どんどん太って大きくなります。

初夏を迎えて・・・・

自分の身体がだんだん筋肉質になってきたことに気付き、毎夜、鏡をみて楽しんでいます。

チカラコブっていうんですか?

小さいけどちゃんとありますよ(笑)。



もうそろそろ終わっているはずだった初夏ネギ出荷がまだ続いています。


初夏ネギは・・・・

どんどん太ります。

収穫したときのメーターあたりのコモ数が、3週間前の収穫始めの週に比べて、2倍近くになっています(汗)

上にももちろん伸びるので、そろそろ棒ネギが出現します、収穫を急がねば!!


雨が多いこの時期は、おネギがたっぷり水分を含んでいるので、

ちょっとした刺激で葉が、ポキポキポキポキッと簡単に折れます。

しかも立派なおネギに限って折れちゃいます(涙)

なので、それをちょっとでも防ごうと思って、

秋冬ネギではあまりやらないのですが、根切りの前に余分な葉っぱを落としちゃいます。




で、この後に、ネギをコモごと逆さまにして、葉っぱの中の水分を桶にザザーッと落とします。

以前はこの作業を皮剥き→葉切り後にやっていたのですが、

なんせちょっとした衝撃でおネギが折れてしうまうので、

コモに包んだ状態のほうが安全なのです。


新しい包丁買った♪

06182.jpg


刃渡りが長いので、切り口もスッキリです☆

06183.jpg


これは夏ネギ特有ですが、

秋冬春ネギでは掘り取りのときに根っこを切り離して、泥を落としながら収穫しますが、

夏ネギでは収穫時に、すごく暑い、または雨が降りそう、または既に降り始めている・・・

ことが多いので、圃場に居る時間をできるだけ短くしたい、ということで、

収穫時に根っこを切り離さずに持ち帰って、根切りの時にほぐすことにしました。


06181.jpg

これはうちの作業場の足下が土なのでできることですが、

コンクリートだったら後のお掃除が大変なのでやらないと思います(汗)。


初夏ネギあるあるは、まだまだ続きます。


掘り取った後も、おネギが十分に水分を含んでいて、外気温もネギにとって最適、

ということで、収穫後のネギが勝手にどんどん成長します(汗)

コモを相当気を使って真っ直ぐ立てておかないと、すぐにねぎが曲がってしまいます。

そして、台の上に横にした状態で一晩置いておこうものなら上に伸びようとするので、葉っぱが全て上向きに反ってしまいます。

また、皮剥き後に葉切りをして、しばらく置こうものなら、芯葉だけが伸びてしまいます。

こうなると、箱詰めのときに相当な時間を要します。


というわけで、掘り取り後はできるだけはやく箱詰めまでしてしまうのが理想的ですが、

すぐにできない場合は、

ネギは垂直に立てておく。

横に寝かせておくときは、上から何かかけて、ネギが伸びないようにする。

葉切りはできるだけ結束の直前にする。


などなど、他の作型にはない気を遣うポイントがいろいろとありますが、

他の時期より高く売れるので、ま、いっか♪

ということで、丁重にお取り扱いしております。




ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー

Comment

お疲れ様です。
こちらも夏ネギ出荷中、収穫は雨の中で大変です。

葉切りの包丁ですがギザギザのついた刃渡30cmのケーキ包丁を使ってました。長いので一気に切れてよかったです。
参考までに
パティシエール ケーキナイフ PP-537
アマゾンで2千円ぐらいです。
以前、石井農園さんでもパン切り包丁を紹介してました。

今回から葉根切機(きり子)を購入したので包丁は卒業ですけど(^_^;)

  • 2015/06/19 12:37
  • SASU
  • URL
【SASUさん】

こんばんは、お疲れ様です☆

葉根切機、使い勝手はどんな感じですか??

またブログにアップしてください!

誕生日プレゼントに買ってもらおっかな~♪





Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)