初めて発芽が揃いました・・・。

0 (1)

0 (2)



これまでずーっとちょいちょい失敗していたチェーンポット育苗ですが、

前回と今回の播種で、やっと今後はうまくいきそうな兆しがみえてきました・・(汗)


これまでどう失敗していたかというと、

発芽した後の苗が、このように枯死していく部分が所々ありまして・・・

06036.jpg

(画像をクリックすると拡大できます)

こういうのが、全体の数パーセント見受けられたのですが、わたしはてっきり潅水不足だと思って一生懸命水をやっていました。


でも、前々回(4月20日頃播種)の苗で思いっきり失敗して、ほとんどがこのような状態になったので、

やっと原因がわかりました。


どのくらい失敗したかというと・・・

このくらいです(涙)

06034 (2)


昨年の同じ時期にも同じようにやって、ほぼ上手くいったのですが、

何故か今年はなかなか発芽してこない・・・

気温は絶対に足りているはずなのにおかしいな、

水が足りないのかな・・・

と、シートを剥がして潅水してまたシートをかけてみて・・・

でもやっぱりなかなか発芽してこない・・・

とうとうシートは剥がして、たくさん水をやって様子をみていましたが、

発芽していたものもどんどん枯れていきました(汗)


ここでやっと気付きました。


暑過ぎたみたい・・・(汗)


4月下旬~5月上旬にかけて、たまたまほとんど雨が降らずに晴天続きだったため、シルバーシートの表面が高温になり、

発芽してきた苗がシートにあたって灼けてしまったのと、

画像にはありませんが、潅水しすぎでお湯に浸かったような状態の苗が、

根基のほうから茶色く変色して枯死したものも多数あり・・・

そもそも高温により発芽すらしなかったものもあり・・・

結果、半分以上ダメになったのでした。


数年かかって苗が所々茶色く枯死していく原因がやっとわかりました(汗)

普通の方はすぐに気付くと思うのですが、わたしはもともと、自慢じゃないけど植物という植物を全て枯らすようなタイプなので、

ネギの気持ちがわからなかったんですねぇ・・。



で、どうしたかというと、発芽させるには遮光したほうがよいので、

それならいっそ最初から日陰でやればいいじゃないか(今の時期は日陰の気温も十分発芽適温に達しているので)

ということで、ほとんど陰になるところでやってみたら上手く発芽しました。

06035.jpg

シート除去直後の様子です。(シートは保湿のためにやっぱりかけました)

このまま一日おいて、外へ移動しまししたが、直射日光があたる時間帯は上から遮光ネットをかけて、

(ネットが直接苗に触れると、網目に苗が引っ掛かって抜けちゃうので、浮かせて掛けます)

やり過ごしました(汗)



日陰の場所に置けない場合は、シルバーシートの上から遮光ネット(遮光率75%)をかけても上手くいきました。

06034 (1)


で、発芽後は、曇りの日はそのままでよいのですが、晴れの日の暑い時間帯は上から遮光ネットをかけます。

でもいくら遮光ネットで涼しくしても、今日のような雨→曇りで気温も上がらない=ネットをかけない日が一番苗がグッと伸びます。

普段からこの曇りの日のような環境を作れると育苗初期の苗にはいちばんよさそう・・。

育苗も後期に入ると、ガンガン晴れている日に外に出しておいても全然大丈夫なのですが。



あともう一回種まきがあるので、来年につなげたいデス。



ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー







Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)