はるネギの定植準備。

どんどん大きくなる隣の草を横目に、はるネギの定植をすることに。

草だらけになろうが、とにかく植えておかないことには、絶対収穫できませんから、とりあえず植えます(汗)。

3月収穫予定です♪


昨日畝立~基肥入れ~カルチまでしておきました。

春ネギの畝立て





毎度同じことの繰り返しで、わたしの担当は、

まっすぐ畝を立てるために、ロープを引っ張って1m毎に印をつけ、

畝立てが終わると、基肥を入れる、という作業。

重労働ではないのに、何故かわたしはとても疲れてしまいます。


でも、ちょっと計算してみると・・・

今回は約5a 60mが9列(ちょっと余分に畝立てします)。

印付けと肥料撒きで2往復すると、全部で2km以上歩いていることになる!!

10aのときは4km。

耕したてで、ふかふかした土のところを歩くので、砂浜をずっと歩くように、足をとられてしまい、普段畑に入るときより疲れるみたいです。


え、2kmくらい全然大したことない?

田舎の人ほど普段全然歩かないんですよ、2軒隣にも自転車で行くくらいなのです。



畝立て後、昨夜すごい雷だった(なのでパソコンも念のためおやすみしました)ので、定植前に雨がザーッと降ってくれるといいな、と思いましたが、

残念ながら降りませんでした・・・。

梅雨明け以来、先日一日だけ雨が降りましたが、これからしばらくまた降る予定なしなので、ちょっと心配。

地域によっては豪雨の被害が出て大変そうです、みんなで雨も分け合えたらよいですね。


明日で、今年の定植は最後です。

4月から今までずっと苗があって、どこにも行けなかったので、やっと水遣りから解放されて、どこか行けるかも~!!

草さえなければ・・・

というところです。



ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー

Comment

おはようございます。

畦立て用の印をつけるのは大変ですよね。

うちでは、自作の線引きを作って、最初の一列だけ糸を基準に線を引いたら、あとは、引いた線を基準に以降の線を引いています。

うまく説明できないのですが、商品ではこんなもの
http://www.nakagawa-syouten.co.jp/products/detail.php?product_id=1205

これだと、糸を張る手間や、一度に数本の線を引けることから、かなり楽です。
自作するときのポイントは、軽いこと(アルミ製がお奨め)と、印部分を移動できることです。
(ネギを作っていると、うねの間隔を変えたくなるので)
当然ですが、印部分は多いほど歩かなくて済みます。

また、デメリットは、一度線が曲がると修正しにくい。。。。

  • 2013/07/27 08:54
  • hyoukou240m
  • URL
【hyoukou240mさん】

こんにちは☆
いろんなものを考える人がいるんですね~(笑)。
でも、シンプルですが、すごくいいですね♪
大変参考になりました、ありがとうございます!!
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)