白絹病も。

白絹病が出ているのも発見しました。



一見問題なさそうですが、

CIMG1394_convert_20130808172645.jpg


株元を見ると、白い卵のような点々が・・・

ねぎ 白絹病


こういうおネギはすぽっと抜けて、根が全然張っていません。

CIMG1396_convert_20130808172614.jpg

軟腐病の兆候もみられます。


予防が不十分だったのと、先日のゲリラ豪雨2回の過湿+高温が原因ですネ。

あと、草を大きくしてしまって、風通しが悪いのも大きな原因のひとつかと・・・。



今まで出たことなかったのになぁ、と昨年の今頃を思い返してみると、

そういえば、昨年は、長い間雨が降らず、スリップスの被害が拡大していました。

今は、病気よりは虫害のほうがまだマシかな、という気が・・・。

ヨトウムシなんて、むしろ可愛く思えてきますね。



FBの先輩ねぎ農家さんにアドバイスをいただき、モンカット40フロアブルを株元散布しました。

しかし、ととが居ないと動噴使えない(ホースとかエンジンが一人で軽トラに載せられない。。。汗)ので、背負いの噴霧器で消毒しました(泣)。

なので量もあまり撒けませんでしたが、撒かないよりはマシかな・・・

計画的な防除のときはよいのですが、緊急時の動噴出動はどうするか考えておかないと・・。




これで一時的に菌の勢力がおさまって、おネギの成長が病気に勝てればよいのですが・・・。

あーあ、と思っていたら、ととちゃんから一言。



白絹病は今までも出てたけど、たぶん気付いてなかっただけやろ。



言われてみたらそうかも。

おネギ作り一年目はヨトウムシしか見えなかったわたし。

二年目は、ハモグリバエやスリップスなどの小さい害虫も見えるようになりました。

そして今年、三年目は、菌核も見えるようになった~~♪


なんて、喜んでる場合ではないのだけど。




ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー





Comment

ネギも息絶え絶えですから病気も出ます。
白絹ではないネギも引っ張ればすぽっと抜けるのでは?
あまり神経質にならずに夏が過ぎるのを待つ方が良いと思います。いじればいじるほど良くない事がおきます。
あと3週間、9月になれば急に復活してきます。
  • 2013/08/10 07:12
  • URL
おっしゃるとおりですね、草をとってあげるくらいで、あとはじっと我慢ですね。
わたしはすぐに慌ててしまうんですよね・・・。
アドバイスありがとうございます(涙)。
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)