おネギの長さを測る棒。

昨日は2番目に定植した夏扇2号に追肥・土寄せしました。

しかし、ちょっと困った事が・・・。


この夏扇2号、なんだか最近やけに勢いよく伸びています。

試しに抜いてみると・・・。

DSCN0333_convert_20131006200408.jpg

先日試し掘りしたほう(夏扇4号)より長くなってる!?


ちょっとぉ~、何で勝手に大きくなってるのヨー!!!


この2品種は、播種・定植共に3週間ずらしているのですが。


昨年度は年内どりのおネギが、12月23日に出荷が終わってしまい、一年のうちの一番のかきいれどきに出荷できるおネギが無かった・・・、という悲しい出来事がありましたので、今年度はこの時期におネギをきらさないように・・・、と思って手厚く定植しておいたのでした。


それがまさか、このままいくと同時期に仕上がってしまい、出荷作業が全く追いつかない・・・

てな結果になるのでしょうか!?


なので、先に定植してほうが早く伸びるように、管理機で土寄せしたときに寄せきらなかったところを、鍬や手で寄せて、

早く長くなあれ~、

などとアタフタしていたところに、

いつもうちの圃場の前を通りがかる方が、竹の棒を一本持って来られました。


※この方は、ととちゃんが今勤めている会社のOBさんだそうで、
いつもわたしたちのことを気にかけてくださっているそうです(ご本人談)。


竹の棒には2箇所目印が付けてあります。(根基から27cmのところと、それより更に5cm上のとこ。)

JAの出荷規格の軟白部分は27cm以上なので、それより5cm上まで土をかければ全て正品で出せるそうです。


そういえば、こんな棒を立てている圃場見たことあるなぁ。


素人はどこまで土をかけていいかわからないから、目印をつけた方がよいとのこと。
慣れてくれば感覚でわかるそう。

ごもっとも、です。


どうしてはやくこれを導入しなかったのか。
この棒の使い方すらよくわかっていなかった!



早速、支柱で作って、立ててきました。

DSCN0335_convert_20131006200443.jpg

DSCN0338_convert_20131006200518.jpg

なんだかおネギの色と同化してよくわかりませんね。

もっと目立つ色にすればよかったかな・・。




ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー

Comment

私も新人?の頃は定植直後に棒立てました。かかちゃんの棒のように細いのがいいと思って立てたら風雨にさらされた翌朝に行ってみると、ねぎ倒れてないのに(まだ小さいから)標識棒だけ斜め45度に傾いていました(TT)。土中に突き刺す長さを長くするか、もしくはもう少し太いダンポール(ダンボールじゃないぞ)にするか、はたまた青竹を切って自作するかですね、意外と侮れない定植後の風雨。ねぎの生長とともに「あれ?標識棒どこに差したっけ?」などと探しまくってましたよ、結局収穫のときにねぎと一緒に棒も引っこ抜いて、「なんだ、こんなところにあったのかよ」なんてね。
  • 2013/10/07 19:15
  • 仮面ライダー
  • URL
【仮面ライダーさん】

おはようございます。

おネギの成長の妨げにならないように、細いものがよいのかな、と思ってしまいました。まだ倒れてないけど、目だたな過ぎて、既にどこに立てたっけ?て感じです。竹がたくさんあるので、替えてみようかと思います。ありがとうございます☆

台風24号が変な動きをしてますね、被害が出ませんように・・・。
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)