振動掘り取り機その後。

掘り取り機は土のコンディションによって調整が難しいです。

雨後は爪が深く入ると土が重くて、トラクター本体(25馬力)のタイヤが空転して前に進まなかったり・・・。

DSCN0722.jpg

まあ、いろいろです。本体にもっと錘をつければいいのかな。


仕方ないから、一回バックして・・・とかやっていると、切断ネギの山が・・・。

切断ねぎ


土がよく乾いているときはうまくいきました。

結論としては、雨後3日くらいまではスコップで掘り取ったほうが早いかも。


そして、致命的なのは定植溝の幅が微妙に違っているので、土がたくさんかかっている幅の太い畝と細い畝があるということ。

トラクターから爪の距離を調節するのが簡単ではない(重く微妙な調整難しい)ので、一列毎に幅をかえていると時間かかってしょうがないです。

DSCN0727.jpg

ここが電動でウィーンと調節できればいいんですけどね・・・。

というか、ちゃんと同じ幅で定植すればよいのですね(汗)。


それから、おネギを倒すための棒(?)ですが、おネギに引っ掛かって引きちぎる原因となるときがあるので・・・

DSCN0723.jpg

取っちゃいました。

DSCN0725.jpg



切断ねぎもあるし、2級品でも出荷できないくらいの曲がりねぎがあってロスが結構多いです。

DSCN0726.jpg

もったいないなぁ。


東北のほうではわざわざ曲がりねぎを作っているというのに。

まっすぐなおネギを一度抜いて、寝かせて植えると、おネギは上に伸びる性質があるので、植え替えた後はそこから90度曲がります。普通に真っ直ぐ成長するより、おネギががんばって伸びようとするので、旨味が凝縮されて美味しくなるんですって。

うちのはわざと曲げたわけじゃないけど、台風で倒れて起き上ったおネギなので、
「落ちないリンゴ」みたいに、「七転八起ねぎ」とか・・・、年末年始は〇〇天満宮とかで売ってこようかなー。



ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー

Comment

おネギの機械も 色々とあるんですね。
ブログを見るたびに驚きです。

曲がりねぎ、本当もったいないですよね。
美味しく食べられるのに…!

○○天満宮ですか!
直売をやられる際は、足を運んでみたく思います(^^)
ネギ掘り取り機の調整について
こんばんは。毎日楽しく拝見させて頂いてます。
当方は群馬の中年おじさんです。
農業にあこがれ、いまネギ栽培に魅了されているものです。
今年2月に同じ掘り取り機(川辺)を購入し、当初あなたと同じように調整に苦慮していました。
植付けの畝幅を均一にすることも重要ですよね。やってみてはじめて気づくことでした。
当方の調整事例をお伝えすると・・・
取り外してしまった「ネギを倒す棒」をセットする差込口へ目いっぱい入れます。すると差し込んだ先端が振動を与える黒い鉄棒に当たります。そこで差込が可能な曲がった部分まで入るように当たる先端を10㎝近く切断しました。こうすることにより、ネギを倒す位置を少し後ろにずらすことができます。
あとは、畝に合わせて倒し棒を上げ、下げして調整をして改善されました。
根を切り、掘り取りが済んだ部分からゆっくり倒れていくようになりました。
作業速度は最低速度に。ロータリーの回転は最低の回転数ではなく、1段、2段あげると泥もよく落とせます。(葉が折れない程度の振動です。)
参考までに。

小城さんが、いつまでも幸せいっぱいの楽しい農業生活続けられますことを願っています。
  • 2013/12/01 17:53
  • 中村政行
  • URL
  • Edit
ちょっと曲がっちゃっただけで出荷できないのはツライですね
しかもお味がいいなんて~


めーめーがよく行く業者さん相手のスーパーじゃぁ
細かったり曲がったりしたねぎも売ってるんですけどね~

ちょこっとお安く(*^m^*) ムフッ♪

めーめーはねぎ大好きなんでもっともっと食べたいです

【めーめーさん】
こんばんは。
コメントありがとうございま~す\(^^\)(/^^)/

ちょっと曲がってるのはB級品として出荷できるんですけど、「だいぶ」曲がってるのは残念ながら出荷できないんです・・・(汗)。

近所だったらロスのおねぎをたくさんお届けするんですけどね。
やっぱり採りたては美味しいです♪

ねぎたっぷりの料理の紹介、今後も楽しみにしてます!
【Mさん】
こんばんは☆コメントありがとうございます。
そういえば防府にも有名なところがありましたね!
年末年始、一緒に売りませんか?(笑)


