F1品種ってなに??

性懲りもなく・・・

買ってしまいました。

IMG_4392_convert_20120829182803.jpg


新しい本。


ぱらぱらっとめくってみると、気になったのは「F1品種の普及」という項目。

F1種ってよく聞きますが、F1のタネを採って翌年撒いても、よい作物はできないというのを聞いたことがあるくらいで実際それが何なのかはよくわからんのです・・・。

この本の中では少ししか触れていなかったのですが、ちょこっと調べてみたところ。

F1種を一言でいうと、「人工的な交配によって生み出した品種の一代目」なんだそうです。

農家が生産しやすいように、品種改良を重ね、大量に均一の形・味のものが生産できる。
そして、その年に植えたもの一代に限り、同じ形・味が揃うよう種苗メーカーが管理しているそうです。

種屋さんが儲かり、農家が生産しやすく、作物の見た目を重視する消費者のための、人間に都合よく作られた品種のようです。

昔、近所の農家さんが、わたしたちは種採りはしないのよ、とおっしゃっていたのを聞いて、なんでかな、もったいないな、と思っていたのですが、そういうわけだったんですね~。


一方、種を採って、二代目・三代目と続けて栽培できるものは「固定種」というらしいです。


地域の風土や気候に合わせ、無理なく少しずつ改良された品種だそうです。
実った野菜から種を採って植えると、翌年・翌々年も栽培が可能。

F1は種の多様性が損なわれるなど、いろいろと懸念事項があるそうです。
が、そこまでストイックに追及すると今栽培しているものも全否定することになってしまうので、追々勉強していければいいかなと・・・。

とはいえ、種採りしたいので、家庭菜園では固定種を使いたいデス。

ホームセンターなどで売っている固定種は「××育成」「××選抜」などの表示があるものだそうです。




ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー



Comment

こんばんは、F1種の事は良く分かりませんが、私は固定種=地方野菜みたいな感じ栽培しています。実際、固定種は種代が少し安いのも魅力なのですが…病気などには弱いと聞きます。直売所では地方野菜は先輩農家が作っていないので上手にお客様に受け入れてもらえば売れるのも事実です。
らーくさん、おはようございます。

このあたりでも春先にネギぼうずを数本残して置いてあるお宅があるので、きっと種採りをしているんだろうな、と思います。ということはそれが遠州ネギの固定種になるのかな?

先輩農家さんも近年では固定種より便利なF1にどんどん切り替えているんでしょうね。農協もすすめているし。

せっかくこの地域で作るのならやはり地元の固定種も扱ってみたいですね。
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)