定植の後は・・・

昨日第一弾の秋冬ネギの定植が無事終わりました。

今日は殺菌剤を播きます。これは、軟腐病とか白絹病とか一度発生するとあっという間に広範囲に蔓延してしまう怖~い病気を予防するための消毒剤です。

ペットボトルの散布は子どもでも簡単にできます。

IMG_3645[1]_convert_20120603202842

いいね~、上手~、さっすが~!!!と、必死のおだても空しく、3畝くらいで飽きられてしまうのですが・・・。

今後は一畝10円にするともっと働いてくれるかな(悪)。

この消毒剤を播いた後は、「三角ホー」を使って、おネギの脇に小山を作ります。


得意の絵図で説明しますと、

黒いのが殺菌剤(実際の色は白)で、その上に小山を作り、おネギの根の成長する場所をつくってあげます。

ジャガイモの土寄せと同じ感じです。

こちらが、三角ホー。 ホームセンターにて購入。


IMG_3651[1]_convert_20120603203247

こちらが、小山をつくる前

IMG_3650[1]_convert_20120603203121

そして、つくった後です。

IMG_3649[1]_convert_20120603203010

大変地味~な変化ですが、わかっていただけますか?

そして仕上げは「ゴーゴーサン」という、雑草が出てくるのをほんのちょっとの間抑制するための乳剤を播きます。触れ込みでは、40~60日雑草を抑制するとありますが、実際は・・・。結果は数日後にわかるはずです。

おネギの苗がまだ小さいので、肥料を入れたばかりの圃場で雑草の成長が勝ってしまうため、最初だけこのような乳剤を播きます。

うちでは手動で圧力をかける、背負いタイプの噴霧器(10L)を使っています。

エンジン付きの動力噴霧器などもたくさん出ていますが、栽培規模が小さいので、今は手動で十分です。

IMG_3653[1]_convert_20120603203441

これでやっと、定植にまつわる一連の作業完了です。

畝立て、元肥入れ、定植、消毒剤入れ、小山づくり、ゴーゴーサン。

3日がかりでしたっ(汗)。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村