育苗スペースの屋根掛け。

育苗スペースの屋根かけの様子です☆


柱の位置を決めて穴を掘ります。




穴の中にはブロックを入れてあります。

CIMG0764_convert_20130506071203.jpg

鉄パイプの柱と、このブロックを後でセメントで固めて固定するため。


パイプと木材を組んでみます。

CIMG0773_convert_20130506071224.jpg

ずれると後で大変困るので、ここが一番難しいみたいです。


この家に引っ越してきてから、ずーっとどこかしら工事中なので、ご近所の方も、

また何かやっとるな・・・、と苦笑いで通り過ぎていきます(汗)。


これをもう一棟画像の向かって左側につくります。



横柱のジョイント部分。

CIMG0787_convert_20130506071419.jpg


木を削って組んでいます。

CIMG0798_convert_20130506072512.jpg

この木を削るときの、コンコンコンという音に反応して、キツツキがコンコンコンッと返事してくれて和みます(笑)。

どうやらお隣師匠のお宅の納屋の中に住みついているみたいです。



セメントは今回少量なので、手練りです。

セメント1に対して、砂利4、砂3を入れてよく混ぜます。

CIMG0784_convert_20130506071254.jpg

好みの固さになるまで、水をちょっとずつ入れながら練ります。

CIMG0778_convert_20130506071323.jpg

穴の中に練ったセメントを入れて、コテで均します。

CIMG0783_convert_20130506071346.jpg

セメントの作業については、何度も経験済みなので慣れたものですね(汗)。

セメントは重いので、背筋が鍛えられます。


写真が多く、長くなりましたので、続きはまた☆



ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー




Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)