本日の作業 畝立て

いよいよ、あさって今年第一弾のおネギの苗を定植しますっ!

というわけで、本日はその準備の「畝立て」をしました。

まず、ネギ管理機の刃を30cm幅のものに取り換えます。



IMG_3593[1]_convert_20120601212245

こんな刃です。

IMG_3594[1]_convert_20120601212413

ネジを外してお取り換え。

何故30cm幅かというと、



おネギは軟白部分を長くするため、どんどん土をかけていくわけですが、後半の土寄せを楽にするために、苗の定植時には一旦溝を掘ります。定植は農協の機械で行うのですが、その機械の幅が約30cmなのです。(下手な絵でスミマセン)

立てる畝の中心と中心の間は約1mです。これは後に管理機で土寄せしていくときにちょうどよい幅なのです。

ベテラン農家さんだと95cm幅にされるそうですが、うちはその5cmの精度を出すのが難しく、約1m(±5cmくらいはOK)幅にしております。



定植時と収穫時は、溝と畝が逆転します。


真っ直ぐ畝立てできるよう、ロープを貼って、それに沿って管理機をすすめます。

IMG_3596[1]_convert_20120601212548

一発では狙う高さに土が上がりきらないので、1往復します。

IMG_3598[1]_convert_20120601212851

約35mの畝を10列つくって、3、5a分の畝立て完了デス。

IMG_3605[1]_convert_20120601213131


ついでに、排水溝も掘りました。(おネギは水捌けが大事☆)

IMG_3607[1]_convert_20120601213245

本当は、この後殺菌剤と肥料も入れたかったのですが、暗くなりかけてきたので、本日の作業はこれにて終了デス。