LPチェーンポット。

播種の資材がひととおり揃いました。

コート種子
育苗箱
播種キット(ニッテン)
培養土
等々。

そして、チェーンポットはLP303-10にしました!

おネギの育苗はCP303を使用するのが主流です。

LPとCPは何が違うのかというと、

ポットとポットの間隔、つまり株間の長さが違います。

CPのほうはひとつのポットに2粒~3粒播き、5cm間隔で定植します。

LPのほうは4粒播きを10cm間隔にします。



※ニッテンさんの画像をお借りしています!


LPはおネギの太さが揃いにくため、あまりおすすめしない、と農協さんからは聞いていましたが、カリスマねぎブロガー石井農園さんでも採用されている方式なので、とりあえず第一弾はLPでやってみることにしました。

LPの何がよいかというと、


種の数・栽培面積は同じで、
全ての資材、育苗のスペースがCPの半分で済むのでかなりコストダウンできます。

10aのおネギの育苗をしようと思ったら、CP303ですと70冊必要です。育苗箱も70枚分。それがLPだと
35枚で済むというわけです。

播種や定植作業の時間も削減できると思っています。

ちなみに、播種キットやひっぱりくんもCPと共有できます。

※播種板の標準は2粒か3粒播きのものしかなかったので、4粒播きを特注で作ってもらうか、2粒播きを2回やるか、になります。うちでは今回は2粒播きのものを購入しました。

これで果たしてうまくいくか、

4月上旬の播種~育苗期間45日、またレポートしたいと思いますので、

皆さま、あたたかく見守ってくださいませ(汗)。




ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー







Comment

おはようございます
私も仲間と共同でチェーンポットを買う予定です
ねぎは、直売所で必需品なんです
いつも親切な、分かりやすい説明ありがとうございます

今回は、土寄せしないねぎを少しやってみるつもりです
やり方として、黒マルチに穴を開けていくんですが・・・・
結構大変そうなイメージです
4月に入ったら、紹介しますね
チェーンポットは、もう少し大きく栽培するのに向いている気がします
【ぴこさん】

こんばんは!!

マルチに穴を開けて、土寄せをしない方法、やってみたいな、と思ったことがありますが、こちらは圃場が砂質なので、雨が降ったりするとすぐに穴が埋まって、ねぎが窒息してしまうみたいなんです。

ぴこさんのレポートも楽しみにしていますね!
うちもようやく資材買ってきました。
育苗45日間ですね…φ(..)メモしときます
  • 2013/03/28 19:25
  • らーく
  • URL
【らーくさん】

おはようございます。

うちも資材は揃ったのですが、播種は来週になりそうです(汗)。

いろいろなことが、なかなか計画通りにいかないですね。
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)