補助金ってもらえるの??

お隣のIさん宅のご主人は、昨年まで農業委員さんでした。

トラクターも買えないでいる我が家を心配して、知り合いの市農林水産課の方に新規就農者の補助金について聞いてきてくださったそうで・・・。

是非一度、直接問い合わせてみなさい、ということで、とりあえず市役所に電話してみました。

担当者の方によると・・・
国がやっている「青年就農給付金」なるものがあるそうです。

対象者は150万円の給付を最長5年間受けられる、とのこと。

結構大きい金額ですね。

給付金交付の条件として、

・新規就農から5年以内に申請すること。

・新規就農時の年齢が45歳以下。
※給付金交付期間は給付開始から5年経っていなくても、45歳で終了。

・前年度の収入が250万円以下。

・本人名義で借りている土地の利用権をもっている。

・本人名義の農機(トラクターなど大型のもの)をもっている。

等々。

うちは昨年度5a、今年度15aの作付だけなので、他の申請者に比べると、規模が小さすぎて、給付を受けるのは難しいだろう、とのこと。


ちなみに他の申請者は100a前後の作付面積で申請しているとのこと。

新規就農でいきなり10反って、あまり現実的ではないような気がするのですが・・・。

新規就農者の支援なんだから、これから農業を始めようとする人が、農機を買ったり、土地を借りたりするのに、何かと要り用なので、補助金を交付していただける、という制度ではないんですか?

いやー・・・まあ・・・、そういうわけでは・・・。


行政がいう新規就農者=いわゆる後継ぎさんたちも対象のようです。

農業だけでは食べていくのはなかなか難しいので、今のご時世で農家の後を継がれる方は稀。そういう方たちを応援しよう、というのは納得です。

しかし、先祖代々の基盤があって、土地もあって、ノウハウもあって、農機も揃っている、という方たちと、うちのように本当に0からの新規就農者が同じ土俵に立たされるのは、
???です。

Iさんのご主人も、よそから来た人が地元に根付いて農業を志してくれている、そういう人に行政は補助金を出して、応援せんかね?

というニュアンスで掛け合ってくれたみたいですが・・・。



実はここ静岡県西部地区では、まだまだ実家の跡を継いでくれる人が多い地域なのです。

Uターンというより、もともとこの地域は地元に就職先があり、若者は故郷を離れずそのまま就職できる確立が高い。

なぜなら、四輪・二輪メーカーがこのあたりや、お隣愛知県にも数社あるので、その関連会社・工場も多いのですね。なので、会社勤めをしながらおじいちゃんおばあちゃんを手伝う兼業農家→退職したら専業に、というパターンが王道。

とても豊かな地域なのです。

過疎化の地域だとIターン就農者の支援もしっかりしているのかも。



とにかく今年のうちの状況では交付は難しいから、今から準備して、来年申請したらどう?とのことでした。

でも、ととちゃんは今年43歳だし、来年度だと、前年の収入250万円以下にならないしなー・・・、私の名義で申請してもいいけど、農協の生産者コードから、口座名義から何から何まで変更しないといけないし・・・。

果たして僅かな給付金をもらうために、そこまでする必要があるのか!?


ないな~。


もともと給付金をあてにするつもりはありませんでしたが、もしかして、貰えたらラッキー、くらいの軽い気持ちで問い合わせてみました。結果、何だか腑に落ちない、というか厭~な気分になってしまいました。



うちは堅実的ジワジワ専従農家へ移行型の路線で、今後も行きます!

まあ、そういう人はやっぱり給付金を貰える対象ではないですね。


石橋を 叩いて 壊す

重箱の 隅をつついて 穴あける


と、ならないように専業を目指してるんですけどね~、なかなか我々の性格的に思い切りが悪いもんで、何事も本当にジワジワとしかすすんでません・・・。


☆該当の方はどうぞ、最寄りの役所まで問い合わせてみてください。
 ↓↓↓
農林水産省 青年就農給付金




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー




Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)