いざ、農協へ。 就農記5

ネギを作ることに決めました。

借りる土地の目途がたちました。

他に足りないものは・・・?

技術指導、資材を揃える、出荷先の確保等々です。

それらを総合的に取り扱っているところ、といえば。

皆さんご存じ、農協さんでしょう~~!!

JA遠州中央 園芸指導課というところに電話で問い合わせたところ、ネギ担当の方(ここ磐田はネギの名産地なので、ネギ専門の担当の方がいらっしゃるのです)が直接会ってお話してくださるとのこと。


「ネギを作りたいのです。」と、話を切り出すと、まず、第一声は

「ありがとうございます。」

と、意外なお言葉でした。
我々が農協の優良顧客になった瞬間でした。

担当者の方は、ネギ栽培の基本的なこと、市内のネギの栽培状況、栽培に必要な経費や揃えなくてはいけない農機具、見込収益、出荷方法の選択肢等々・・・
本当にド素人の私たちに一から十までとてもわかりやすく説明してくださいました。

素人の質問にも嫌がらずに丁寧に対応してくださいました。

そして、この地域でネギを栽培~出荷するにあたって、以下のことをお願いしたい、とのことでした。

1 地域の部農会に入ること(農業用水を使用するのでその許可を得るため)

2 白ネギ部会に入ること(部会に入らないと、機械での苗植えや市場出荷ができないそうです)

3 農協の組合員になること


1、2はわかりやすいのですが、3の組合員っていったいどうやったらなれるのかな?と思いましたが、単純に、農協に口座を開いてください、ということでした。
そして、このあたりでは「経済」と俗にいわれている、口座自動引落を申し込んでください、とのこと。

その「経済」が優良顧客への大きな一歩でして、
会計用語では「買掛」というんでしょうか?それが簡単にできてしまうのです。

例えば、農協さんに苗など注文するときに、電話口で名前を言って注文すると、「はいね~」とすぐに準備してくださいます。苗代の引落は「経済」を使って、半年後に口座から引き落とされる、という感じです。

細かな資材代などはすぐに引き落とされるのですが、大物は買掛で、数ヵ月後に引き落とされるようになっているみたいです。

農協の窓口どこでも名前と電話番号を伝えれば、農薬でも肥料でも口座引落で買えてしまうので、何でもそこそこのお値段なのですが、「経済」でどんどん買ってしまうんですね~。

「経済」のことはさておき、

今現在5月末で、23年度、今から始めて間に合う品種は「春ネギ」になるそうです。

これから、土づくり(元肥や石灰の投入)、定植(苗を植える)、管理、出荷までの線引きの資料をいただき、早速今年度の栽培をスタートさせることができそうです。

また、心強いのは園芸指導課や事業所のほうで、技術指導をしてくださるそうです。

ここへきて、トントン拍子で急展開となりました!!
いよいよおネギ栽培、はじまるぞ~~!

ちなみに、園芸指導課の方はネギに「お」をつけて、「おネギ」と言います。

なので、わたしたちも担当者の方々のネギを愛する気持ちを見習って、「おネギ」と言うことにしました。