軟腐病。

今年は出そうだな(何故なら昨年までほとんど出てないので)、と予想していた軟腐病がやはり出てきています。

ねぎ 軟腐病



予防で粒剤を入れましたが、入れるタイミングが遅かったかな・・。

せめて梅雨明けと同時くらいに入れればよかったと、今さら後悔しても遅いのですが・・・。


先日スリップスの防除をしたときに、軟腐病にも効果のある「ナレート水和剤」も入れてみましたが、よく考えたらスリップスは葉についているので、葉っぱにかけて、ナレートは土壌中の殺菌なので、株元にかけるべき。同時に使うのはあまり適当ではなかったかもしれません。



なので、株元にカスミンボルドーを散布してみました。治療の効果も少しはあるようです。

昨日の豪雨から一転して、今日からしばらく猛暑が続くみたいです。

病気が蔓延せずに、おネギの勢いが菌に打ち勝ってくれるよう、後はただ祈るのみです・・・(汗)。




そして、こちらの春ネギの圃場は、ゴーゴーサンが全然効かなかったみたいで、小さい草がびっしり生えてきました。

春ネギ 草

仕方ないので、除草剤を散布しました。



言いたくないけど、暑い~。

暑いの苦手なおネギは、もっと辛いでしょうね(涙)。



ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー

Comment

軟腐病予防に殺菌剤を掛けるなら根元ですね。
ほとんど根元と葉の分かれ目に掛けるだけで良いんじゃないかな?

収穫前の玉葱の殺菌剤も、収穫後の腐敗を防ぐ為に葉の分かれ目に掛けます。
(玉の内部に流れ込むのを期待しています)
  • 2013/08/07 22:07
  • MIKI
  • URL
  • Edit
【MIKIさん】
おはようございます。
やはり根元にかけるんですよね。
葉の分かれ目にもかけたほうがよいのですね、
ありがとうございます♪
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)