残留農薬の検査。

天気予報では、いよいよ寒くなってきた、と連日の報道。あちらこちらで初霜や初雪の声を聞きます。

が、ここ遠州地区はまだまだ温暖です。

うちでもまだ暖房器具は出していません。

毎年クリスマス前後から急に寒くなりますが、それまではわりと穏やかな日が多く、1年のうちでこの時期が一番過ごしやすいと感じます。

寒いのは苦手だけど、寒くなってくれたほうが、おネギの需要は高まるから嬉しいし・・・。

と、複雑な心境です(汗)。



うちのおネギはというと、出荷まで秒読み段階です☆

残留農薬の検査のため、おネギのサンプルを3本提出しました。毎シーズン出荷予定の2週間前までに提出することになっています。

検査費用約3,000円は農家負担です。これって全国どこでもそうなのでしょうか??


それと、「栽培履歴」といって、肥料や農薬の使用について細かく書いたものを提出します。

IMG_4811_convert_20121115112121.jpg


それぞれの作物に使用できる農薬が決まっていて、おネギの登録がある農薬を使用しているか、正しい濃度や使用回数を守っているかがチェックされます。

これって結構面倒なのデス(汗)。が、これも出荷前に義務づけられていることです。


先日の豪雨で土が落ちてしまい、おネギの分岐点が見えるくらいになっていたので、

GetAttachment[1]

ととちゃんがせっせと上げなおしてくれました。

GetAttachment[1]


土をかけてせっかく白くなりかけたところも、土が落ちて陽に当たると緑に戻ってしまいます。

うっすら緑のところは、「色ぼけ」といって、軟白部分の長さにカウントされないので、しっかり白くするためには、土が落ちてしまったらかけなおします。


軟腐病の疑惑も無事(?)はれて、心配していた軟らかすぎる首元もだんだん締まってきていい感じです♪

早く出荷したいな~。



ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー



Comment

おはようございます。

こちらでは、農薬検査は農家の負担ではありません。
全農家ではなく、サンプル検査だと思います。
また、「栽培履歴」ではなく、「防除日誌」であり、農薬の使用状況だけで、肥料については記載しなくて良い事になってます。
記入方法も、あらかじめ使える農薬名とその希釈倍率、収穫までの期間、使用可能回数などが印刷されている用紙に、使った日付を記入するだけですから簡単です。
(これでJAお奨めの農薬がわかります!)

でも、自分では後々のために毎日何をしたかの日誌はつけていますけど。
  • 2012/11/16 07:09
  • hyoukou240m
  • URL
hyoukou240mさん こんにちは。

同じJAでもやっぱり地域によって違うんですね。

規定通りにちゃんとやっているはずですが、こちらのは全て自分で記入するので間違ってないか心配です。

これで出荷できない、と言われたらショックです。

検査が無事通るまで何となく気が重いです。
  • 2012/11/16 12:39
  • 小城
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)