家族経営っていいな。 就農5年目日記17

働きアリの習性について、最近どこか(テレビかラジオかネット?)で聞いて、なるほどなぁ、と感心してしまいました。

アリの集団の中には働きアリと働かないアリがいて、働くアリだけを別の場所に移すと、その中でまた働くアリと働かないアリに分かれるそうです。

これ、人間界にも全く同じことが当てはまりますね。

会社でも自治会等でも、人は集団になると一生懸命働く人と、いかにのらりくらりと過ごして、尚且つ働く人と同等の恩恵を受けようとしている人とに分かれます。税金納める人と、受け取るだけの人・・・っていう例は極端すぎるかな?(汗)

農業界でも、集団で作業している圃場の様子を見ていると、一人だけ軽トラの横にボーッと立っていたりして、あまり働いていないよなぁ、という人が必ずいますネ(大きなお世話ですが、汗)。

なので、人数をかければ作業がスピートアップするか、というとそうでもないのでは。


一人あたりのアウトプットを最大限に引き出すなら、わたしは二人一組が一番効率的なんじゃないかなぁと思っています。同時に同じ作業をするなら、最大でも三人までがいいかなー。

もちろん、どの作業も基本的には一人で完結できることが必須です。

二人揃わないとできないとなると、どちらか一人が欠けたときに、その日その作業はできなくなってしまうので。

一人でもできるけど、二人でやったほうがより効率的、という作業はたくさんあります。


たとえば、セット動噴での防除・・。

畑の端までもう少しで辿りつくのに、ホースが思わぬところに引っかかって(軽トラの荷台とか・・)どうしてもそれ以上先へ進めなくなって、一回軽トラまで戻るとか(涙)

とぉーーーーっても細かいことですけど、こんなことで結構どっと疲れるのデス。

こんなとき相棒がいれば、引っかかったホースをサッと外してくれるはずなんですがねぇ。

他にも、一人が墳口をもって移動している間に、もう一人は、

・ポンプのエンジンをかける
・ターンローターを移動させる
・薬液が少なくなったタンクを傾ける
・ホースを巻き取る

等々できますから、一人でやるときより随分早く終わります。


選果も二人いれば、一人がノンストップで一番時間のかかる皮むきをして、もう一人は根切りとか結束とか、動きまわる仕事ができて、効率的♪

掘り取りも家では一人はあまり動かずねぎを抜き続けるやり方にしています。

もちろん、どの作業も一人でできますが、何かを取りに行って戻る移動の時間が空白にならずに済むので、結果的に二人でやるほうが早く済みます。

ちなみに、この「早く済む」というのは一人でやるときの「半分以下の時間で済む」という意味です。

もし、ちょうど半分の時間にしかならないなら、一人でやっても二人でやっても、どっちでもよいですからね・・。


ポイントは、時間単位の一人あたりのアウトプットの量。

同じ時間で一人でやると20csのねぎが作れるけど、二人でやると50csになるなら効果アリ、ということです。


また、農作業には重労働もあれば、同じことを延々と長時間繰り返す軽作業もあるので、別々に分担したほうがよい場合もアリです(いやっ、さっきから別に蟻とかけているわけでは、汗)。

例えば年末にじいじばあばが出荷の手伝いに来てくれたときは、二人は作業場で延々と皮むきをしてくれて、我々夫婦は掘り取り、出荷、圃場管理、その合間に選果、という役割分担になります。

4人全員で圃場に出て、全員で出荷作業をするより、きっとたくさん出荷できる・・と信じてこのスタイルにしていますが・・。

多くの家族経営の農家さんって、こんな感じなのではないでしょうか。

それぞれが適材適所につき、最大限の能力を発揮できるので、昔から農業が家族で営まれているのは、やはり理にかなっているのだなぁ、と思います。


農家の家族経営・・、

それは、働かないアリを作らないお年寄りから子供まで一家総活躍できる理想の経営スタイル

なんだ、我が国には昔からこんな身近に素晴らしいモデルがあったのか。



ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー


このエントリーをはてなブックマークに追加

シーズン終わり☆

さてさて、GW前のこの時期は・・・

収穫・出荷、育苗、定植、土寄せ等々トピックスがいっぱいなのに、豪雨で余計な仕事がチョイチョイ入り、時々グロッキーになりながらも、何とか予定通りいろんな作業が進んでおります。

