25年度、作付計画。

先日の白ネギ部会では、来年度の種・定植・農薬・肥料の予約について説明がありました。

磐田では白ネギと海老芋を組み合わせて栽培されている農家さんが多く、また両作物共通で使える肥料や農薬も多いので、今回は海老芋農家さんとの合同説明会でした。

今年の初出荷もまだなのに、もう来年度のことか・・・。

ベテランの農家さんなら当たり前のことかもしれませんが、わたしらにはちょっと気が重いです。

やっぱり今年の出荷が無事にできてから来年の栽培面積も決めたいなぁ、というのが正直なところ。

しかし無情にも、いろいろな提出物の締め切りは、早いもので11月下旬、遅いものでも年内中です。

これは、とりあえず大まかな計画をたてないと・・・、

というわけで、家族会議です。


現時点で借りることができた土地は、全部で55a。

そのうち10aを、出荷時に出るおネギの残渣(皮や根・葉っぱ)を捨てたり、雑草を集めたり、家庭菜園的に利用するスペースにするつもり。

そうすると、実質作付できるのは45aです。

これを基本的には全部チェーンポットの自苗でやりたいと思っています。

何をどのくらい作るかは、いろいろな懸案事項があり、決めることだと思いますが、うちは出荷作業ができる範囲量で決めました。


夫婦2人で出荷できる量は、少し余裕をもって

30箱/日×20日=600箱/月
※1箱最低3.15kgです。

管内のおネギのだいたいの出荷時期は、

冬ネギ 12月~2月の3カ月+春ネギ 3月の1カ月+夏ネギ 6月の1カ月

の全部で5カ月。

600箱×5カ月=3000箱。

10aで収穫できるのは豊作の場合で800箱。

うちの実力では700箱として計算すると・・・。

3000÷700≒47a


こ、これは・・・!!
今ある土地で作付できる面積45aと、ほぼピッタシカンカン!!


というわけで、来年度は夏ネギも含めて45aの作付にしようと思案中です。

5か月で10トンちかくのおネギを出荷するゾ。


連作障害などの懸念もありますが、それは今後借りる土地をまだまだ増やす、ということが前提で、全部作付けちゃいます♪

品種はほとんどサカタのタネの扇系でいくつもりです。



これから必要な種や肥料などの量を計算しないと・・・。頭痛いです・・・。

IMG_4698_convert_20121022073817.jpg



ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)