時給について考える。

昨晩は豪雨・・・につき、今日は圃場に入るのは諦めて、朝からずっとパソコンに向かっております。

前々からやらなければいけない、と思っていた、

超~~~ 面倒なことをひとつやっつけました☆


これまで、作業日誌、作付計画、栽培履歴、階級別出荷数などを、ノートにつけてみたり、

たまに思いついてエクセルにまとめたり・・・などとやっていたので、

データがあちこちに点在して、後で見返しても、結局何のことやらわからなかったのです(汗)。


それを今年度分はひとつのエクセルファイルに全部まとめることにしました。

どっちみちパソコンは毎日開くのだから、一日一回このファイルだけ開いて、

本日の作業内容・時間・出荷数などをつけておけば万事OK・・・の予定(汗)。


そして、このときにあれば便利だな、時間ができたらやろう・・・、

とずーっと思っていたものを遂に作って、そのファイルに入れました。


といっても、ただの肥料・農薬・資材などの価格表ですが・・・・。

ねぎの栽培で自分が使うものはほぼしぼられてきたので、

それだけをひとつにまとめて、

kgあたりの肥料の価格や、散布量Lあたりの薬剤の価格をあらかじめ算出しておけば、

日々の作業の記録をつけるときに経費についても簡単に記せるので、

後になって一作毎にかかった経費を算出する、という面倒がなくなります。

05161.png

05162.png

販売単価は仕入れ元によって毎年かわるので、数式を入れておきます。


こうしてみると、わたしの背負い動噴(15L)で数か所の圃場周りにバスタを200倍で散布すると、

300円かかっているのか・・

300円で3週間、圃場周りの草がおさえられるなら安いもんだワ、というようなことがわかります。


栽培品種もしぼられてきているので、

品種・播種粒数毎のチェーンポット苗一枚あたりの価格を出しておけば、

毎度計算しなくてもダイジョーブ。



で、これを利用して作りたかったのが栽培履歴+直接経費+作業時間が一緒になった表デス。

05164.png


ここに作業毎にかかった経費と作業時間をその都度入れておけば、

この作型を出荷し終われば、自動的に時給が算出されるという怖いシステムです。



こんなことはみなさん当たり前にやっておられるのでしょうが、

やっと重い腰をあげて・・・今日ここまで辿りつきました。


肝心の時給は算出してみましたが・・・

長くなりそうなので続きはまたにします(汗)。




<はるちゃんねた>

は 「かかちゃん、僕の赤いチェックの入ったズボンどこにある?」

か 「赤いチェック・・・!? そんなズボンあったっけ・・。」

は 「あ、あった、あった、コレコレ♪」

か 「・・・・赤いチェックってこれ?・・・ うーん、確かにそうやね(汗)」


赤いチェック=ナイキのマーク のことでした^^




ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー




Comment

おはようございます。

これに近いことはやっています。

そこで勝手にアドバイスですが、栽培履歴は、畑の名称もあった方が、輪作の管理や病気が出たときの後作の管理ができますよ。

私の場合は、栽培履歴に金額は入れずに代わりに、畑の名称と作物名(ネギ、里芋など)を入れて、ひとつの表ですべての作物を管理しています。
シートの先頭にオートフィルタを設定しておけば、検索も楽ですし1日に複数の畑や作物の仕事をしたときの記入も簡単です。

1年でひとつのシートとし(タグ名を年にしてます)、ひとつのファイルで毎年シートを増やしてます。
ひとつのファイルなら去年の今頃何していたかもすぐに分かります。


  • 2015/05/17 05:31
  • hyoukou240m
  • URL
【hyoukou240mさん】

おはようございます、アドバイスありがとうございます☆

実はhyoukou240mさんのおっしゃるような全部がひとつの表になっているシートも作ってあるのです。

結局はそっちだけ使うことになるかもしれませんね(汗)

オートフィルタ?というのは、使いこなせていないですね、

便利そうなので勉強してみマス!

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)