黒腐菌核病と新しい作型。

収穫間近のおねぎです。

0331 (3)


昨年7月下旬に定植した春ねぎが、定植直後に雨が全く降らず、そのあと豪雨でどんどん亡くなってしまい・・・

ヤバイ、これは春に獲るねぎが全然ないかも、

ということで、8月も中盤を過ぎてから慌てて種まきしたネギですが、

その苗もうまくいかなかくて、植えようかやめようか迷った末に、10月中旬に定植し・・・

03311 (2)

4月に獲れるんじゃないかなぁ、と期待しながらも、

2月上旬頃にはあまり元気がなく、

03311 (1)

たぶん・・・おそらく・・・

と思っていましたが、この後、やっぱり発生しました。

黒腐菌核病(汗)。


この圃場は年内獲りや初夏ねぎしか作っていなかったので、黒ぐされが多発したことはなかったのですが、

ここ一年休ませて緑肥を播いておいたときに、エンバクがぜんぜん大きく育たない一角があり、

そこに何かの病原体が居そうだな、と思っていたので、出るべくして発生した、という感じです。


定植前に土壌消毒(被覆なし)をして、有用菌も入れて、11月にはアフェットフロアブルを散布して予防はしてあります。


で、2月中旬には黒ぐされの兆候で外葉が黄色っぽくなってきたので、掘り取ってみると、根のあたりにやはり黒いゴマのような粒が付着しているのが確認できました。

4月までに、このままどんどん病気が広がると、もしや全滅!?の危機デス(涙)。


黒ぐされは治療薬はないので、発生後の薬剤散布では手遅れ、とされていますが、

菌核発生後もアフェットフロアブルを撒いて、最終土寄せ時にはモンガリット粒剤を入れてみました。


すると・・

発生株から遠いところは無事。

0331 (4)


最初に発生したあたりは、見るからに黒ぐされですが(汗)

0331 (5)


この大きくなれなかったネギを掘り取ってみると、

03314.jpg

やはり根が張ってないので簡単に抜けますが、一旦病気が発生した後に、自力で治りつつある感じですね。

皮を剥いてみて根元が綺麗ならA品(二級品)で出せるかも。


このネギよりすぐ近くの大きくなったネギは全然問題ありません。

0331 (2)


軟白も十分なので、今週末から掘りとりできそうです。

0331 (8)


黒腐については、発生後も薬剤で一時的に勢いをおさえることで、

その間にネギが成長すると、ネギのほうが病気に勝つのではないかと思います。

ただ、ちょうどそのタイミングで長雨が続いたりするとあっという間に病気のほうが広がったりする場合もあるかもしれませんが・・。

そして、この作型では夏越をしていないので、株が疲れておらず、7・8月定植の春ねぎより元気があり、菌核に勝ったのかも。

毎年春ねぎは根がものすごーくしっかり張っていて掘りとりも大変なのですが、このねぎは秋獲りのような感じです。

品種は羽緑、ボウズはまだ一本も出ていません。

太さも十分あるので(これは苗がスカスカだったから、というのも大いに関係あり、汗)、今年は2・3月獲りを梅雨明けに定植したら、暑い時期を避けて、次の4月獲りは10月定植にしてみたいと思います。

ただ、大きな課題がひとつ・・・

暑い時期の苗作りが難しいこと(汗)。




春休み、まだまだ続くので、はるちゃんにチャーハン作りを指南中。

初めて一人で作ったときは、若干おコゲっぽい感じ?