【中村様】
こんばんは。

ネギ農家の先輩方にいろいろとアドバイスいただいているのですが、調整がなかなかうまくいかず、苦慮しているところです。

同じものを使っておられるということで、具体的な改善点を教えていただき、ありがとうございますm(_ _)m

次回、掘り取り時に早速試してみたいと思います!

ちなみに、トラクターはどのくらいの大きさのものをご使用ですか?錘はつけておられますか?
曲がりが大きい葱
消費者への直接販売は無理でしょうか?
野菜直売所なら値段が安ければ曲がっていても関係ないみたいです。
  • 2013/12/01 20:23
  • MIKI
  • URL
  • Edit
あ、てっきり○府天満宮に来られて 直売するのかと思いました(^^;)

残念ながら 私共は まだ研修生の身ですので、個人販売できる商品は作っていないのです(*_*)
早く小城さんのようになりたいです。
【MIKIさん】
コメントありがとうございます。
直売所出荷は規格がありませんので、もちろん販売できます。が、地域柄といいますか・・・このあたりでは「見栄え」が最重要事項となりますので、難しいでしょうね。関西だったら売れるかも・・・、です。


【Mさん】
おはようございます。
>早く小城さんのようになりたいです。
そ、それはいけません(汗)。

でも、わたしの披露する数々の失敗はどうぞ、ご参考になさってください。

はやく自分で作ったものを自分の手で販売したいですよね。研修大変そうですが、頑張ってください☆
トラクラー馬力
31馬力です。作業時は2500回転くらいに上げて(速度としては1㎞/h)最低速度で行っています。トラクターのタイヤがスローモーションで動いているかのように見えます(笑)
  • 2013/12/02 08:38
  • 中村政行
  • URL
錘(スイ、ツイ、つむ)って何ですか?
  • 2013/12/02 08:41
  • 中村政行
  • URL
【中村様】
こんにちは。回答ありがとうございます。
錘は「おもり」です、変換したらこの漢字が出てきました(汗)。
でも31馬力のトラクターだったら必要ないのかもしれませんね。
うちも今年から、振動式入れました
違うメーカー(広洋)のですがやはり同じ事に悩んでます
深くするとトラクターの後ろが抵抗で畝から逃げてしまいます・・・
浅くすると切断ネギの恐れが・・・
うちは33馬力おもりなしですね
ネギを倒す棒はうちもはずして使用してます
解決には均一な深さと幅で栽培してぎりぎりの深さで掘るしかないのでしょうね・・・
  • 2013/12/02 16:59
  • G
  • URL
「おもり」と深度調整
「おもり」は着けていません。低速の1の速度(0.2㎞/hでした)で走行し、エンジン回転数は2,500~回転くらいで行います。
左にガイド(畝と反対側に鉄板がめり込むやつ)が着いているので直進性は好いはずですよね?!
とにかく、最低速度でエンジン回転数を2,500~回転くらいでやれるはずです。前橋の知人を介して知人の友人が25馬力で実演してくれました。当方は実演結果に納得して購入したものです。
はじめは深く。少しずつ深度を浅くしてゆき、ネギがイイ具合に倒れてくるところでセット終了。こんな感じで調整しています。
頑張ってください。。。
  • 2013/12/02 17:55
  • 中村政行
  • URL
【Gさん】
コメントありがとうございます。
そうなんです、やっているうちにだんだん掘り取りの爪が畝から離れてきます。
>均一な深さと幅で栽培してぎりぎりの深さで掘る
イメージはできますが、実際にやるとなると・・・難しいことですね。
【中村様】
こんばんは。
メーカーさんによると、25馬力でも十分牽引できるはず、とのことです。タイヤが空転するのなら、と今日おもりをもってきてくれましたので、次回おもりを追加して試してみたいと思います。
深度を深く→浅く、の調整、頑張ってみます。
ありがとうございます!
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)