時間の管理。 就農5年目日記18

就農してからというもの・・・
一年が過ぎるのが「あっ」という間なのです。

年のせいかもしれないけど(汗)。

でも、就農前に比べて、時間の流れが明らかに違う、と感じる今日この頃です。

やりたいことを夢中でやっていると、時間が過ぎるのが早いのかもしれません。
楽しい時間はあっという間に過ぎて・・・、という感じかな。


やりたいことがありすぎるので、その時間を作るために、今までやっていたことをやめなくてはいけなくなりました。

とりあえず意識的に減らしていること。

①テレビ

ほとんど観ません。今は、「真田丸」と「とと姉ちゃん」(こっちは録画して夜に)だけ。

昔は長時間観ていました。特に高校生の頃(汗)。

一番多感な時期に、どこへも行かず、ほとんど家でテレビ漬けの毎日を過ごしていましたね。(大相撲とかプロ野球中継とか・・・あと、何故か「笑っていいとも」も毎日)

その頃にもう一生分のテレビを観てしまったのかもしれません。

今は自分一人のときは絶対にテレビをつけません。が、家族がいつもつけてしまいます。

特にととちゃんは、「依存症」の域に入っていますね。
朝起きてすぐにつける、外から帰ってきてもすぐにつける、旅行先でもホテルの部屋に入った瞬間(海外でもNHKを)つける。

観たいものがないなら消して、と何度注意してもダメですね。会社がある日は頭を休めたいから、と言っていますが、GW中も家の中に居るときはずーっとつけてましたよ。

観たいものは録画して見てもいいんですよ。ただ、用もないのにつけて、ついついダラダラ観てしまう習慣を阻止したいだけなんです。

しかし、はるちゃんは説得してこちら側に取り込むことに成功。ととが家に居ないときはテレビをつけないことになっています(笑)。



②お酒

完全にやめたわけじゃないけど、かなり減らしました。以前は際限なく飲んでいましたから(焦)。

前の職場で人間関係でものすごいストレスを受けた年があって、お酒の量がどんどん増えて、それ以来すっかりアルコール依存に。

立ち直るのに6~7年かかってしまいました。今思えば、あの年は後厄だったかも~(汗)。

今は、ダラダラ呑んでいる時間がもったいないし、二日酔いなんてもっての他デス。

とりあえずその場に行っておけば決まったお給料がもらえる身分ではなくなってしまったので・・。


③ネット

これもきりがないので、必要最小限に。(SNSも)
スマホをもたないのも、一日に何度も見ちゃって、依存症になってしまいそうだからデス。


時間は限られているので、いつの間にか過ぎてしまった、ということがないように気をつけていないと、一日・一週間・一年がすぐに終わってしまいます。(ちょっと大げさ!?)

家事はなるべく一気に。考え事は手を動かしながら。買い物などの用事も何かのついで(部会とか出掛けるとき)にまとめて。ひとつの用事だけのために出かけられない貧乏性デス・・。

誰かと約束して会うことも滅多になくなりましたが(汗)、以前は例えば月に一回程度会って、何かひとつ情報を交換していた人と、一年に一回会って、10の情報をやりとりするという密度の濃い時間を過ごすこととしています。

で、浮いた時間は全部仕事!その他のやりたいこともどんどん手をつけるぞ~!!といきたいところですが・・・


逆に今意識的に設けているのは、はるちゃんとの時間です。

やりたいことはいろいろとあるけど、人生をトータルで考えたときに、今しかできないことをしておかないと(焦)。


学生時代、ぼぉ~~~~~~、と過ごしてしまったシワヨセが、今になって一気に押し寄せてきた感じです・・。



ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー


このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

はじめましてm(_ _)m
いきなりのコメント失礼しますm(_ _)m
私は山形県でラーメン屋を営む者です。
毎年4月から5月の中旬にかけて長ネギが美味しくなくて困っています。
白い部分の巻きが2、3枚しかなく、硬くて味も美味しくないです。
八百屋さんに言っても、この時期は仕方がないと言われ新ネギが出るまで我慢してくれと言われるばかりです。
この時期にネギラーメンなどの注文が入ると気持ちが萎えます。いっそのことこの時期はネギを使わないラーメン屋にするべきか本気で悩みます。
どうするのが良策なのかご指導いただければ嬉しいですm(_ _)m
  • 2016/05/19 15:56
  • ちゃあみい
  • URL
【ちゃあみいさん】

こんばんは☆コメントありがとうございます。

>4月から5月の中旬
そうですね、白ねぎは春ねぎから初夏ねぎに移行するこの頃がちょうど端境期になります。
供給が少ないので値段も高いし、ねぎ坊主が出てしまうと、ねぎも固くなりますね。

山形県で栽培されているかどうかわからないのですが、この端境期の救世主として「分けつねぎ」というものがあります。抽苔が遅いので初夏ネギが出るまでのつなぎという位置づけで栽培されることが多いのですが、手で植えないといけいないので、これを作っているプロ農家は少なく、一般にはあまり流通していないと思います。

ただ、おじいちゃんおばあちゃんたちが庭先で作っているような小さい農家さんが、ファーマーズマーケット向けに出荷していることがあるかもしれません。もし直売所に出ていれば一般のねぎと区別するために「坊主不知(ぼうずしらず)」「汐止晩生葱(しおどめおくねぎ)」などの品種名が表記されているかも・・・。こういうねぎなら固くないですよ。もし近くの直売所に分けつねぎを出している人がいれば、直売所が間に入って交渉してくれて、予約注文できるかもしれません。


もうひとつ奥の手は、自分で分けつねぎを栽培してしまうとか(笑)。普通の品種だと毎年種を購入しなければいけませんが、分けつねぎは一度苗を購入すれば、分けつしたものを翌年植え替えて、それがまた分けつして苗になるので、永遠に作れますヨ。50m作れば150~200本のねぎになります。


山形県の風土にこの品種があっているかどうかわからないので、アドバイスになっていなかったらすみません(汗)。

ねぎをたくさん消費してくださるラーメン屋さんは、わたしたちねぎ農家にとっては神様です( ^^) これからも是非とも美味しいねぎラーメンを出し続けてくださいませm(__)m


  • 2016/05/19 19:12
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)