0331 (7)


最近はだんだん上手になってきました☆

0331 (9)


一年後は、わたしが畑仕事から帰ってきたら、お昼ご飯が準備されている予定♪

0331 (1)


ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー


小学生のSWOT分析。

ここのところ、「見えない敵」と戦う日々が続いております。

背中に悲壮感を漂わせて、目にはいっぱいの涙をため、
どうにかこらえようとするものの、止まらないくしゃみ。

今日も花粉と戦って、あっさり負けて帰ってきました(涙)。


予告通り「疑ってかかろう。」のお題だと何故かだんだん暗い話になってしまうので、やっぱりやめて・・・

突然ですが、「経営理念」について。(ちょっとお堅いですが、汗)

経営理念と聞くと、会社とか組織が従業員の行動指針としたり、対外的な株主やお客様のために掲げているもの、とうイメージがありましたが、個人にも十分あてはまることがわかりました。

農家でいうと、そもそも何のために農業をしているか、ということが経営理念になるのですが、ここがはっきりしていると・・・、圃場に出ても判断に迷わない!

というわけで、マネージメント講座で経営理念を作ってからというもの、わたくしかかちゃんは、パワーアップして、反収6tも遠い夢ではないと本気で思ってます♪♪

従業員がいなくても、自分のための経営理念を作っちゃいましたが、逆にそのほうが、人に見せない分かっこつけなくてもよいので、本当に自分の心の趣くままに設定できるかも(汗)。

講座では、経営理念を導き出す入口として、自分の大事にしている価値観は何かを探る、ということをしました。

たくさんある言葉(正義・忍耐・親切など・・)の中から、しっくりくるキーワードを選び、5つくらいに絞りこんでいく、という作業です。


わたしの場合は・・・

健全 貢献 信用 思いやり 実践

の順になりました☆

一番目の「健全」には仕事と生活のバランスがとれていて、情緒・経済・健康面の3つが安定している状態、という意味が含まれているので、そういうテーマで経営理念を設定すると、その状態になるために、数値的な目標(ビジョン)を立て→現状の課題を洗い出し→実現するための手立てを考える、というふうにどんどん具体的な計画ができあがってきます。

で、このやり方が組織でなくとも自分の経営にあてはまったということは、個人でも使えるかも?

事業の経営理念をプライベートでは価値観や人生観に置き換えると、人生設計にも使えそうなので、経営者と名なのつかない会社員や主婦にもできるかも? 

未来のことを設計するのなら、もしや子どもの将来設計にもそのまま使えるかも??


というわけで、はるちゃんで試してみました♪

はるちゃんの選んだ
○価値観キーワード
喜び 平和 実践 責任感 努力 感謝

将来なりたいもは、「設計士」(ものづくり、乗り物が好きだから)なので、
○経営理念としては
作る自分と使うみんなが喜べる、平和な世界を創世するためのものづくりを・・・的なことになるのでしょうか・・。

○25歳のビジョン(只今10歳)
船や飛行機の設計士になっている
(これは大手に入社しなければ、汗)

そこから逆算していくと、どの時期に何をしなければいけないか、がだいたいわかってくるのですが、現状を分析して、目標達成のための対策を考えるために、かの有名な?(わたしは講座で聞くまで知らなかったケド、汗)SWOT分析を使います。


SWOT分析では、自分の「強み」「弱み」、自分をとりまく外部の環境の「機会」「脅威」を挙げていって、強みを活かし、弱みは克服し、機会をとらえ、脅威は回避(またはそれに耐え得るシステムをつくる)するよう対策を考えます。

※SWOT分析の仕方について、正確にお知りになりたい方は他の専門サイトをご覧くださいませ(^^;)


はるちゃんの

○SWOT分析

強み・・・モノづくりが好きで、手先が器用

弱み・・・国語力(人に喜んで使ってもらうためには、作ったものについて文章や言葉でわかりやすく解説する必要がある)

機会・・・身近にモデルがたくさんいる(身内に設計関係者がいるため、具体的な話を聞けて、自分はどんな設計士になりたいかをイメージしやすい)

脅威・・・将来は設計の仕事もロボットがするようになるかも(?)


これは一部ですが、他にもできるだけたくさん挙げて、対策を考えると、小学生のうちにやっておきたいこと(船の科学館に行きたい、ウォーターライン(プラモデル)シリーズ制覇とか・・)、今すぐできること(読書、授業中にたくさん手を挙げて発表する、体力をつける、とか)がみつかります。だから、春休みも毎日やりたいことが山ほどあるので、放っておいてもゲームやテレビでだらだらと時間を過ごすことはなく、せっせと利益を生むことに取り組んでいらっしゃいます。

子どもにも効果テキメン!


