定点観測その後。 

雨が降る度に豪雨になって憂鬱です(汗)。

0415 (6)

こんな圃場でも、めげずにまだこのとき(しっかり管理とは。 就農5年目日記8)に言っていた定点観測を続けています。


定点観測とは・・・

ひとつの圃場で2か所(×10株)決めて、そこから何パーセントのねぎが、どのタイミングでどんな理由で無くなっていくのかを調べて、原因と対策を探り、次の作型ではそこを改善して可販株率を上げていこうという、気の長い作戦デス。


で、初めて定点観測に着手したのが年末に定植した7月獲りの初夏ネギ圃場です。

ここはいつもの自苗ではなく、JAのセル苗定植を依頼し、定植時にほぼ100%に近い生存率だったので・・・。


で、最初から発芽不良で小さく心配だったコイツ↓は・・

0415 (9)

やはり、雨を何度か経験した後、消えて亡くなりました(涙)。


定植時に最初からなかった苗とこの消えてしまったのを合わせると定植後1カ月で生存率99%。


次に現れた敵は、「ネキリムシ」。

定植時に予防しているのですが、一カ月過ぎた頃に根元からスパッと切られているネギがなんと6%も・・・!

ネキリムシにやられると、土寄せ時に土に埋もれて亡くなってしまうか、生存したとしても成長遅れでごく細~いネギになってしまう可能性大!

この6%のネギがネキリムシ被害に合わずに順調に2Lまで育ったとすると、わたくしの皮算用によりますと、この圃場では90000円の売上になったはず。(金額は圃場の大きさや定植のピッチによりますので、あくまでもうちの場合です)

それならば、初回土寄せ時に1000円分のネキリエースを投入するべきですね。



そして次なる敵は、雨の度に黄色や赤のレーダーの雨雲がちょいちょいやってくるので、必要以上の降雨量&耕作放棄地後の圃場なので特に水はけが悪くて、湿害が・・・。

雨が多いと必ず出るので気にしてはいたのですが、しかも葉先がちょっと白っぽくなったので、あ、防除しなきゃ、と思っていたのですが・・・ グズグズと一日・二日経過してしまい、この有様に・・。

0415 (4)

こうなってしまうと、成長が遅れてここだけ背の低いネギになってしまうことがしばしばありますね。

わかっていたのに発生させてしまったので、これは人災です(汗)。


ちなみに定点観測していたこっち側はほぼ大丈夫だったのです。

0415 (2)

0415 (5)

不思議とあまり目の届かないところ(といっても、ちっちゃい圃場なんですけど)から病気や害虫って発生するものなんですよね~。

わたしは何故か圃場の片側の二か所を定点観測地に選んでしまっていたので、こっち側とあっち側と、できれば真ん中あたりも観察するべきなんですね。



またしても次の敵登場。

放棄地にはお約束のスギナ。

0415 (8)

画像で見ると何だか大したことないように見えますが、これがなかなか・・・

表面だけとってもすぐに生えてきますからね~。

でもちょっとでも草の勢いをおさえておいて、その間にねぎを大きくすれば大丈夫。

とはいってもねぎの際のスギナをとるときに、注意散漫だとたまにネギもひきちぎってしまいます。

ネギが切れたときの、あのブチッという音は独特ですね。ボーッとしていても我にかえります(汗)。



今のところの教訓いろいろ。

①定植時の欠株(またはそれに限りなく近い株)は捕植しよう

②ネキリムシは粒剤で積極的に防除しよう

③水がたまったらすぐに抜こう&雨の前後には防除を

④草取りではヤケを起こさない

⑤定点観測地はまんべんなく設定する




定点観測地は湿害が出たあっち側も含めて4か所にしてみましたが、

こうして地道にやっていると、今のところはまだ生存率94%をキープしています。

またまたかかちゃんの皮算用によりますと、5cmピッチ3粒播きで可販株率85%、2L率50%だと、

反収2000cs(6t)になるのですよ、フフフ。

ま、これは夏ネギなので滅多なことでは太らないとは思いますが・・。


定点観測しているとやっぱり一本でも減らしたくない、という思いから管理にも気合いが入るので、反収アップの効果はありそうな気がします。

これからの梅雨&暑さでどのくらい減っていくのか・・・

ラスボスは白絹病か、はたまた軟腐病か・・・。

あまり考えたくないなー(汗)。



ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー


このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

ネキリムシによる定植後1か月の被害は
たぶん定植後に卵を産み付けられての被害ですよ!
ネキリムシに安くて良く効く農薬は ラービンフロアブルですよ
500mlで2400円ぐらいです
定植後1週間後に1回、2週間後に1回散布すれば
ねぎがなくなる事はなくなりますよ

お試しを
  • 2016/04/22 12:10
  • kaikinnsyatu
  • URL
【kaikinnsyatuさん】

卵ですか!?思いもよりませんでした。
次作で試してみます、ありがとうございます!!
卵を産み付けられて羽化して1mmぐらいの
ネキリムシがねぎを食べるんですよ!
ほとんどネキリムシを探せませんよ
  • 2016/04/23 22:53
  • kaikinnsyatu
  • URL
【kaikinnsyatuさん】

ねぎの周りにいる大きいやつは、卵をうみつけにきた成虫だったんですね!?
大きいネキリムシは成虫ではないですよ
ネキリムシの成虫は蛾の一種です
蛾が飛んできて卵を産み付けていくんですよ

大きいネキリムシは畑で大きくなった幼虫ですよ
定植時にカルホス微粉剤を散布すると効きますよ
  • 2016/04/24 19:31
  • kaikinnsyatu
  • URL
【kaikinsyatuさん】

あ、そうか、成虫は蛾になるんですね(^^;)

やっぱり粒剤も併用したほうがよいのですね、ありがとうございます☆


Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)