ネギ管理機 カルチ仕様。

話が前後しますが、先日のおネギの定植時のお話です。


植え溝を作ったあと、そこに元肥や石灰を入れ、そのままひっぱり君でおネギを植えてもよいのですが、農協さんに
定植を頼んだときは、畝溝を一回軽く耕してから植えてくれます。

その作業を「カルチをかける」というみたいです。


前回定植のときは、溝を鍬で少し耕してからひっぱりくん君を始動しましたが、今回はねぎ管理機で耕してみることに。


しかし、管理機で耕すと、両側の羽を下に向けても、土が周りに飛び散ってしまいます。

これでは、せっかく入れた肥料も畝の上に飛んで行ってしまい、もったいな~い(汗)。

何とか溝の間に綺麗におとせる方法はないのか?


答えは石井農園さんのブログにありました。




石井さんとはお知り合いでも何でもないのだけれど、数年前から定期的にブログを拝見しているので、一方的に親しみをもっており、我が家では勝手に、

「石井ちゃん」

と呼ばせていただいている。

まあ、芸能人みたいなものですね。



今回も石井ちゃんの真似してみる!?ということで、

石井農園さんのブログにかなり以前に紹介されていたものを、うるおぼえながら(正確には再現しておりません)試してみることに。

その結果がこちら。

[広告] VPS



羽の外側のパーツを取り外して、肥料袋に少し土を入れてたものをガムテープで貼りつけました(汗)。

土はちゃんと下に落ちてるので、これでヨシ☆

石井さん、ありがとうございました!!



石井農園さんブログ
10代目、農業に挑戦します。



ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー





Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)