FC2ブログ

黒腐菌核予防。

台風ですね(焦)。

こちらは影響はあまりないだろうとタカをくくっていましたが、うちより東の農家ですが何か??さんのブログに台風対策で土寄せするって書いてあったので、やっぱりやっとこうかな・・と、昨日の夕方になって大きいネギには慌てて土寄せしときました(汗)。


2週間前にも土寄せしたんですけど、台風の連れてくる雨で一気に大きくしたいところです。


0916 (4)


どのくらい伸びたかなー、と試し掘りしてみたら・・・

0916 (3)

あ、

この黒い点々は黒腐菌核かも・・・。

発生するには時期的に早くないですか?

(→と思ったら、小菌核じゃないか、とご指摘がありました、笑。 それなら納得です。)


近年管内で指導されているのは、菌核が動き出す前の9月末に一度目のアフェットフロアブル潅注。

10月末までに二度目、ということに一応なっているのですが。


で、今朝まだ雨が降り始めていなかったので、潅注してみることに。

本当は土寄せ前にやらなきゃいけないので、かなり後手にまわってしまった・・・

というか、この圃場は10~11月に獲る予定なので、そもそも潅注まではするつもりなかったのですが。


潅注専用の道具もあるみたいですが、こちらで推奨されているのは、ジョウロとかシャワーヘッドのような口をつけて、葉の上からジャージャーかけて、葉をつたって茎盤部に流れ落ちるようなやり方です。

アフェットはさび病や葉枯病も予防できるので、葉にもかけたほうがお得ですよね。



昔々、セット動噴を購入したときに、お試しで園芸用のシャワーヘッドをつけてネギに水遣りをした記憶があったので、それを使って潅注するイメージだったのですが、ととちゃんは、

全く覚えてない、そんなんできるんか? 

と言うので、証拠のブログ記事を探し出しました↓

動噴セット


ね? ちゃんとやったことあったでしょー!?


でも、動噴のホースの口にうまく取り付けられないので、探してみたら奇跡的にそのとき使ったジョイント部品が見つかりました。


0916 (2)


これを取り付けて、出動。

0916 (1)


撒いてるところの画像はありませんが(撒きながら撮る余裕なかったので、汗)、一列ずつ地道にネギの上からジャージャーかけます。

10aあたり1000倍で400Lくらい撒きますから重労働&高額経費かかります。

予防剤なので、これで治療できるわけではありません。

が、まだ一部のネギにしか発生してないので、ほかのネギへの感染は遅らせることができるのではないかと・・・

それに、菌核の活動が一時的に緩やかになっている間にネギが肥料を吸って伸びれば、すでに発病しているネギも復活できると思っています。


土寄せ後にやっちゃったので、どれくらい効き目があるか知りませんが、雨がたっぷり降ると黒ぐされだけじゃなくて白絹病も小菌核も心配なので、どうかご利益がありますように・・・



それにしても、今日はイメージ通り撒けました♪

といっても、わたしの頭の中でイメージしているとおりにできたというだけで、3日後にこのアフエット潅注の実地の講習会がありますから、行ってみたらぜーんぜん違うことやってるかもしれませんけどネ(汗)。






ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー


このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)