いよいよおネギ定植、の予定が・・・。 就農記9

※これは、23年度のお話です。

農協によるセル苗の定植を希望しているわたしたち。
農協さんにセル苗を注文すると、播種・育苗・機械での定植を行ってくれます。

株間6.5cmの14mでセル1枚が目安。10a概ね70枚、定植代込みで約10万円です。

こちらがセル苗。

155_convert_20120611204532.jpg



農協では、1年のうち約9カ月間播種を行っており、播種の時期毎に1~31番まで番号が振ってあります。

わたしたちは25番、春扇14枚、龍まさり21枚で申込みました。定植時期は8月上旬の予定。

準備をすすめる中で、実際におネギの定植風景を見たことがないので、どんなものかな~、と周りの畑を偵察し、注意していました。

自分たちがおネギの栽培を始めることになるまでは、全く気にとめていなかったのですが、

改めて周囲を見回すと、あちこちにネギ、ネギ、ネギ。ネギ畑がたくさんありましたっ!!

おネギは磐田の名産品であることは知っていましたが、身近にここまでたくさんあったとはっ

自分の興味のないものに対して如何に視野が狭くなっているかがよくわかります。

最近では農協マークもあちらこちらで目につくようになりました。

これまでは全く無縁の世界でしたからね・・・。


そうこうするうちに、遂におネギ定植の現場に遭遇しました。

磐田に6年間住んでいて、一度も見たことがなかった、というのはある意味奇跡です。

これはよその圃場の定植風景です。

157_convert_20120611203855.jpg

皆さんお忙しそうで、声をかけられなくて、遠くからそっと勝手に撮影させていただきました。

また、ある時はセル苗をいっぱいに積んだ軽トラを見かけて、そのまま尾行したこともありましたが、どうも育苗施設に帰る軽トラだったようで、追跡を途中で諦めたこともありました・・・。

完全に行動パターンが、セル苗ストーカーになっております。



あちこちの圃場を偵察しつつ、8月上旬定植のつもりで、準備をすすめていたのですが・・・

白ネギ部会の会報で、23番以降は 定植期が1カ月近く遅れる とお知らせがありました。

えー!?、そんなのあり??

後で考えればそれもそのはず、おネギ相場が一番高くなる正月前の出荷狙いの農家さんが多く、正月ネギの定植が6月頃。一番定植希望者が多い時期が梅雨と重なるので、6月以降は遅れ遅れになり、後ろの番号になるほど、定植時期がどんどんずれこんでいくのでした。

我が家は結局3週間遅れて、8月下旬になんとか定植。

定植作業は基本的には立会不要ですが、初めての試みで是非立会たかったので、担当者Fさんを通してゴリ押ししてもらい、じゃあ今日の午後やりましょう、という感じで急遽入れてもらいました。

それをしなければ、もっと後にずれていたかも・・・。

定植作業自体はとってもスムーズで大満足。
※機械植えの動画はこちら 秋冬ネギ定植第一弾を参照ください。


無事定植が終わったことで、晩餐では気分よく乾杯!!(乾杯は毎日してますが・・・)

この3週間の遅れが命取りになるとは、このときは思いもよりませんでした。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村