見積が遅い件。

今年は耕作放棄地を利用させてもらっているので、その土地にハウスを建てたり、井戸を掘ったりする場合、一部交付金が出ます。

耕作放棄地の再生事業


交付金を申請するには、相見積をとらないといけないので、2つの業者さんから同じ仕様のものの見積をそれぞれ出してもらわないといけないんですが・・・

全部揃えるのに、あまりにも時間がかかっております(汗)。


見積が全て揃えばまとめて申請できるのですが、

ハウスでも井戸でも、まず現地を視察にきてくれるまで10日くらい・・・
(これは夕方か土日じゃないとだめ、というこちらの都合も大いに関係していますが)


それから2週間経ってもまだ見積が出てこない・・・
(この間2回くらい催促している)


見積というのは、仕様が決まったら、値段調べて、エクセルかなにかに入力して、ハンコ押すだけじゃないのかな~、と思ってしまうのですが・・・。


見積が遅い理由として考えられるのは、

①同時進行の他の仕事を抱えているため見積を作成する時間がない
②見積を作成する、ということに慣れていない
③なめられている
④そもそも売る気がない


①はあり得るけど、台風が来たわけでもないのに、ハウス屋さんや井戸屋さんがこの時期そんなにテンヤワンヤの忙しさとは、考えにくい。

②農業界ではあまり相みつとかとらないものなのでしょうか?それとも地域性の問題!?うちの周辺農家さんは、相みつをとる習慣があまりないような気がします。昔から付き合いのある業者さんから言い値で買っているみたい。

③悲観的に考えるとありえる。

④こんなに遅いと、疑いたくなります。


はやく申請がおりて、ハウスと井戸ができないと、わたしのチンゲンサイ計画が・・・。

冬ネギの収穫までに一作くらい試してみたいなぁ。



などと噂していたら、先ほど一社からハウスの見積が届きました。

蕎麦屋の出前のような、とはこういうことをいうのかな。




ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)