そして今年の春ネギも予定通り・・・

0424 (2)

坊主がポツポツ出てきました・・。

以前は坊主が出るとすごく焦ってたんですけど、近頃は慣れたからか何なのか、ドーンと構えていられます(汗)。

おネギが密集しているところは坊主は2~3%しか発生していないのですが、スカスカのところは10~15%出ています。

成長が早いからなのか、周りにあまり仲間がいないから子孫を残そうと、はやく坊主が出てしまうのか・・??


でも、収穫はほぼ終わったのでもう大丈夫♪

3週間前の収穫始めは2L率は20%くらいだったけど、この時期は太りが早くって、今は90%くらい2Lデス。


たくさん掘り取ってきたぞーい。

0424 (1)


今日全部掘り取ってもよかったのですが、

お楽しみでほんのちょっとだけ残してあります。

0424 (3)

GW中にどのくらいまで値段が上がるかな~~??

値段は上がっても、ほとんど坊主が出て出荷不可になるのかしら~~??


何れにせよ、収穫物があるのはありがたいことですネ。

どこで区切るかによりますが・・ 春ネギが終われば一応シーズン終わりです。


今シーズンを振り返ると・・・マ・ジ・で最悪だったな~(汗)。

11月・1月・3月のネギの出荷がほとんどなかったデス(涙)。

かろうじてエビイモを細々と出荷しておりました・・。


こんなに最悪だったのに、悪い時も次のシーズンのよいイメージを思い描くわたしって、超ポジティブシンキングなのか、それともただのイタイ人なのか・・。

うまくいかなくても繰り返しチャレンジし続けられるのは、超粘り強いのか、ただのしつこい性格なのか・・。


失敗した時点で辞めてしまうと、その失敗が全て無駄になってしまうので、何とかその失敗を活かして、失敗しないシステムを作らなくっちゃ。

・・・・・って、

あ~ん、「失敗」って言葉ばっかり~(泣)。


28年度はよいシーズンになりますように☆


ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー


このエントリーをはてなブックマークに追加

お世話になっているお方々。 就農5年目日記16

先日の対人関係についてちょっと触れた記事にいただいたコメントを受けまして、

もしかしてわたしは引きこもり状態に近いのかも?と、

思い起こしてみました、

「かかちゃんが、この一週間で会話した人~!!(会話が多かった順)」

①はるちゃん

②ととちゃん

③選果のパートさん(一名)

④JA関係者(販売店、作物の担当者、荷受けのパートさん)

⑤ヤンマーのお兄さん

⑥ヤマト運輸さん


・・・以上だ(汗)。 本当にこれだけだっ!

⑥は会話とは言わないかな?

携帯の着信履歴を見ても、ととちゃん(帰るコール)と、JAからだけ(汗)。

ま、携帯電話(もちろんガラケー)はわたしには要らないくらいですが・・(持ち歩かないので発信専用)。

しかし、これは見事に今のわたしの生活を表現しているかもしれません。

対人関係と呼べるほど、ほとんど人づきあいをしていないのがよくわかりますが、その数少ないメンバーの中でも、気を遣っている順にちゃんとなっていますね(笑)。

①、②の家族は、気を遣っているという言い方はちょっと違うかもしれませんが、コミュニケーション面は日々努力しています。 

やっぱり一番長く過ごす家の中が一番楽しくないとネ(汗)。

③~⑤は仕事関係で、⑥はネットショッピングで大変お世話になっておりますから・・。

(はるちゃんはamazonの送料無料が廃止になって、大変ご立腹です)

あと、今週はたまたまランクインしていませんが、地域の方もこの中に入ってきます。

隣家さんとは一生の付き合いになりますから、関係はよくしておきたいですね。


そして、就農したての5年前のことのとき、「お世話になってます。 就農記7」好き勝手なことを書いていましたが、今でもこの皆さんに引き続きお世話になっていますね・・・。

