フェロモントラップ。

ヨトウムシの出没時期ですね。

ヨトウ蛾は、おネギの葉に卵を産みつけ、ふ化した幼虫が葉を食害します。

しかも葉の中に住みついてしまうのです。

みつけたときは、かなりテンションが下がる幼虫です。




今年はヨトウ対策として、フェロモントラップを使ってみることにしました。


フェロモントラップとは、雌の匂いのフェロモン剤で、雄の成虫をおびきよせ捕まえてしまう罠です。

フェロモントラップ

畑に数か所支柱を立て、この容器を吊り下げておくのです。

容器の上部、緑の格子状になっているところに、フェロモン剤を入れておくと、

雄の成虫が中に入ってくるのですが、入口が狭いので、一旦入ると出られなくなります。

雄の数が減ることで、卵を産みつけるられる回数自体を減らそうというもの。



効くのでしょうか・・・。



しかし、このプラッティック容器めちゃ高いです。

6個購入しましたが、こんなものが一個3000円くらいします。

薬剤も一個2000円近くし、しかも効果は一か月半程度なので、ヨトウシーズン終わりまで、1回は取り換えないといけません。


容器は一個だけ買って、安い材料で似たようなものを作ればよかったかな~。


だんだん農業資材価格に慣れてきてしまったことが仇となり、ちょっとはやまってしまいました(汗)。




ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)