青色申告のこと。

本日は「東海税理士会」さんが毎週火曜日に行っている無料相談へ行ってきました。

24年度の青色申告についてわからないことを聞きに(ほとんどわからないことばかりですが)。

昨年度から事業主の申請をして、記帳はしていたのですが、どこをどう間違ったのか、23年度の最終的な収支がマイナスにならず、またプラス分も10万円に満たなかったので、「申告の義務なし」。ということで、23年度分は青色申告をしませんでした。

今年度が記念すべき初申告となります。がんばるぞ。

目的はズバリ、ととちゃんが会社で払っている税金が少しでも戻ってくればいいな、というところです。

今年も皮剥ぎ機やら何やらたくさん購入して、経費がたくさんかかりましたから・・・。

今日教えてもらってすぐに使えそうだったのは、自宅や敷地の一部を農作業や資材置き場として使っているので、それをどうやって経費に入れるか、というやりかた。按分計算というらしいですが・・・。

・仮に50坪の家の5坪の土間を農作業に使用していたら、家屋の取得総額の10%分を減価償却費に入れられる。家の耐用年数は木造なら22年、金属造り27年など、構造によって決まりがあるそうです。

・土地の固定資産税は例えば自宅敷地のうち15%を農作業や農具置き場に使用しているなら、そのぶん「租税公課」として計上できる。

・電気代や水道代も一部(使用状況によって常識の範囲内で全体の1~3割など)経費に計上できる。

など。

こうしてみると、わりと何でも計上できるんですね。

節税、節税♪


そういえば、「農で起業する!」の杉山先生は、他所の葡萄園の視察旅行も「研修費」として経費に計上されていました。

ちょっとずつわかってくると拒絶反応を起こしていた青色申告の記帳も、あれも経費にできる、これも経費にできる、とゲームみたいに何だか楽しく感じます。

もちろん難しい計算はソフト任せです。
わたしが入力するのは日々使うお金と減価償却の一部くらい。

ちなみにわたしが使っているのは「らくらく青色申告農業版」というソフトです。

51AWosLWFKL._SL500_[1]

これからソフトを購入される方は年末や年初に買うとたぶん高いです。変な時期(6月)とかだと、かなりお安くなっているはず。




ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー





Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)