勝手に近況報告

<JA>

Sさん・・・今はエビイモ担当で、引き続き大変お世話になっています(汗)

Fさん・・・当時新入社員で白ネギ担当に配属され、未だ白ネギ担当。

Yさん・・・後継者ができて、そろそろ引退かもしれません

Tさん・・・いつも利用する販売店の店長さんで、大変お世話になっています

<隣家>

Iさん・・・代替わりしてご隠居さんです

師匠・・・お変わりなくご夫婦で農作業されています 今でも我が家の一番の師匠です

Sさん・・・ここのところお幸せそうで、羨ましい


メンバーはあまりかわっていませんが、我々への対応はそれぞれちょっとかわりました。

隣家さんやご近所の農家さんたちは、最初はあれこれ声をかけてくださいましたが、今はもう何も・・・

見慣れたのでしょう(汗)。

声の大きい地域の権力者さんにも、直接何か言われることはもうありません。

周りに影響力のある方は、一度味方につけると何かあったときに知らないところで擁護してくださっていたりするので心強いです。

これはOL時代に学んだ、お局様は味方につけるとかなりお得、の法則です。


JAや農林水産課の職員さんには・・・

何となく逆にすごく気を遣われているような気が・・・。

ブログに悪口書いてないですけどね・・?

まあ、もともとこちらがお客さんのような立場ですから、自然とそうなるのかな。

仲良くしていただいている今となっては、何をするにも話がはやいし、裏情報(?)もいろいろとまわしてくださって、至れり尽くせりの扱いを受けています(汗)。


というわけで、わたしの場合、積極的に新しい交流をするより、数少ない周りの方と大事なお付き合いをするほうが、幸福度が増すのかもしれません。

ごくたま~に、飲み会に誘われる(ありがたいことに、前職場のメンバーからとか)ことがあると、リハビリになっていいですネ。



ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー


このエントリーをはてなブックマークに追加

定点観測その後。 

雨が降る度に豪雨になって憂鬱です(汗)。

0415 (6)

こんな圃場でも、めげずにまだこのとき(しっかり管理とは。 就農5年目日記8)に言っていた定点観測を続けています。


定点観測とは・・・

ひとつの圃場で2か所(×10株)決めて、そこから何パーセントのねぎが、どのタイミングでどんな理由で無くなっていくのかを調べて、原因と対策を探り、次の作型ではそこを改善して可販株率を上げていこうという、気の長い作戦デス。


で、初めて定点観測に着手したのが年末に定植した7月獲りの初夏ネギ圃場です。

ここはいつもの自苗ではなく、JAのセル苗定植を依頼し、定植時にほぼ100%に近い生存率だったので・・・。


で、最初から発芽不良で小さく心配だったコイツ↓は・・

0415 (9)

やはり、雨を何度か経験した後、消えて亡くなりました(涙)。


定植時に最初からなかった苗とこの消えてしまったのを合わせると定植後1カ月で生存率99%。


次に現れた敵は、「ネキリムシ」。

定植時に予防しているのですが、一カ月過ぎた頃に根元からスパッと切られているネギがなんと6%も・・・!

ネキリムシにやられると、土寄せ時に土に埋もれて亡くなってしまうか、生存したとしても成長遅れでごく細~いネギになってしまう可能性大!

この6%のネギがネキリムシ被害に合わずに順調に2Lまで育ったとすると、わたくしの皮算用によりますと、この圃場では90000円の売上になったはず。(金額は圃場の大きさや定植のピッチによりますので、あくまでもうちの場合です)

それならば、初回土寄せ時に1000円分のネキリエースを投入するべきですね。



そして次なる敵は、雨の度に黄色や赤のレーダーの雨雲がちょいちょいやってくるので、必要以上の降雨量&耕作放棄地後の圃場なので特に水はけが悪くて、湿害が・・・。

雨が多いと必ず出るので気にしてはいたのですが、しかも葉先がちょっと白っぽくなったので、あ、防除しなきゃ、と思っていたのですが・・・ グズグズと一日・二日経過してしまい、この有様に・・。

