トラクター、軽トラ、欲しいものいっぱい。  就農記6

※これは23年度のお話です。

近所の方から5aの土地を貸していただきました。

ここらで俗にピースケと呼んでいる、マメ科の緑肥が勢いよく茂っています。

さて、どうしたものでしょう。

トラクターがあれば、ガガーッと耕しちゃえるのでしょうか。

しかし、トラクターはありません。

買う?

新品は10馬力前後の小さいもので100万円くらい、大きいものになると数百万から一千万くらい・・・。
車を買うのと同じ感覚なのですね。

中古トラクターの値段はピンキリらしいですが、農協の中古農機センターではかなり古い型で80万くらいから。

ネットなどでみていると20万くらいからあるのですが、どれも古そう。それに、どんなものを買ったらよいのかイマイチよくわかりません。

借りる?

お隣のIさんに相談してみたところ、貸せないけど、かわりにうってあげるよ~。

と、いうことでお言葉に甘えて耕転していただきましたが・・・

ピースケが絡まる、絡まるっ(汗)

急遽、大きく育ったピースケを手で抜き取り、Iさんをお待たせしながら、なんとか30分くらいで大物だけやっつけました。

その後はトラクターでキレーイに耕していただきました。

このピースケってよく休耕地に播いてあるのを見かけるけど、鋤き込むときはどうしているのかナゾです。

絡まらない方法があるのでしょうか。

トラクターを出動していただいたお礼として、Iさん宅にはスーパードライ1ケースをもっていきました。

それにしても、トラクターの年間の稼働率は10日にも満たないくらいなのに、数百万も出して買うべきものなのか、迷うところです。

だけど、周りの農家さんはみーんなもってるんですよね。元がとれているのか不思議です。

まあ、このあたりで専業でやっているお宅はほとんどないので、やっぱり持ち出し?

近くでレンタルできるところがあれば嬉しいなぁ。

とりあえず、一回目の耕転については解決しました。

次に農家として絶対欲しいものは、やっぱり

軽トラ~~!!

欲しい欲しい、軽トラックちゃん。

まず、軽トラを乗り回すのはかっこいい~!というビジュアル的な欲求もありますが、

実用としてもマスト。

鍬や長靴など、普通の車にももちろん乗りますが、軽トラだとざーっと洗えます。
これから管理機や収穫物を運ぶのはやはりトラックでないと厳しいでしょう。

あちこち中古屋さんを覗いたりしていた頃に、ちょうどお隣の師匠(Iさんとは反対のお隣 我々は勝手に師匠と呼んでいます)が軽トラを買い替えるという話を聞きつけました。

処分する軽トラを譲ってもらえないか、ととが早速交渉に乗り込んだところ、

あえなく玉砕しましたっ(涙)

師匠は遠い目をしていたそうです。

トラクターも軽トラも、その他農機いろいろ、自力でボチボチ揃えていきます。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村