お世話になってます。 就農記7

※これは23年度のお話です。

今現在6月です。これからの種播きに間に合うのは春ネギになります。
春ネギと一口にいっても品種はいくつかあって、農協担当者Sさんイチオシは「春扇」だそうです。
しかし、この春扇はギボウ(ねぎぼうず)が出るのが比較的早く、土日だけで収穫作業を行うわたしたちではギボウ発生までに収穫しきれないかもしれない。
というわけで、春扇半分ともう半分は龍まさりという品種を植えることになりました。

こういった細々としたアドバイスも農協園芸指導課に伺い、Sさんと直接お話しして取り決めていくことができました。

自分たちだけではどうにもならないことが、多くの方の支えによって、何とか新規就農に近づいています。


以下、主にお世話になっている方々

<農協担当者>

Sさん・・・おネギの専門家。磐田のおネギをこよなく愛し、少しでも高く県外へ流通できるよう戦ってくれている(と思われる)方。おネギのことならこの方に直接聞けば何でも即答だが、私たち弱小一農家は恐れ多くてなかなかご指名できない状況。磐田のおネギ界を背負っている若手エース。


Fさん・・・おネギ担当の新入社員。Sさんから私たちの担当を引き継いでくれました。休みの日にも圃場の様子を見に来てくれたり、出荷場の見学を手配してくれたりと、色々と無理を聞いてくれて、大変お世話になりました。が、収穫時期に何故かフェイドアウト。何を聞いても折り返しの回答が全くないので、だんだん連絡しなくなりました。一年間一緒にネギ作りを勉強したので(とこちらは勝手に思っている)、無事収穫できたことを共に喜び、十分お礼を述べたかったんですが、本当に残念です。


Yさん・・・定植や掘り取りの時期をコントロールされているキーマン。直接交渉すれば、面倒なお願いごとも意外とあっさり引き受けてくれるので、これからもお世話になりたいデス。


Tさん・・・近くの事業所の店長さん。実はおネギのことや農協に関わること全般について、相当詳しい。が、ややこしい農家からの絡みを嫌って、実力を隠していると思われる。若い頃にいろいろと苦労されたのでは?どんどん絡んで、いろいろと教えていただきたいです。


<ご近所の方々>

Iさん・・・Iさんなくして今のわたしたちはありません。というくらい大変お世話になっているご一家。
かれこれ7年前に滋賀県からここ磐田に引っ越してきて、最初に住んだ借家の隣にIさんの畑があり、色々と声をかけていただきました。それからわけあって、一旦別のところに引っ越した私たちでしたが、やっぱり前住んでたあたりがよかったね、ということで土地を探していたところ、なんと、Iさん宅の隣の敷地が売りに出していたのです。それからというもの、今までずっとお世話になりっぱなしで、就農のこともいろいろと気にかけてくださっています。感謝、感謝です。


師匠・・・Iさんとは反対のお隣さん。お米と、その他いろいろな野菜もつくっておられるようですが、おネギもかなりの面積を作付ておられる代々のベテラン農家さんです。淡々として無駄のない動き且つ丁寧な農作業、農家住宅としての動線の素晴らしさ、農機等の道具を大切に手入れされているところ、その他ライフスタイルなど真似したいところがいっぱい。あまりお話する機会はないのですが、隣から覗いて勝手に師匠と仰いでいます。


Sさん・・・このあたりでは若手(40代後半くらい?)の兼業農家さん。土日はいつも農作業か庭の手入れ、自治会の仕事、そうでなければバイクのメンテナンスなどされていて、本当によく働くな~、という方です。わたしたちとはわりと歳が近いほうなので、何かと相談しやすく、時々訪ねていっています。


その他、ご近所の方々は皆われわれの挙動に注目されていて、「ようやるね~」「無理せんようにね~」と声をかけてくださいます。


皆さんありがとうございます。これからもよろしくお願いします☆


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村