はとんとん拍子!

かと思いきや・・・、

最初に連絡をとってから3週間後、不可解な理由で最終的に2か所とも貸出を断られてしまいました。

そ、そんな・・・。
色々と計画してたのに~。

おそらく、貸す本人がよいと思っても、周りに入れ知恵をする人がいたのではないかと思われます。

確かに先祖代々の土地で、周りのお宅の目もあるので、全く知らない人に貸すのは躊躇するかもしれません。

岡地区ならまだ少しは我々が昨年からおネギをつくっていることを知っている人がいるけど、その地区には全く知り合いがいないので、もっと身元を説明すればよかったな、とちょっと後悔。


しかも、先方がせっかく貸すとおっしゃってくださったのに、ぐずぐずと返事を引き延ばしてしまったのもいけなかったデス。

次はパパッと即決でチャレンジしたいと思いますが・・・。

思えば今借りているのはお隣Iさんが紹介してくださったご近所のお宅の土地と、同じ組のSさん宅の土地。ここでは土地の貸し借りは、人づてが基本、信用第一なのかもしれません。

耕作放棄地を増やさないために、役所もあれこれ努力しているのだと思いますが、農地銀行というよい制度も、なかなか上手く機能していないのかもしれません。

じゃあどうしよう、と思っていたところ、役所の人が教えてくれました。

荒れている土地を農協が一旦借り上げ、耕作できる農家さんに貸しているそうです。いつもおネギのことでいろいろと教えていただいている農協Tさんがうちの地区の農地についての担当なので、Tさんに聞けば、今どことどこの土地が空いている、という詳しいことがわかるのではないか、とのこと。

早速Tさんに聞きに行ってみると、
今は空いてる土地はないね~、の一言でした(ガーン)。

荒れている土地は近くにたくさんあるので、いつでも借りられる、と高をくくっていましたが、ここへきて、土地探しが難航しています。



ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー



Comment

こんばんは…ご苦労されているようですね。中に入っていただける有力な人がいると話が早いのですが…農業委員さんとか地区の区長さん、市会議員さんにお願いする手もあるかと思います。諦めずに別ルートを使ってもう一度アタックされるのも手かと思います。

焦らず、長い目で土地探し頑張って下さい
らーくさん、おはようございます。

農地銀行に他にもいくつかよさそうなところがあるので、とりあえずそちらをあたってみようと思います。

ダメならまたご近所の方に相談して、農業委員さんを紹介してもらえるようお願いしてみようかな・・・。

御心配ありがとうございます。
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)