飲みニケーションで生まれる妙案。

昨今では死語となっていると思われる、飲み二ケーション。
(30代前半までの方はもしかして知らないかな??)

意味は、「お酒を飲んで交流を深めること」だそうです。


かかちゃんは愛想がなく、普段あまりしゃべりません、

が、お酒が入ると別で、ペラペラ喋り、他の人の話にも普段の5倍くらい反応しています。

だから、飲み二ケーションは必要なのですが、ここ磐田に来てからはほとんど外で飲むことがありません。

車生活なので、帰りがけに一杯、ということができないのです。

もちろん磐田に来てすぐ出産した、というのも飲みに出かけるのが少なくなった大きな理由のひとつですが。



では、どうしているかというと、

基本、完全お家飲みです☆

お家が一番!


毎晩ととちゃん、はるちゃん(牛乳専門)、とわたしの3人だけですが、夜な夜な喧々諤々、何かしら協議をして交流を深めています(汗)。

外に飲みに行かないというのもあり、ほとんど友達がいないわたしら夫妻です(悲)。


本日の晩酌タイム、約二時間の間に論じられたのは、

・天空の城ラピュターについて
(カンボジアのベンメリア遺跡というところをモデルにラピュタは作られたそうです 先月そのベンメリアへ行ったので、最近初ラピュタ鑑賞しました)

・今日のラジオで紹介されていた「物事を抽象的に捉える」ことについて
NHKラジオ第一 すっぴん 新書ナビのコーナー
『人間はいろいろな問題についてどう考えていけば良いのか』(著:森博嗣/新潮新書)

・自分たちのお墓はどこに建てるか

・キャラメルコーンに入っているナッツについての問題

・日本の少子化について
(昨今の日本人の飽食が原因だと思っています)


等々、お題はつきません。

つらつらと話をしているときに、突然おネギに関するよいアイデアを思いついたりするのですが、たいてい良い案を思いついても忘れてしまうか、運よくメモしても翌朝みてみると、しょうもない内容だったりします(汗)。

しかし、今日は素晴らしい案を思いつきました☆

今年は栽培面積も増えるし、おネギの残渣をいつまでも師匠のところに捨てさせてもらうのも悪いのでどうしようかな、とかねがね思っていたのですが、

新しく借りた畑のココに捨てれば!

と突然ひらめきました♪

snap_negiken_201312142942.jpg
   ↑↑↑ココ! 土地の西側の用水の土手あたり全面(全長約80m)


いちおうメモっときましたが・・・、
明日の朝みてもよい案だと思えれば、採用なのですが・・・。


そういえば昨日某アイドルグループの番組「鉄○DASH」を見ていたら、

実妹からTELあり。

「0円食堂」(この番組のワンコーナー アイドルが訪ねた地域の野菜農家や酪農家から、ロスになる食材を集めてきて0円で美味しい料理を作る)に、おネギの残渣を取り上げてもらったら?

とのこと。

ついでに、残渣を使った加工品も一緒に開発してもらったら?
小学生専務のはるに番組宛てに手紙を書かせるのがよい、とのこと。


正直、妙案だと思いました(笑)。


性格はわたしと酷似の部分が多々ある実妹なので、このヒトも酔っぱらっていたかもしれません(汗)。

今シーズンの収穫期はTOK○Oがうちに取材に来るかもしれませんヨ。



ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー






Comment

残渣処理
ご苦労様です。作業が順調で何よりです。こちらは相変わらずの天気で、北海道らしからぬ天候不順が続き、作業進度率70%で足踏み状態です。
残渣の処理を副産物に変えようという発想はおもしろそうです。出来上がったら、こっそり教えてください。
廃棄する分については、あくまで産業廃棄物扱いになりますので、「捨てる」と言う表現ではなく、「堆積して堆肥にする」(実際捨てていても)という認識に切り替えた方が良いかと思います。しつこいようですが、あくまで産業廃棄物扱いですから。また、改良区所有の用水、排水近くも、残渣からの汁の流出も気をつけてください。こちらは酪農家を始め、農家から出る残渣の汚泥流出にかなり厳しくなってきています。長々書きましたが、一生懸命取り組んでいる農業者に、クレームが付くのが嫌いな私なのでお許し下さい。
  • 2013/05/14 20:30
  • dr-ピエ~ル
  • URL
【Drピエ~ルさん】

こんばんは!連日の農作業お疲れさまです。

おネギの残渣は産業廃棄物扱いなんですね!?
臭いもありますから納得です。さすがに自宅の敷地内には捨てられないですからね・・・。

実は管轄のJAでも、もともと使っていた残渣処理施設が近隣住民からの苦情を受けて、昨年から閉鎖されているのです。なので、JAに掘り取り・調整作業を依頼している農家さんは、各自で残渣を持ち帰る、または、お金を払って処理してもらうことになっています。

規模が大きくなるほど残渣も増えて大変になってきますね。おっしゃる通り、表現に注意しないと足元をすくわれるかもしれません。
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)