見積が大事。

市の農林水産課の方から電話がありました。
昨年から借りている耕作放棄地のことです。

前にも書いたように耕作放棄地はその場所にハウスなどの施設をつくる場合、1/2の補助が出るのですが、その他に営農定着1年目は苗代や農薬費が10aあたり2.5万円補助が出ます。
※営農定着=作付することらしいデス

そのことは知っていたのですが、てっきり後でまとめて領収書かなにかを提出すればよいのかな、と思っていました。

が、先に種苗等の見積を出してほしいということ。

今更見積をと言われても、もう昨年末に全部予約注文して、今年の分は種も肥料も農薬も全部届いちゃってるんですけど、どうすれば・・・。

それでは、日付を遡って見積書をつくってもらってください、とのこと。


農協さんに聞いてみると、見積書を出すことはできるけど、現金で払ってくれたのならともかく、口座引落されたものは、領収書は出せません、とあっさり言われてしまいました。

え、こんなにたくさん買ってるのに~(悲)。


なので、一部の種や石灰などを購入した農業資材屋さんに頼んで、その分の見積書を作成してもらうことに。

更に、そのお店のポイントカードがととちゃん名義だったため、領収書がととちゃんの名前になっているところを、訂正印でわたしの名前に修正してもらいました。(耕作放棄地再生事業の関連はわたしの名前で申請しているため)

アリガトウゴザイマ~ス!来年もまた何かしら注文させていただきます。

それにしても、全部農協で買ってなくてよかった(汗)。


耕作放棄地は、営農定着の他に土壌改良についても2年目まで2.5万円/10aの補助が出るとのこと。(1年作ってみて、もうちょっと改良が必要になった、という設定らしい)

こちらは、3月に出してもらった土壌診断の結果をもとに、石灰や堆肥などの見積を出してもらうように農協さんにお願いしました。シーズン終わりにやるとしても、今から見積だけでも出しといたほうがよいらしいので。

役所の方も申請はまとめて一度に済ませたいそうなので、ハウスの見積と井戸を掘る見積も各業者さんに頼みました。

補助金申請には、とにかく何でも見積ありき!

今後のために、よくおぼえときます。



ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー



Comment

いまさらですが
はじめまして。
2ヶ月も前の記事にコメントすみません・・・。

> 農協さんに聞いてみると、見積書を出すことはできるけど、現金で払ってくれたのならともかく、口座引落されたものは、領収書は出せません、とあっさり言われてしまいました。

何となく、ですが、交渉の余地はあるかとー。

まず、「口座引落されたものは、領収書は出せません」は農協さんの認識の誤りですね。

民法486条では、弁済者が領収書の発行を請求出来るってことが書いてあり、口座引落だから駄目、は理由としてNGです。
事前に、領収書を出さないでもOK、という特約を結んでいない限り、農協さんとしては、領収書を出さなければならない立場となります。

・・・ただ、この権利、弁済(支払)時に請求するのが通常です。
なので、日を遡って領収書を出してくれ、と言っても、拒否されても文句は言えないかも。。。ってのが一般的みたいです。

方法があるとすれば・・・銀行にお願いして取引明細証明のようなものを出してもらう(でも、法的には、これは領収書ではない)、もしくは、その取引明細をもとに、もいっかい、農協さんに領収書発行をお願いしてみる。。。とか。

まぁ農協さんからすれば、(恐らく)取引が年度を跨いでたりするので、面倒だから、印紙税も掛かるし、とかとかが、お断りされているそもそもの理由だと思います。
  • 2013/07/14 06:24
  • ぱらもか
  • URL
【ぱらもかさん】

こんにちは☆

コメントありがとうございます♪

また、詳しく教えていただいてありがとうございます!

基本的にここの農協さんとしては、面倒なことはいやみたいで・・・

わたしたちのような新規就農者なんて、いろいろ質問したり、こういう面倒なことを言い出すので、行ってもあまり積極的に目を合わせてくれない感じデス。

最低限必要なことはもちろんお願いしますが、

わからないことは、こうしてブログを見て、いろいろ教えてくださる方がいらっしゃるので、本当にありがたいです(汗)。
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)