発芽してきました。

2月14日播種のおネギが少しずつ発芽してきました。

今回播いたのは、この2品種。

コート種子 森の奏で ホワイトスター

チェーンポットはLPとCP両方使いました。どちらも播種粒数をかえて、試してます。

(計算難しかった、涙)



こちらは森の奏で。

森の奏で 発芽

柔らかそうな芽ですね。



ホワイトスター。

ホワイトスター発芽

「ホワイト」スター だけに、芽が白っぽいです。

最初もっと真っ白でビックリしました。

その後だんだんと緑っぽくなってきましたが。



思えば扇系しか播種したことなかったので、品種によって芽のときからそれぞれ特徴があるのだなぁ。

というのが、新しい発見。


ちなみにこちらは一昨年の春扇。(画像が小さくてわかりにくいですが)

IMG_3686_convert_20120612121947.jpg

春扇は芽のときから太いんですね(笑)。



発芽までのハウス内温度の記録です↓

(拡大できますが、ちょっと見にくいです、スミマセン。)

育苗記録(H26.2月)

最初の発芽は播種から13日目で、その後も揃ってくるまでに時間がかかっています。

こまめに温度管理すれば、もっと早く発芽させられそうな気もします。


朝は海側から陽が昇ってきて、遮るものが何もないので、室温がどんどん上昇。


8:00~8:30頃ハウスの両サイドを巻上げ換気しに行っています、現在は半開くらいにしています。

(3月になったので、もうちっと早く行った方がいいかな、汗)


曇っていて室内温度がそれほど高くないときも開けます、急に晴れてきてもいちいちハウスに行けないので・・・。



風が強い日(風速8~10m)は、晴れでも室温はさほど上がりません。

人間だったら気温が高くても風が強いと体感温度が低くなりますけど、ねぎも同じなのでしょうか。

ねぎ感温度みたいな(!?)


では、風が強い日はちょっとだけ開けとくほうがよいか、というと、

夕凪の時間帯に風がピタリと止むときがあり、

西日が強いとハウス内温度がどんどん上昇してしまうので、やはりいつも通り開けておくほうが無難です。


おそらく涼しいほうがマシなので、室温が高くなり過ぎないよう注意しました。



外気温や風速も記録したほうがいいのかな。。


と、何だか小学生の自由研究のまとめみたいになっていまいましたが・・・(汗)。

とにかく、発芽してきてよかったデス。




ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)