0415 (4)

こうなってしまうと、成長が遅れてここだけ背の低いネギになってしまうことがしばしばありますね。

わかっていたのに発生させてしまったので、これは人災です(汗)。


ちなみに定点観測していたこっち側はほぼ大丈夫だったのです。

0415 (2)

0415 (5)

不思議とあまり目の届かないところ(といっても、ちっちゃい圃場なんですけど)から病気や害虫って発生するものなんですよね~。

わたしは何故か圃場の片側の二か所を定点観測地に選んでしまっていたので、こっち側とあっち側と、できれば真ん中あたりも観察するべきなんですね。



またしても次の敵登場。

放棄地にはお約束のスギナ。

0415 (8)

画像で見ると何だか大したことないように見えますが、これがなかなか・・・

表面だけとってもすぐに生えてきますからね~。

でもちょっとでも草の勢いをおさえておいて、その間にねぎを大きくすれば大丈夫。

とはいってもねぎの際のスギナをとるときに、注意散漫だとたまにネギもひきちぎってしまいます。

ネギが切れたときの、あのブチッという音は独特ですね。ボーッとしていても我にかえります(汗)。



今のところの教訓いろいろ。

①定植時の欠株(またはそれに限りなく近い株)は捕植しよう

②ネキリムシは粒剤で積極的に防除しよう

③水がたまったらすぐに抜こう&雨の前後には防除を

④草取りではヤケを起こさない

⑤定点観測地はまんべんなく設定する




定点観測地は湿害が出たあっち側も含めて4か所にしてみましたが、

こうして地道にやっていると、今のところはまだ生存率94%をキープしています。

またまたかかちゃんの皮算用によりますと、5cmピッチ3粒播きで可販株率85%、2L率50%だと、

反収2000cs(6t)になるのですよ、フフフ。

ま、これは夏ネギなので滅多なことでは太らないとは思いますが・・。


定点観測しているとやっぱり一本でも減らしたくない、という思いから管理にも気合いが入るので、反収アップの効果はありそうな気がします。

これからの梅雨&暑さでどのくらい減っていくのか・・・

ラスボスは白絹病か、はたまた軟腐病か・・・。

あまり考えたくないなー(汗)。



ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー


このエントリーをはてなブックマークに追加

農家の生活☆ 就農5年目日記15

日中の日差し、なかなかキツイですね。

ちょっと外に居ると熱中症になりそうな、基本インドア派の農家です。

そろそろ衣替えしないとな~。

と、これくらいのことを日々のんびり考えていますが、

「農家」の暮らしは果たして悠々自適なのでしょうか?


就農前のイメージは、

青空の下で生き生きと働き、冷暖房完備のオフィスでパソコンに向かっているよりはとっても健康的!!

でしたが、わたしの場合、実際にやってみると・・・・

その通りでした(笑)。


ただ、就農してから気付いたことですが、「農家」と一口に言っても規模もスタイルも様々なのですね。

農家じゃない人が傍から見ると、年金生活+のんびり農業の人も、バリバリ専業農家でそれで生計を立てている人も、

農業法人でお給料をもらいながら決まった時間内で働いている人もあまり区別がつきません(汗)。

「農家」の定義もピンキリで、たとえば農業者年金の加入要件は、年間60日以上農業に従事していればOKとなっています。

これだと仮に一日7時間みっちり作業したとしても、420時間です。

が、知っている若いメロン農家さんは目標達成のために年間4000時間ぐらい働きたい、と言っています。

わたしはせいぜい年間2000時間くらいかな・・。

というふうに、労働時間だけとってもかなりの差があります。

だから、結局は自分がやりたいようにできるってことですネ。


農業に限らず、生き方や働き方には人それぞれテーマがあると思いますが、

安定を求めて同じことを丁寧に繰り返すのをよしとする人、次々と新しいことにチャレンジする人、自分に厳しく辛いことも乗り越える忍耐を美学とする人・・・それによって仕事のスタンスも変わってきます。

