農機No.2 ねぎ管理機 クボタFTN-7

うちに2番目にやってきた農機、ねぎ管理機 クボタFTN-7です☆


IMG_4458_convert_20120919203115.jpg



ねぎ農家だもんで、ねぎ専用の管理機くらいは新品を買おう、ということになりました。


農協では、関東農機の「掘るべぇ」をオススメされていましたが、ととちゃんはほぼ同じつくりのクボタをチョイス。

関東農機はクラッチの入切が、グリップ式(自転車のブレーキみたいなもの)で、クボタはレバー式(車のシフトレバーみたいなもの)。グリップ式はそのうち潰れそうな気がして、レバー式タイプにしたそうです。


約30万円也。


この管理機は、畝立てするとき、畝の除草作業、土寄せなどに大活躍します。

畝立ての様子。
IMG_3893_convert_20120919203043.jpg

両側の羽の角度を変えて、土を上げる高さを調整できます。

IMG_4459_convert_20120919203152.jpg


ローターの幅は240mmと300mmと、2種類あります。

IMG_3593_convert_20120919202940.jpg

常には300を使っています。

付け替えの様子。
IMG_3594_convert_20120919202854.jpg



土寄せの様子。

[広告] VPS


[広告] VPS



結構グラグラしているのは、機械の安定性の問題? 運転技術の問題!?

かかちゃんも一度運転に挑戦しましたが、すぐに諦めました(汗)。



アタッチメントを交換すれば、掘り取りもできます。

お蔵入りしているので、残念ながら画像がありませんが、このアタッチメントだけで、5~6万したんじゃなかったかな?

アタッチメントの交換は、機械ものの扱いがわりと得意なととちゃんをして、2時間かかります。

しかし、うちは自分たちで箱詰めするので、掘り取り機を使うほど一度に沢山のおネギを掘ることがなく、ほとんど使いませんでした(汗)。管理機を出動させる間にスコップで掘ったほうが早いデス。

ヤフオクに出品しようか、という話も出ましたが、もしかしたら将来機械選を頼むこともあるかもしれないので、一応とっておこう、ということになっています。




購入から一年経ったので、最近オイル交換をしました。

それが、えらくやりにくかったらしいです。

ミッションオイルとエンジンオイルを出す場所と入れる場所それぞれ。

IMG_4474_convert_20120919203224.jpg
IMG_4475_convert_20120919203254.jpg
IMG_4476_convert_20120919203335.jpg
IMG_4477_convert_20120919203406.jpg

どこが何なのか、説明してもらったけど、さっぱり忘れました。

とにかくやりにくい、との苦情が出ております。



軽トラで運ぶときは、ブリッジを使って載せ、ロープで固定します。

IMG_4478_convert_20120919203441.jpg

このブリッジは約2万円也。

ホントに何でも高いなー。



ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)