ソルゴー障壁栽培。

ここ磐田では、おネギや海老芋の周りにトウモロコシのような、麦が大きくなったような植物が植えてある畑をよく見かけます。

こんな感じのやつ・・・(インターネット画像から引用)
9ad87cd6520630bd30eb30fc[1]


いったいなんだろうね、と思っていたら、「ソルゴー」とか「エンバク」というイネ科の植物らしいということが判明しました。

緑肥にもなるらしく、休耕時に栽培してそのまま畑に打ち込むという使い方もあるみたいですが、このあたりは風が強いので、風除けのためにも植えられているみたいです。

エンバクのほうは、海老芋圃場で土中に発生する「センチュウ」にも効果があるそうで、海老芋農家さんは、夏場、これを敷き藁のかわりに海老芋の根元に敷いて、乾燥防止にも役立てています。

そして、ソルゴーのほうはアザミウマの防除にも効果があることを本などで知りました。

関西や四国の露地栽培のナス産地でソルゴー障壁栽培というのが広まっているそうです。

ソルゴー障壁栽培の仕組み
① ソルゴー大好きなアブラムシが、ソルゴーにつく。
② アブラムシ大好きなカメムシなどの土着天敵がソルゴーに集まる。
③ カメムシがナス圃場に移動する。
④ ナスにつく害虫のアブラムシやアザミウマを捕食するので、結果的に圃場の害虫が減る。

わたしが見た本にはナスの例が取り上げられていましたが、小さく「ネギ圃場でも使用されている」と載っていました。

こ、これは・・・!

もしかして、ソルゴーが一石二鳥の救世主になるかも??

今年は台風直撃で、防風対策の重要性を感じたことと、アザミウマにも悩まされました。

藁にもすがる、ならぬ、ソルゴーにもすがりたい気持ちデス。


先日もらってきた農協の緑肥注文書にも「元気ソルゴー」というのがのっていたのですが、アザミウマにも効果があるかどうか知りたかったので、販売元のカネコ種苗株式会社さんというところに問い合わせてみました。

担当者さんには、おネギの周りに植えるなら、「TDNソルゴー」か、あまり背丈が高くならないほうがよければ「ミニソルゴー」がよい、とすすめられました。

この2種は倒伏に強いので、虫が汁を吸っても倒れにくく、強風の地域でも大丈夫、とのこと。

ご丁寧にパンフレットも送ってくださいました。
IMG_4718_convert_20121027203904.jpg

刈り込みや残渣処理が必要かもしれないし、そんなにうまいことスリップスが減るわけではないかもしれませんが、とりあえず一部取り入れてみようかな、と思っています♪

来年の今頃は、ソルゴー様様~!!、と、うちの神棚(ないけど)に祭りたいですね。



ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー







Comment

ソルゴーなどの緑肥は私も試してみたいです
なるべく農薬は使わない方向にしたいですから
やはりイネ科が中心でしょうか
コンパニオンプランツ・バンカープランツ・緑肥等
お互い情報交換していきましょう
ぴこさん おはようございます

コメントありがとうございます。
中里農園さんのブログもよく拝見していますよ。

緑肥はイネ科が多いみたいですね。あとマメ科とかアブラナ科とか・・・。まだ試したことないのですが、経費があまりかからないのでうちでも取り入れられるかな、と。

薬剤散布が一回でも減らせると嬉しいです。
  • 2012/10/28 06:20
  • 小城
  • URL
  • Edit
こんにちは…
ソルゴーは強いですよ。今年、少しだけですが、苗箱で育苗してかぼちゃ畑に植えてみました。
少量でしたら、ネット通販で種苗店さんで販売されている品種を購入されると良いかと思います。1Kg入の大袋なので、畑の隅に蒔いた程度では、かなり余ると思います。
  • 2012/10/30 15:32
  • らーく
  • URL
らーくさん、こんにちは。

抜いた後かさばりそうで、若干心配なのですが、台風対策にもなるし、家庭菜園の周りにも植えようかと思ってます☆貴重な食料のピーマンやナスが秋まで収穫できるように・・・。
  • 2012/10/30 16:55
  • 小城
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)