わたしの場合は仕事も暮らしも自分も家族も「楽しく」「幸せ」などがテーマですから、それにのっとって行動しているわけですが、

自分にとって何が幸せか?というと、よいネギが作れるようになることなので、

そのためには管理作業は効率アップ<より丁寧にを心がけることになります。

一人黙々と単調な作業が続く時も、わたしにとっては至福の時間で、

あれこれ考え事をしたり、好きな落語を聞いたり、英会話の教材を聞いたり(まだしつこく諦めていない)、

結構楽しいんですよね。

基本的に一人が好きなので、孤独死するタイプだと思います。


これがもし、仕事=楽しくないもの・生活費を稼ぐためだけのもの、という考え方だと、

目の前の草取りも、耐えるだけのつまらない作業になるのかもしれません。

かなり昔に聞いた話ですが、FBのお友達のねぎ農家さんは、草をお金に見立てて、

「今日は5000万円とるぞ」などと妄想を膨らませながら草取りしてらっしゃるそうです。

楽しそうですネ。


そして・・・

わたしにとって意外で大きな副産物となったのは、

仕事を農業だけにしてから、「対人的なストレスが全くない」、ということです。

組織で働くと、一緒に仕事をする人を自分で選べる立場でない限りは、環境に大きく左右されてしまいます。

たまたま癖のある人と四六時中顔を合わせていなければならないと、

もうその人の言動に全てを支配されてしまうことになりかねない・・・。

わたしは特に、空気読めすぎる&無趣味で仕事とプライベートの切り替えが下手なタイプなので、

金曜日にちょっと嫌なことがあると、土日が全て憂鬱な気分で潰れてしまうことも。


農家でももちろん対人関係で悩まれている方もいるかもしれませんが、

わたしはもう好きなことしかしないし、好きな人としか付き合いません♪

(やっぱり孤独死するかもね)

作業自体はたまにバタバタするけど、精神的な悠々自適は手に入れられたかな、と思います。

心がければそういう働き方もできるのが農家です。



ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー


このエントリーをはてなブックマークに追加





プロの道具☆

桜満開ですね~♪

子どもの頃(30年前?)は4月10日くらいが満開だったような気がしますが・・

やはり桜はよいですね。


さてさて、「プロの道具」といっても・・・、

軍手の話ですが(汗)。


昔々、先輩ネギ農家さんに軍手の使い分けについて教えてもらって、

プロは軍手も用途によって使い分けてるのか~、とすっかり感心したことがあります。

それ以降わたしも色々な軍手を試してきて、今はこれに落ち着きました。


ドドーン。




左から

①掘り取り、根切り用  雨後などでねぎがドロドロになっていることが多いので、綿よりゴムのものです。

②皮むき用  皮むきをしながらねぎの表面の泥をさっと拭くので綿のものにしていますが、汚れて何度も取り換えるので、安くてたくさん入っているものを・・・  でもこのテの軍手って、指先にすぐ穴が空いてしまいますね。カ○ンズホームで売っているこれがわりと穴が空きにくいような気がするので、最近はこれ。

③結束用 結束テープを貼るときに指先までフィットしていているものが使いやすいので。

④機械使用用  トラクターとか管理機を使うとき、滑りにくいので。

あと、画像にはないけど防除のときはゴム手袋です。


ゴムの軍手は油断して暑いところ(軽トラのダッシュボードとか)に置きっぱなしにすると、溶けるときありますね(汗)。

あとは何度も洗濯するのでやっぱり穴が空きやすいし、手首のところのゴムが伸びて徐々にユルユルになってしまう。

一生ものの軍手欲しいなー。

もっとよいものがあれば教えてくださいm(_ _)m



はるちゃんの春休みも明日まで。

やれやれです(汗)。


休み中に完成させた作品。

0404 (1)

艦隊が段々大きくなってきました。


ひとつひとつはめっさ細かいデス。

0404 (2)



ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー


このエントリーをはてなブックマークに追加