初、播種器体験☆その1

本日やっと第一回目の播種を行いました。

品種は夏扇4号です。

ニッテンの播種器4点セット(CP300)を使いました。
ニッテンの播種器セット


その他準備したものはこちら
過去ブログ LPチェーンポット


早速始めましょう、と思って播種器セットを出してみましたら、箱の中に取扱説明など何も入ってない(汗)。

だいたい手順はわかっているつもりでしたが、いざやろうとすると、細かいところが色々とわからないことに気づき、

ネットで検索してなんとか取り掛かりました。(便利な世の中になったもんだ。)


まず、最初につまづいたのが、チェーンポットに展開串を挿す場所。



正解は、白い紙を一枚めくったところでした(汗)。

チェーンポットの両側にそれぞれ展開串をさし込み、2・3回ひっぱって、しっかり広げます。

CIMG0701_convert_20130407200245.jpg

これを展開板というものにセットします。

ねぎ チェーンポット

セットする場所もちょっとわかりにくいのですが、

↓展開板を横からみたところ。

チェーンポット

金具が立っているところにチェーンポットをひっかけます。左端の短い金具のところは、ポットの外側にきます。

白ネギ チェーンポット

左端のポットがない場所に・・・。わ、わかりますか・・・!?


展開串を抜いて、端の白く余っている紙を中に入れこみます。

LP303

チェーンポット LP303

不要なところに土が入らないようにするためかな・・・?


土を入れます。JAおすすめの「がっちりくん」という培養土を使いました。

白ネギ 播種

端のほうに土が入りにくいので、ギュッとしっかり押さえます。

CIMG0710_convert_20130407200524.jpg

ここで端までしっかり土が入っていないと、チェーンポットのかたちが歪んでしまって、後で播種器を使うときに、このように↓播種の穴とチェーンポットの穴が合わなくなって困ります。

× 種が落ちるところに、ポットがきていません。
CIMG0687_convert_20130407200116.jpg

○ 綺麗に土が入ると播種もラクラクです。
CIMG0688_convert_20130407200147.jpg



土をしっかり詰めたら、周りの余分な土は落として、上から育苗箱を被せます。

CIMG0715_convert_20130407200551.jpg

ひっくりかえして、上からトントン叩いて、展開板を外します。

CIMG0716_convert_20130407204403.jpg
CIMG0717_convert_20130407204437.jpg

外す時にチェーンポットが展開板にくっついてきてしまうと、土がこぼれて台無しになります・・・。

最初はここで何度か失敗。

展開板の金具のほうにひっかかりがあるからでは?

ということで、ととちゃんが金具にやすりをかけて、バリ取りをしたら、改善しました。

CIMG0685_convert_20130407195933.jpg

展開番を外すと、こんな感じ。

チェーンポット

展開番についているたくさんの凸部分は、種が入る穴になりました。


長くなりましたので、今日はここまで。


他の方がアップされている動画などを見ると、容易くできるように見えますが、

見るのと、自分が実際にやってみるのとは大違いです(汗)。


つづく。



ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー




Comment

こんばんは
とても参考になりました。
来年は出来るかなぁ~
  • 2013/04/07 22:00
  • らーく
  • URL
かかちゃんおはよう。
ついにやってきましたか播種セット、これは1号機の方ですね、私も2号機よりもこちらの1号機の方が扱いやすいですね。やったね、これからどんどん種を蒔いて下さいよ、ねぎ農家最初の後悔「なんだ、もう終わったのか、もっと作っておけば良かった」なんてならないように。
  • 2013/04/08 07:31
  • 仮面ライダー
  • URL
【らーくさん】

おはようございます。

無事に芽が出て、定植までご報告できればよいですが・・・。

まあ失敗したらしたで、皆さんの反面教師としてご参考になれば幸いです(汗)。


【仮面ライダーさん】

なんだ、もう終わったのか。

そんな台詞いつか言ってみたいですね~(涙)。

播いた分、収穫が追い付けばよいのですが、来年の今頃は、どうしてこんなに播いてしまったんだろう・・・、と言ってそうです(汗)。
床土
ご苦労様です。床土を入れるときは、横からすくい入れるのではなく、ポットの上から上戸などで入れた方が、形も崩れず播種板もぴったり合います。自分も年間合計1000枚ほど播種しますが、ポットの倍の厚さに床土を均し、その上を手動で鎮圧ローラー(直径20cmの厚塩ビ管を改良)を若干力を入れて転がし、均し板でカットします。これが一番早いようです。
  • 2013/04/08 19:36
  • dr-ピエ~ル
  • URL
【dr-ぴえ~るさん】

ありがとうございます!
土をすくいいれるときに既にポットが歪んでいたんですね。
ポットの形をいかに綺麗に整えるかで作業効率が全然違いますネ。
次回の播種はこの方法でやってみます☆
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)