硝酸態窒素。

今日は健康診断で初バリウム体験☆

これでわたしも立派なアラフォー世代の仲間入り♪

バリウムの恐ろしさは先輩方からしっかり聞かされていましたが、あんなにグルグル自転しなければならないとは、驚きでした(汗)。


お昼は健診で潰れてしまったので、夕方から明日の定植に向けて準備しました!

苦土石灰・化成肥料・ダントツ粒剤(ハモグリバエ・スリップス予防)を畝溝に入れました。

硝酸態窒素



5月中旬に定植した苗がイマイチ伸び悩んでいるので、どうしたものか、と思っていたところ、ブログを見てくださった先輩農家さんから定植時に硝酸態入りの化成肥料を入れるとよい、と教えていただきました。

このあたりではS604という肥料が硝酸態入りで、比較的安く入手できます。

S604は以前使用したことがありますが、栽培も終盤に近付いた頃、出荷したい時期に合わせておネギをグッと伸ばしたいときに入れていました。

今回は、これをスターターとして使用してみることに。


そもそも「硝酸態窒素」というものに注目したことはありませんでした(汗)。

窒素・燐酸・加里は作物が成長するための大切な三要素といわれています。

そのうちの窒素が欠乏しているのではないか、というのが今回の課題です。

(ここからこの↓本の引用 + ネット情報 をまとめたもの。)
51CqhGGWZJL__SS500__convert_20130122080513.jpg


>土壌中に存在する窒素には、「有機態窒素」と「無機態窒素」があります。

このうち作物に利用されやすい窒素は「無機態窒素」です。

「無機態窒素」には【アンモニア態窒素】と【硝酸態窒素】があります。


畑土壌では施肥した【アンモニア窒素】が微生物によって変化し、植物が吸収しやすい【硝酸態窒素】になります。

通常その間タイムラグがあるのですが、最初から植物に吸収されやすい【硝酸態】のかたちで投入することで、効き目が速く出ます。

窒素不足の土壌は、
・植物全体が淡緑色になり、葉は黄化します
・根の伸長が鈍くなり、生育が落ちて全体的に小さくなります


うちの圃場は・・・、

土壌診断結果によると、【アンモニア態窒素】は基準値をクリアしていたのですが、【硝酸態窒素】に関しては、基準値が1.0~8.0に対して、何と0.01以下という診断が出ていたのでした(汗)。


なるほど~~っっ!

ガッテン!!


せっかく土壌診断書があるので、ちゃんと利用したほうがいいですね~(汗)。

これで明日の定植はバッチリかな。

これで定植後に優しい雨がそこそこの量降ってくれれば言うことないのですが・・・。
(結局今日は申し訳程度にパラパラッときただけでした)



ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)