おネギのおばちゃん。

昨夏、帰省中に友人宅にちょこっとお邪魔したときのことです。


小さいお子さんが2人いて、友人(中・高の同級生)はわたしのことを子どもに、

「ほらほらっ、あのおネギを送ってくれた人だよ。」

「ちびまるこちゃんが住んでるところから来た人だよ。」

と説明していた。



そういえば、子どもの頃、両親とどんな関係なのかわからないが、時々家に出入りする大人がいましたね。


例えば、

お魚のおじちゃん。(=釣り好きで、よく魚をもってきてくれる人)

パチンコのおじちゃん。(=袋いっぱいパチンコの景品のお菓子を時々もってきてくれる。→後にパチンコの景品ではなく、わざわざお菓子を買ってきてくれていたことが判明)

というようなカテゴリーの人たち。



その友人宅の子どもらにとっては、わたしは「冬になったらおネギを送ってくれる人」。



そうです、

わたしが「おネギのおばちゃん」です。



もしかして・・・友人・親戚の家の子どもらにとっては、わたしはこの通称で通っているのかも。

年賀状の写真もおネギ中心だし(汗)。

嬉しいような、??なような・・・。



先日も鹿児島の親戚のお宅におネギを送ったので、次回鹿児島に行ったときは、

あ、おネギのおばちゃんだ!!

ってことになるのかしら。




ところで、送ったおネギを食べてもらった感想は、「甘い」です。

(おネギは加熱すると、甘いですよ~)

ネギが好きじゃなかった子どもも、喜んで食べた、という話をよく聞きます。



よく保育園などでみんなで畑で作った野菜を収穫して食べると、普段はその野菜が嫌いな子も、

美味しい!といって、食べることがありますね。


知人が農家になって送ってくれる野菜は、ストーリーがあるので、スーパーで買ってくるものとは、

また違うんでしょうね。

これも食育の一環になるのかな。



というわけで、これからも私は「おネギのおばちゃん」として、

おネギの普及活動に努めたいと思います。



白ねぎ畑




ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)