雇用について その1 就農5年目日記11

かれこれ2年近く前から、選果のパートさんが一名来てくださっています。

2年前のわたしは拡大路線だったので、これからまだまだたくさん作って、どんどん出荷するぞ~!!
というわけで、ママ友によい方を紹介してもらいました。

下のお子さんがまだ幼稚園生なので、仕事は午前中の3時間のみ、夏休みなどの長期休暇はお休み、という条件で。

まあ、夏は出荷がないし、遅れがちだった出荷もこれで一気に挽回できるぞ~♪

と思いきや、蓋を開けてみると・・・

何と、月にたったの5~6日しか来てくれない(汗)。

すっかりあてが外れてしまい、ガッカリです。

だいたい専業主婦にいったいどんな用事があるのかが謎、しかもお願いしているのは午前中だけだから、用があるにしても午後にすませればいいんじゃないの?

と不思議に思っていましたが、これはあとになって判明したことですが、午後に用事があるときもお休みしたいそうです。

理由は、「午前も午後も用があると疲れるから」。


仕方ないので、午後に来てくれる人も探してみましたが、これがなかなか・・・。

まず、女の人というのは、職場でも自分より年下の女子の言うことは聞きたがりませんから(男子なら年下でもOK)、自分と同年代か下の人を、となると、ちょうど子育て世代なので午後は難しい場合が多い。

来てもいいよ、という人は何人かいましたが、お友達3人で一緒に行ってもいいですか?、マニキュアはOKですか、好きな時に休めますか、とか、自分の都合ばっかり主張されると、すぐに辞められちゃいそうだし、お金を払ってまで来てもらいたくないわなー、という感じであります。



よく、経営者側の悩みとして、よい人材がなかなか集まらない、とか、せっかく来てくれても定着しない、と聞いたことがあるけど、ちょっとだけわかった気が・・・。

主婦のパートには生活がかかっていないから、都合のよいときに気晴らしで働きたいだけなのですね。

わたしは逆に、生活がかかっていないぶん、パートさんは仕事があったりなかったりでもよいはずなので、こちらの忙しいときだけたくさん来てもらって、仕事がなければ休んでもらえばいいや、と自分に都合よく考えていました。

雇い主というのはもっと自分の思い通りになるものだと勘違いしていたのです。
経営者って弱い立場なんですね(汗)。



パートをしていた頃の自分に置き換えてみると、ウーン・・・

でも、基本的には「働かせてもらう」というスタンスでやっていましたし、経営者の意向に沿うように、時給以上のアウトプットは必ず出そうと思って、結構真面目にやっていたつもり。

・・・・でも・・・、全部途中で辞めちゃいましたね(汗)。

いくら仕事を覚えてもらっても、辞められてしまうと元も子もありませんね。


だいたい時給を払って選果してもらってちゃんと利益が出るのか、という問題もあります。
なので、とりあえずはパートさんの数を増やすのは諦めて、一人の人に長く続けてもらうことをテーマにしてみようじゃないか、と方向転換しました。


長くなりそうなので次回につづく。



本日は祝日につき、はるちゃん主催で卓球大会を開催。

DSCN7355_convert_20160211192434.jpg


総当たり戦で、優勝は大人げないととちゃん。

DSCN7373_convert_20160211192536.jpg

主催者より優勝者への景品は・・・

DSCN7370_convert_20160211192505.jpg

ミニ卓球セットでした♪



ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)