しかしこれって・・・、はるちゃんの場合は自分の経営理念を作って自分のためにやっているけど・・・、

もしもわたしの経営理念で人が動いて利益を生んでくれるのが企業だとするとどうなりますか。

人のつくった経営理念に沿って働いて、やりがいはあるのかなぁ。


いろいろと考えだすときりがないのですが、眠いのでおしまい。





ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー


新規就農者同士の付き合い方。 就農5年目日記14

農業にまつわるあれやこれや、就農してから「思ってたんと違う・・」ということが多々ありました。

しかし、就農した後に既に参入している新規就農者から聞く話にも思い込みがいろいろとあるような気がしてならない今日この頃です。

せっかく就農しても定着できなければ、高い勉強代を払っちゃったね、で終わってしまうのはあまりにも残念です。


最初に断っておきますが。。。(袋叩き回避のため、汗)

ここからはわたしの個人的な考えで、一般的にこうだ、ということではありませんのであしからず。


新規就農者が停滞してしまうのは、

「新規就農者同士で固まる」のが大きな原因のひとつではないか、と思います。


自分にも身に覚えがありますが・・・

仲間同士で集まると、照れもあってつい、

わたしなんて全然だめだよ~、こないだもこんな失敗をしてね・・・とうような話をお互いに披露し合ってしまうので、

やっぱりそうだよね、そういうこともあるよね、仕方ないよね、

と、自分と同等あるいは更に下の人を見て、ちょっと安心して帰る、というパターン。


もしこんな愚痴の言い合い・聞き合いを頻繁に繰り返しているとしたら、時間の無駄ですよね。

しかも、会う間隔が短ければ短いほど、そのたびに同じような話を繰り返してしまっています(年のせいもあり、汗)。

こういうのって会社帰りのサラリーマンだけの習性かと思っていましたが、

個人事業主でも同じなんだ、ということに最近気付きました。

そいうえば、ママ友同士でもご近所さん同士でも、どこにでもこういう関係ってありますね。

この種の集まりには、傍から見るとわたしの最も恐れている「負のオーラ」が出まくっていることに、

自分がその中にいると案外気付かないものデス。


同期や同級生、自分と同じような境遇・立場の人たちとは、普段は距離をおいて遠くから眺め、

みんな頑張ってるな~、と密かに思うくらいにしておいて、

3年にいっぺんくらい近況報告をし合うと、刺激的でよい関係が続けられるんじゃないでしょうかね。


では、先輩農家さんたちとの交流はどうか、といいますと・・・

基本は先輩の技は「見て盗む」だと思っていますが(昭和生まれだもんで、スミマセン)、

直接話す機会があればラッキーなので、そういうときは、とにかく「聞く」に徹するのがお得だと気付きました。

途中でいらぬ口を挟むと、話の腰を折ってしまうので。

これ、自分が逆の立場になったときに、「うちではこういしていますよ」という話をしていて、

「僕のところではこういう状況なので、それは無理なんです」とか言われてしまうと、

「あ、そうなんだ」と、それ以上何も話せなくなってしまいます。

とりあえず全部話を聞いておいて、後で自分のところでも取り入れられそうなところを参考にすればよいのです。

それに、そのときはピンとこなかった話も、後々になって、「あれはこういうことだったんだっ☆」と、合点がいくこともしばしば。

なので、よくわからない話もわかったようなふりをして聞いておくこと。


先輩と話をすると勉強になるのはもちろんですが、

後輩(わたしはペーペーなのでその機会は今のところほぼありませんが、汗)と話をするのもいいですね。

人に「教える」のっていちばん勉強になります(汗)。


先輩⇔後輩で交流するとこのようにためになりますが、

ベテラン同士が集まっても、これが不思議とあまりよい方向に進まないのは何故でしょう。

活気のある長老の寄り合いってあまり聞いたことないですよね・・?


