炭焼きさわやか☆

心地よい気候が続いていますね。

最近はエビイモの葉かきなどの、地味&わりと好きな作業をして楽しく過ごしておりマス。


ちょっと嬉しいことが。



静岡県民が愛してやまないハンバーグのチェーン店、「炭焼きさわやか」

の商品券5000円分をゲット☆

これを手にするまでは紆余曲折あったのです。


年明けに購入した軽トラ、

販売店とちょっと行き違いがありまして、納車が本来の時期より1か月くらい遅れました。

で、ととちゃんがすかさずクレームの電話を入れたのですが、相手は自分の正当性を主張するばかりで話は平行線をたどって終了。

その販売店さんには引き続き頼まなければならないことがあったのに、関係が悪くなってしまってガッカリです・・・。

昔のわたしだったら、ととちゃんと同じく相手批判をしていましたが、近頃は随分大人になって丸くなりましたので、

訴えて訂正してもらえることなら話をしますが、今更言ってももう変えられないことは根に持たずスルーできるようになりました。


それに、ちょうどこの頃、この↓本を読んでいたので(笑)。

D.jpg



でも、もうひとつ訴えたら訂正してもらえそうなことがあったので、それについてはわたしからお電話しました。

新春キャンペーンで、メーカー(スズキ)から「炭焼きさわやか」のお食事券5000円プレゼントとなっていたのに、納車のときにもらった封筒を開けてみたら、500円×5枚の2500円分しか入ってなかったんです(涙)。

たぶん1000円券だと思って入れ間違えたんじゃないかな~、と。

それとも、こんなことでクレームつけてくる客はいないだろうから2500円に故意に減額した、というのはやっぱり考えすぎですよね?


ともかく話してみると、社長はすかさず、

「あ、それはうちからのプレゼントです スズキのほうにはどうなっているか問い合わせておきます」と答えました。

心の中では、そんなわけないやろ(販売店がメーカーと全く同じものをわざわざノベルティに選ばないでしょ?)、と思いましたが、その場はそのプレゼントに対して感激を表し、丁重にお礼を言って電話を切りました。


なんか腑に落ちないな・・・ と思いましたが、気を取り直して。

その後販売店からアンケート用紙が届いたので、褒め倒して返送しておきました。


そのアンケートが効いたかどうかわかりませんが、先日忘れたころに社長自ら新たに商品券5000円分をもってきて、ととちゃんとも和解しました。

実に半年近くかかって、無事に満額の商品券が手元に届きました。

めでたしめでたし。


え、普通ここまでしつこく追求しない!?



・・・他人のあら探しは、なんの役にも立たない。相手は、すぐさま防御体制をしいて、なんとか自分を正当化しようとするだろう。それに、自尊心を傷つけられた相手は、結局、反抗心を起こすことになり、まことに危険である。

・・・議論に負けても、その人の意見は変わらない。

                    【「人を動かす」 D(デール)・カーネギー】


相手のためによかれと思って間違いを指摘すると、伝えたこちらはそれで自分の気が済むかもしれないけど、その相手に考えを改めさせるどころか、むしろ逆に逆恨みされることもあるため、結局自分にとっては何の利点もないということですね。

じゃあ、どうすればよいかというと、


・・・人を動かす唯一の方法は、その人の好むものを問題にし、それを手に入れる方法を教えてやることだ。

・・・人と話をするとき、意見の異なる部分を初めに取り上げてはならない。まず意見が一致している問題から始め、それを絶えず強調しながら話を進める。互いに同一の目的に向かって努力しているのだということを、相手に理解させるようにし、違いはただその方法だけだと強調するのである。


難しいですね?(笑)


この後、ととちゃんにもカーネギーを読むように強くすすめて、

最近とっても癖のある方と別の交渉事があったのですが、


相手の話に関心をもって根気強く聞くこと

関西弁は禁止(笑) ←このあたりの人には関西弁は威嚇されているように聞こえるらしい


この2点を守ると、とってもうまくいきました♪

無理に自分のペースにもっていこうとせずに、相手の思うようにしゃべってもらうと、何故かこちらに有利な条件を提案してもらえます。


ま、いつもこのようにうまくいくとは限らないけど、この本を読んだら、相手の立場に立って考えることが面白くなって、人の行動に全然腹が立たなくなりました。


ちなみに、はるちゃんにも読ませてみたら(漫画版のほうだけど)結構気に入って、

車葱はこう言ってたね!

と、得意げに話しています。


車=カー 葱=ネギー

いつものはるちゃんのシュールなトークですが、理解していただけます?

本人は「シュールは誉め言葉じゃない」、とご不満な様子ですが・・。



さわやか名物、げんこつハンバーグ。

0601 (2)

0601 (1)

店員さんがテーブルで仕上げ焼きをしてくれます。

ソースがはねるので、紙のランチョンマットでガードするよう指示されます。




ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー


このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)