土寄せ いろいろ。

野菜の価格が高騰しているみたいですね。

ニュースでも言っていましたから、全国的に高値が付いているのでしょう。

原因は10月に幾度も台風が接近して、悪天候が続いたから。

うちもまさにその影響を受け、出荷が遅れているわけですが・・・・。

強い農家さんは、今週はここぞとばかりにせっせと出荷されていたことでしょう。

うちはやっと明日試し出荷となりそうです。

でも、週が変わってしまうので、来週の価格はガクッと下がりそうな感じ。

この高値がついたときに、いかにたくさん出荷できるか・・・、これは実力の差ですね。



昨日・今日とこのあたりのネギ農家さんは、こぞって土寄せをしています。

大雨で土がかなり流されて、もしかしたら明日・明後日はまた雨かもしれませんので、その前に土寄せを、ということで。

うちも一日がかりで土寄せ。

しかし、土が湿っているので、管理機を入れてもぜんっぜん思うように土が上がりません。


管理機を2回かけた後。
白ねぎ 最終

ギュッとおさえてみましたが・・。
白ねぎ 最終 止め土

ここはかなり土が上がっているほうで、分岐点に全然土が達していないところも(汗)。

このあたりは最終土寄せで分岐点の上まで土をかける、というやり方が主流ですが、他の地域の画像をみてみると、必ずしもそうではないみたいですね。

伸びすぎちゃわないのかな?と不思議ですが。

ここの気候は良すぎるので、分岐の上まで土をかけて、成長を止めておく必要があるのかな。



これは師匠のところの土寄せ。
ねぎ 止め土

最終土寄せではない(これから約3週間後が最終)のに、止め土!?というくらい鍬でしっかり土を寄せてあります。

7月上旬定植のおネギです。わたしたちの同じ時期に定植したおネギは年明けに出荷予定。

師匠のところはこれを年末出荷にもってくるので、土をしっかり寄せることで、この時期に軟白部を一気に伸長させるのだと思われます。(品種は龍翔)

このくらい大きくなったら、おネギを真っ直ぐにするために、このようにしっかり土を寄せたほうがよいのかな・・・。

うちのおネギは結構曲がっていますから。


しかし、農協の指導では、おネギを太らせるためには最終土寄せまでは首元を締め付けないように、となっています。

真っ直ぐ&太り、両方をクリアするのは難しいですね。


農協の担当者さんからは、そうなるように自分で勉強して頑張ってください、と突き放されています(汗)。



こちらは師匠のお隣の圃場のおネギ。
ねぎ 最終土寄せ

これも師匠のとこと同じく最終土寄せではありません。

芸術的に美しい鍬使いですねぇ。



さて、明日から出荷頑張ります。

もう一週くらい高値をキープしてくれると嬉しいですね。


ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー

Comment

よほど深く首を埋めないかぎり成長が止まる事は無いような気がしますけど。自分もこの時期には長さを稼ぐためにドカスカ寄せてます鍬で。あっという間に寒くなりますからね。それから農協指導員は突き放したのではなく、ネギの事がよくわからないだけだと思います。自分で作ったことが一度も無いので。
  • 2013/11/03 09:39
  • URL
こんばんは☆

>よほど深く首を埋めないかぎり成長が止まる事は無いような気がしますけど。
そうなんですか?じゃああまり上から土をかけないほうがよいですね。ねぎの間に土が入っちゃいますので。

今が一番伸びる時期なんですね、これをおぼえておいて、来年の栽培にも活かしたいですね(汗)。

ありがとうございます。
  • 2013/11/03 20:22
  • ねぎブログ 小城
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)