ヨトウムシ駆除。

ヨトウ虫がここへきて、大量発生しています。

白ねぎ ヨトウ虫

葉先の白っぽくなっているところがヨトウ虫が食害した痕です。

注:画像は消毒後のものです  消毒前はもっと白っぽいのです

近づいてよく見ると、幼虫がついている場合がありますが、キモチワルイので、ここではご紹介しません(汗)。



先日、ヨトウ虫なんて可愛いもの、というような発言をしましたが、撤回します。

ぜんっぜん可愛くありません!!

1匹、2匹くらいなら愛嬌があるのですが、何匹か固まっているとこを発見したときには、



ヒェーーーーーッ!!



て、感じ。

キモチワルイを通り越して、だんだん腹立ってきた。



フェロモントラップを仕掛ていたので、7月中はほとんど被害がなかったのですが、

※フェロモントラップをしかけたときの記事
フェロモントラップ
フェロモントラップ その後。


やはりフェロモントラップは密度を減らすだけで、完全に防除できるわけではありません。

先日遂に上からも消毒しました。

これで、少しは減ってくれるとよいのですが。

でも、ヨトウの消毒は今年一回目なので、トラップのおかげで少なくて済んでいるかも。


ちなみに、最初はトラップの容器には水を入れていませんでしたが、

師匠から、水を入れるべき、とご指摘があったので、後に入れました。


フェロモン薬の効果は1カ月半程度、とのことですが、師匠は薬は交換しない、とおっしゃっていたので、うちも換えていません。

高価なものなので、換えなくてすむのなら、そのままにしときたい、という気持ちもあります。


設置から既に2カ月近く経ったので、効果が落ちたのかな?と思いきや、

先日汚れていた水を取り替えて、再びトラップを吊るしてみたら、

たった一晩で2~3匹ずつヨトウ蛾が入り込んでいました。

一番多いところは10匹くらい入っておりました。


効果はまだ持続しているようです。


ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)