ねぎみそ。

真冬並みの寒波がくる、と天気予報で脅されてビクビクしていましたが、やっぱりこのあたりは大して寒くならなかったです。

弓木さんにのせられて、危うく暖房器具を出すとこでした。
(毛布は出しましたケド)


寒くなると聞いて、ひとつ怖ろしいことを思い出してしまいました。

昨年仕込んだアレ、どうなったんだろ・・・。


床下を覗いてみると、ありました、ありました、

味噌!!

みそ 樽

ちょうど昨年の今頃仕込んだみたいです。
(普通は大寒に仕込むらしい)

一年間一回も開けていません。
(普通は何度か天地返しとかするらしいです)

恐る恐る開けてみると・・・。

みそ 塩

白カビ!?

ではなくて、塩。
(1cmくらいの塩がラップに包まれて上にのせてありました)

そういえば、こんなことしたっけね。

で、塩をどかしてみると・・・

みそ 表面 カビ

たくさんスジのようなものが入っているのは菌糸ではなく、ラップの跡。

でも、縁の黒っぽいのはカビですねぇ。


表面と縁のところを多めに取り除いて、混ぜてみました。

味噌

大豆がそのままのかたちで残ってるのもありますね。

茹で方が足りなくて、潰すのが大変だったので、適当にやったのでしょう。

舐めてみると、一応味噌っぽい感じです。

記念すべき初自家製味噌は、やっぱりおネギと食べましょうね☆


おネギの青いところを刻んで軽く炒めて、味噌を加え、砂糖・味醂も少々加えました。
(味噌が結構しょっぱいのでお醤油はナシ)

お豆腐にのせてみました。

ねぎ味噌 豆腐

意外に美味しい♪

はるは、おかわりして、ご飯にものせて食べていました。
(離乳食が味噌汁ベースだったので味噌好きです)


ここで、やっと、「かかちゃん手作り味噌」であることを公表。

最初に言うと、はるは警戒して、絶対に、絶対に手をつけなかったでしょう(かかちゃん信用ないから・・・涙)。

世間では食品偽装が問題になっていますが、偽装ではなく、黙ってただけだもんね。

もちろんお味噌汁にも使ってみました。

そのまま食べると少ししょっぱい味噌ですが、味噌汁にすると不思議と優しい味になりました。

※誰もお腹痛くならなかったからセーフでした


今年は大豆作らなかったけど、来年またやってみようかな。

この味噌はネットで仕込方を調べて作りましたが、今となってはどのサイトを参考にしたのかわからないです。大豆もどんな種類のものだったか忘れました。

毎年違った味になるのも手作りのよいところ、・・・かな(汗)。


ねぎ味噌は作り置きできますので、焼きおにぎりとか、炒めた豚肉にからめたり、茄子にのせてチーズ焼きにしたり、何にでも使えて便利です。

鰹節入れたり、トウガラシ入れたり、ねぎ味噌自体の味もアレンジ可。

あっ、山椒入れよ!(山椒LOVE)

にんにくとか、しょうがもいいですね。

鍋物の後半にこれ足して、鍋の味を変えてもいいかも・・。

と、用途は尽きませんね。



ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)