最近の土壌消毒。

ここんところ、雨が降っていなければ、夜明けと同時に早朝エビイモ掘り取りを敢行しております。(ととちゃんの出勤前に、汗)

1117 (4)


土日だけでは間に合わないので(土日は他の仕事もいろいろあるから、汗)、

しばらくは日中一人で掘っていたのですけど、腰を痛めそうなので・・。


はりきって早く出動しすぎると、暗くて見えんわ。

1117 (1)

まだあまり寒くないのがせめてもの救いです。

そして、朝から力仕事をするので、毎晩21時に就寝してしまいます(汗)。



ところで、本日のお題は、ネギ定植前の圃場の土壌消毒についてでした。

昨年マルチャーを購入して、何度かビニール被覆していたのですが、いつも強風で半分くらい剥がれてしまうので、もう被覆は諦めました(汗)。


マルチャーで被覆の様子↓
マルチャー買ってみた。
マルチャー買ってみた。その2


それで最近はどうしているかというと、以前先輩農家さんに教えてもらった、「雨で蓋をする」作戦をとっています。


雨が降りそうな前日に薬剤を鋤き込んで、その後雨が降ると、薬剤がガス化する前に土の表面が締まるので、はやい蒸散を防げるのと、圃場に水分があったほうが薬の効果もあるらしいです。

もちろんビニール被覆をしたり、鎮圧するほうが効果は高いと思われるので、できる方はそのほうがよいと思いますが。


薬剤はガスタード微粒剤を使用しています。

撒き方はこちら↓
土壌消毒してみた。


これでも結構うまく撒けます。

1117 (3)

今にも雨が降りそうな、こんなどんよりした空模様のときに散布して・・・

トラクターで耕し終わって片づけるころには雨ザーザー。

11178.jpg


こんな感じで一夜明けると・・・

1117 (2)

薬の匂いもあがってきてなくて、バッチリです。


これで一か月後に耕したときにはちゃんと薬の匂いがするので、効果が持続しているってことでOKとしています。


土壌消毒して、定植後にゴーゴーサン散布すると、ほとんど草も生えてこないので、テトールすることはあまりなくなりました。

もちろん休んでいる間の圃場になるべく草の種を落とさないように注意することが大事ですけど。


さて、マルチャーがお蔵入りにならないように、今度は何作ろっかな~。



ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー


このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)