食の6次産業化プロデューサー。

おネギの6次産業化をいちおう目指している我が家ですが、最近「6次産業化プロデューサー」なる資格があることを知りました。

そもそも6次産業とは

生産 1次産業
製造 2次産業
販売 3次産業

これを足して6次産業というそうです。
生産者が農作物の加工、販売まで手掛けることで、多くの利益に関われるという産業です。


そして、「食の6次産業化プロデューサー」というのは、内閣府が推進している国家プロジェクトのひとつで、食分野で新たなビジネスを作りだす人のことだそう。

成長分野(と思われる)産業のキャリア認定を国が行うことで、より多くの事業や雇用を生み出そうというのが、ねらいかと思われます。

おそらくこの資格があるからといって、すぐに何か利益があるわけではないと思いますが、面白そうだし、肩書きもできるし(野菜ソムリエみたいに)、何よりまだ新しくできた制度なので、もっている人も少ないのがよいです。

しかし、資格をとるためには実践(実際に食品の加工や販売を手掛ける仕事に従事する)経験があることと、更に育成プログラムというものをどこかの教育機関で受けなければならないそう。

いったいどこでどんな内容のものを受講できるのやら、と、ネットで一生懸命探してみたのですが、みつかりません・・・。

まあ、ここは田舎なのできっと近くに該当の教育機関はないから、通信講座になるかなぁ、とは思っていたのですが、全くひとつもみつからないので、思い切って内閣府に電話で問い合わせてみました。

すると・・・、
教育機関については現在調整中。元々今年秋から認定を開始しようと思っていたが、年度末までに何とかかたちを整えたい。

ということで、制度自体まだ動き出していないみたいでした。

プログラムに協力してくれる補助事業者や教育機関がまだ十分に集まってないらしいです。


なーんだ。

年度末になったらまた内閣府に電話してみようっと。


食の6次産業化プロデューサー ちらし



ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)