九州の旅~長崎市内観光編~

旅行記なぞ書いていたら、何となくまだ正月気分が抜けていないようですが、いちおう昨日からボチボチ仕事を始めております(汗)。

年末年始はなんやかんや食べすぎて体が重いですが頑張りマス。


長崎に行ったのはもう遠い昔のような気がしますが・・・

画像を見ながら何とか記憶を呼び戻しつつ・・・


長崎駅に到着!!

0104 (2)

駅に着いた瞬間感じたのは、ちょっと下田っぽーい。


長崎県に訪れたのは今回が2度目のはずです。

一度目はすごーく昔「オランダ村」に行ったとき。(ハウステンボスがまだできてなかった、汗)

で、そのとき市内も少し観光したらしいのですが、全く記憶にございません、

だからやっぱり、初めての長崎市内観光スタート☆


長崎市って小さいけど、観光名所がものすごーくたくさんあります。

欲張っていろいろ見たかったので、定期観光バスに乗って急ぎ足で周ります。



「長崎」と聞いて最初に思い浮かぶのは、

出島~~~!!!

DSCF3310_convert_20160104200413.jpg

今は出島だったところの周りの海も埋め立てられているので、はっきりわかりづらいのですが、

このカーブを描いた水路が当時の面影を感じさせます。


ハイ、次!

グラバー園♪♪

DSCF3347_convert_20160104200449.jpg

メディアによく紹介されるのはココですが、高台の広い敷地内に古い木造建ての洋館がいくつか点在します。



DSCF3352_convert_20160104200518.jpg

竜馬伝に登場した天井裏の隠し部屋。



DSCF3282_convert_20160104200339.jpg

あれ、紅白に出てませんでした?



0104 (3)

この日は少し風があったのでわかりづらいですが、水面に橋が映って眼鏡のかたちに見えるので、

「眼鏡橋」と呼ばれているそうです。


この他にも教会やら歴史博物館やらを半日で周りました(汗)。

でも、ひとつだけやり残したのは・・・、

「オランダ坂」は麓を通り過ぎただけで、上まで上らなかった~(悔)。


昔はこの長崎市にオランダ人、イギリス人、フランス人などたくさんの西洋人が住んでいて、

それらをまとめて「オランダさん」と呼んでいたそうです。

その西洋人の居住区である高台へと続く坂を「オランダ坂」と呼ぶようになったそうです。


しかーし、今回わたしは西洋人にほとんど出会いませんでした。

そのかわり、観光名所はどこもアジア人だらけ。

3日に一度、長崎港に大型客船がやってきて、数百人のアジア人がどっと町へ繰り出して、

観光&爆買いしてるそうです(汗)。


ま、オランダ坂は次回のお楽しみにとっておこう♪

オランダ坂に限らず、市内は坂・坂・坂!

見渡す限り、山の斜面にビッシリ建物が並んでいました。

0402.jpg

長崎市内で生まれ育った人は、自転車に乗れないんですって。

乗る必要がないので練習しないし、自転車屋さんも無いそうです。


メインストリートには路面電車が走っていて、それ以外の道路はわりと狭いので、バイクや小型車が活躍中。

0104 (4)

新幹線の駅から特急で1時間半もかかる、いわば端境地なのに、すっごい活気です。


長崎が濃すぎてトピックスがありすぎるので、九州の旅編、まだまだ続く。



ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー


このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)