初夏ネギ出荷開始が早まりました。

初夏ネギを試し掘りしてみたら・・・

あら、もう白くなってるわ♪

去年もそう思ったけど(←去年の反省が活かされていない、汗)、冬・春ネギと違って、

夏ネギってすぐ白くなるんですね・・・。


出荷開始まであと一週間、と悠長に構えていたので、昨日今日ともうテンヤワンヤです。


また新しく土地借りた

05242 (2)

好い加減フレールモアが欲しいのですが、

中古でなかなかよいものがみつかりません。

トラクターのアタッチメントのタイプだと、新品は40~50万するらしいです、とても手が出ません。

農機屋さん曰く、一度買っちゃうとなかなか買い替えることがないので、

中古品があまり出回ってないそうです。



というわけで、あまりにも背の高い草は、草刈り機で2~3分割するように刈って、

その後トラクターで一旦浅く耕し・・・


05242 (1)

石灰窒素を撒いて、もう一回。

05248.jpg



実はこの圃場、今まで使っているところの道をを挟んですぐお向かい。



05243.jpg


また近くてよいところを借りられてヨカッタです♪


その他には土寄せしたり、抑草剤撒いたり、

掘り取りのアタッチメントに付け替えるので、その前に各地を耕したり(汗)。



何とか掘り取りに漕ぎつけましたっ。

05245 (2)


まだ細~いですけど・・・梅雨入り前になるべくたくさん出荷したいと思います。

05246.jpg

この作業場も今日バタバタっと片づけて、何とか作業できるようになりました(汗)。



出荷できないくらい超極細のおネギもあるので、刻んでたっぷり食べます♡

05245 (1)

獲れたてはやっぱり美味しい!

ねぎ農家の特権ですね。




はるちゃんのマイブーム。

05247.jpg

ミニ四駆☆




ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー




Comment

いきなりのコメント失礼します。
急遽ネギ農家を始めた者です。なかなか上手く行かずネットなどで調べてる時にブログ拝見させていただきました꒰*´∀`*꒱こんな立派なネギが出来るように試行錯誤しながら諦めずにやって行こうと思います。
ブログを拝見させていただき勉強します!
  • 2015/05/27 14:35
  • 初心者すぎるネギ農家
  • URL
【初心者すぎるネギ農家さん】

こんばんは、コメントありがとうございます☆

>急遽ネギ農家を始めた

いったいどういう状況なんでしょう?(笑)

そういうわたしも、突然始めちゃいましたが。

農業は何故か一年目はビギナーズラックで上手くいくらしいです。

で、だんだん難しさを実感していく、という・・。

わたしも今その壁にぶち当たっていますが、

諦めずに頑張ります、お互い頑張りましょう。

また情報交換よろしくお願いします。

小城さん、おはようございます(^O^)
出荷のほうはいかがでしょうか?
うちの初夏ネギはもう少しかかりそうな感じです。
だいたい半月ぐらい。

フレールモアは便利ですよね。
僕も5年前にサブソイラーと一緒に購入しました。

雑草の裁断もさることながら緑肥(ニューオーツ、ヘイオーツ)の
刈り倒し作業には必須なところです。
フレールモアがなかった当時は同じく草刈り機で数回処理し、
そのあとにロータリー耕ないしプラウ耕をしていました。

購入の動機はロータリーに負荷をかけたくなかった事と
青刈りの時は草がロータリーにまきついて
その後の作業が大変だからです。

購入時に一番迷ったのがトラクターのアタッチメントにするか?
自走式にするか?ということでした。
その当時で金額に10万円前後の差がありましたが、
トラクター脱着の手間と値段の安さに惹かれて
自走式を選んだわけです。

自走式は動かすのが大変ですが(笑)
裁断処理後にトラクターを連れて来ていれば一斉に
ロータリー耕まで済みますのでその点では便利です。
アタッチメントタイプは尚更簡単なのでイイと思います。

それと小城さんは分解促進のために
雑草処理の時に石灰窒素を散布するとのこと。
これは(言葉は悪いですが)非常に古臭い農業スタイルなれど
大変良いことだと思います。

かくいう僕自身も同じ作業の時に石灰窒素を必ず添加します。

地力窒素の向上につながりますし、
センチュウ抑制や雑草種子の死滅の効果もあり、
同じ単肥の硫安や尿素と比較すると副次的効果が期待できますものね

でもこんなに優れている肥料でも
うちの近くではほとんど使われません(^-^;
やはり値段だけ見ると割高感があるせいでしょうか。

ちなみにご存知やもしれませんが石灰窒素の肥効は
100日タイプの被服肥料と同じ期間の能力らしく
鳥取の砂丘地のような陽イオン交換容量の小さい土壌でも
ほかの肥料分(とくにPK化成)を別個に追肥することで
慣行と同等の収量を確保したとの研究結果もあるそうです。

すみません(^-^;
ついつい長話になりました。
同じような農業スタイルでやられているのを見ると
なんだか嬉しくてですね。


  • 2015/05/30 09:44
  • ネギっち
  • URL
【ネギっちさん】

こんばんは、コメントありがとうございます☆

アタッチメント交換はなかなか面倒ですから(汗)、

自走式もよさそうですね、

こちらでも検討してみます!

またいろいろと教えてくださいm(__)m

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)