兼業農家も悪くない。

2年前に農業を始めたときは、一日も早く立派な(!?)農家になって、はやく専業になりたい、と思っていましたが・・・。

最近は、兼業も悪くない、という気がしてきました。


兼業農家について、よいところ、悪いところを挙げてみると、よいところばかりが先にうかびます。


兼業のよいところ。

・何といっても生活の心配がない
→むしろ、経営の多角化が実現し、家計的には嬉しい誤算です。気づけば、トリプルインカム。


・あっちがダメならこっち、と精神的余裕ができる
→農業があることで、会社に縛られる感がなくなるかも。辞めたければいつでも辞められる、と思えば会社に対しても強気な態度でいられるというもの。むしろ、早期退職大歓迎。


・「自分にはこれしかない」と追い込まれない(上記と同じことですが、汗)
→己を追い込んで力を発揮する人も多いと思いますが、うちはその逆みたい。あっちもこっちもまあまあそこそこできる、というゆる~い感じが合っているようで・・・。
例えばわたしなら、今までやったことある事務系や接客などの仕事に「農業」というスキルが加わり、チャンネルが増えた☆


すぐに思いつくだけで、ざっとこれだけ。




悪いところ。


・ほとんど休みはない
→でも、専業の農家さんのほうがもっと忙しくて、どうやらあまり休みがなさそうですね。
しかも自分は忙しいほうが性に合っているようで、今の週3パート+ねぎ農家少々はわりとヒマ。


・農作業のタイミングを逃すときがある
→休みを待ったり、その休みが雨で流れてしまったりすると、作業が遅れ遅れになることがあります。
専業でも多品目栽培すると、どうやらそういうことがあるみたいです。




農業は楽しい、面白い。

大変だ、とか辛い、とかは基本的にはそんなにないかも。

それは生活がかかってないからかもしれません。



でも、専業・兼業にかかわらず、「物を作っている」ということには誇りをもってよい気がします。

何かを右から左へただ動かして、お金を得るよりは、自分たちで0からものを作る、というほうが、やり甲斐があるし、ちょっとは人の役にも立てそうな気が・・。



これから先、どうなるかわかりませんが、将来の自分を想像したとき、ストイックに「農業だけ」をやっている、というより、同時にいろいろなことをやっていそうな気がします。



要するに、よくいえば好奇心旺盛。

悪くいえば、堪え性がない、飽きっぽい、の典型なんです・・・。




ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)