サイゼリヤ。

0207 (8)

何を隠そうわたしはサイゼリヤの正垣会長のファンなのですが、(ガッチリマンデーで見て以来)、

更に昨年このような本を読んだので、

0207 (4)

ここ半年くらい、ずーっとずーっとサイゼリヤに行きたいと思っていて。。。(←勝手に行けば?ですね、汗)

最近になってやっと夢叶い、一週間で立て続けに3回行ってしまいました(汗)。


独身の頃はファミレスにちょいちょい行きましたが、ここのところすっかりご無沙汰しておりました。


サイゼリヤとの初めての出会いはよく覚えています。

わたしが東京の名もなき短大に通っていた20数年前(汗)、コンビニでアルバイトしていたときの先輩が、安くて美味しいお店がある、と言って連れて行ってくれたのがサイゼリヤでした。西新宿の甲州街道沿いだったと記憶しています。とにかく安いのと、値段のわりに美味しいのでビックリしました。

と、遠い思い出は置いておいて・・・


何故今また行ってみる気になったのかというと、テレビや書籍で公言されていることが本当かどうか確かめてみたかったので。

田舎のチェーン店はマニュアルが徹底されておらず、味やサービスが本店と比べて落ちることが多いですよね?ラーメン屋さんなんかは顕著ですが、ファーストフード店でも商品が出てくるのが遅かったりして・・(汗)。


ですが、予想を裏切って(?)磐田のサイゼリヤではベテラン風の女性スタッフが一人で対応してくれましたが、ホテルマンのような素晴らしい接客でした(汗)。

家族間でも決まり事を徹底するのって難しいのに、正垣イズム恐るべしです。


これは有名な話ですが、サイゼリヤの厨房はスタッフ一人で切り盛りしているらしいのですが、料理が出てくるのもはやいし、盛り付けも丁寧でした。

味は昔行っていたときより薄味になったような気がします。これは、サイゼリヤが小商圏で周囲の人に頻繁に来てもらうために、ヘルシーでシンプルな味を追求しているからみたいです。


驚いたのは、昔々食べていたのと同じメニューがいくつか現存し、値段はそのままで、味が洗練されていること。

0207 (9)


外食産業(に限らずですが)は、新商品を導入して広告をうち、目新しいものをどんどん買わせるイメージがありますが、定番メニューを地味に改良し続けているとは・・。

日本人にとって、ネギも昔からお馴染みの野菜ですから、これからも食べつづけてもらえるように頑張ろう。



岐南店で注文したもの

0207 (1)
0207 (3)

これにドリンクバー4人分をつけても、約2600円。

コストパフォーマンス高いな。



ランチは500円でサラダとスープ付き。コンソメスープは結構本格的です。

0207 (6)


ワイン安っ!

0207 (2)

車なので飲めないけど、美味しいらしいいです。 立ち飲み屋も太刀打ちできないでしょう。


テイクアウト可の商品もあります。

0207 (5)

これも柔らかくて美味しかったですよ。

あ、ワインもテイクアウトすればよかったのか!?



社内で無駄なコストを極力削減して、そのぶんお客様に還元する、が実践されていましたね~。


3回通って気づいたこと

・お水は出さない。
これはお客さんのほとんどがドリンクバーを注文するからだと思います。
ドリンクバーは単品だと280円、他のものも注文すると190円、ランとのセットだと110円。


・メニューを出したり下げたりしない。
注文をとったらメニューを下げてしまうお店って多いですよね?
ずっと不思議に思っているのですが。テーブルに置いておいたほうが追加注文してもらえる確率が断然高いのに・・。サイゼリヤは最初から席においてあり、注文をとったあとももちろん下げません。


・食材の種類をしぼっている
ロスが出にくいし、在庫管理も楽だからだと思いますが。トマトソースがパスタやピザ、ハンバーグのソースなどいろいろに使いまわされているのは当然ですが、やや癖のありそうなターメリックライスでさえも、「ハヤシライス」と「地中海風ピラフ」と「エビのドリア」にアレンジされてマス。

この季節限定メニュー↓

0207 (7)

菜の花以外はもともとあるメニューで使われている食材ばかり!でも、菜の花を加えるだけで、十分春を感じられますね。



異業種ですけど真似できるところがたくさんありそうで、益々ファンになりました。

株主になろっかなー。




ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー


このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)