では、同じ立場の人たち<違う立場の人たち との交流を積極的にすればよいか、というと、

それがそうでもなくって、

いちばんしないといけないのは・・・

「自分と向き合う」ことでした(汗)


これ、一番難しくないですか?(私だけ??)


人のとこにたまに視察に行くのも大変勉強になりますが、

自分の圃場に頻繁に足を運ばなくては。。


どうも人のことが気になって、ついつい、行政が、JAが、あの人がどーだとか、グダグダ言ってしまいますが、

以前、心ある先輩にビシリと言われました

「人のことより、まず自分のこと。」


厳しくもあり、優しくもあるお言葉です(涙)。



今日は違うタイトルで書き始めたのに、途中から全然違う話になってしまいました・・・

次回予告

「疑ってかかろう。」(笑)




ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー


このエントリーをはてなブックマークに追加



春なので。

近頃は春らしい陽気で、ザーッと雨が降ったら晴れ、

の繰り返しで草がどんどん生えてくる前に、あちこち耕したり除草剤を散布したり・・・

また今年も草と戦う季節がやってきました。

しかし、年々前倒しで除草を始めているので、数年前と比べてそんなに大変ではありません(汗)。

来年は「雨水」過ぎたら除草開始、でもうちょっと早めてみようかな・・。


除草にプラスして、この地域一帯では4月の第一週が自治会の「どぶさらいの日」と決まっていて、

一斉作業の日までに個人の場所は終わらせておく、という風習があります・・・

なので、数か所畑を借りている我が家は、3月に入ったら毎週末ちょっとずつどぶさらいに励んでおります。



今日はここ。

ビフォア

0320 (2)



アフター

0320 (3)

土手の草も刈ってみましたが、あまり変わってない??


まあ、まだ草刈り機を登場させるほどでもないのですが、

「ちゃんとやってあります」とアピールすることが大事なのデス・・・。

あと3か所あるのでまた来週頑張ります。



それから、春のお彼岸の風物詩に昨年から加わったのが、

エビイモの種イモ植えつけ。


昨年の反省を活かして、今年は春休み満喫中のはる専務にお手伝いしてもらい、サクッと半日で終了♪

0320 (1)

でも、ハウス内で作業したので、わたしは半熱中症になりました(汗)。

25度で熱中症になる農家って・・・。


ポットを並べたら、乾燥防止に上からこのとき(雨がないので。)につくったミステリーサークルのエンバクを並べてビニールシートで覆って、保温&保湿完了!

0320 (5)

JAさんの指導で昨年は保湿&保温のためにハウスの土の表面を削って5cmほど床面を低くしてそこにポットを並べましたが、今年は手抜きしてそのまま並べました。

これが仇となるか、なんだ、このままでもいけるじゃん、となるか・・・

定植はGW頃の予定。



はるちゃんは買いたいものがあるので積極的にお手伝いしてくれます。

春休みなので、じっくりプラモデルに取り組みたいそうで・・。

0320 (4)

H28年度もインドア派で邁進します。





ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー


管理機、行き倒れる。

昨夜帰ってくるときに、財布がないけど、家に忘れてる?

と、ととちゃんから確認の電話がかかってきました。

財布は無事家にあったのだけど、買いたいものがあったのに買えなかったそうで・・・。

今日何やらたくさん買い込んできたから期待したけど、てっきり買ってくるであろうと思っていたものがありませんでした。

「ホワイトデー」の品っ(怒)!

で、今慌てて買いに行きました。(べつに今すぐなんか買いに行ってこいって、強要してないですヨ)



6年目のクボタのねぎ管理機が、とうとうウンともスンともいわなくなってしまいました・・。

これまで何度も不調を乗り越え、ととちゃんがメンテナンスしてだましだまし使っていましたが、

土寄せ中に完全ストップ。


0315 (2)

これが畑で見る最後の姿かも(涙)。


今朝ヤンマーのお兄さんに見に来てもらいましたが、修理するならエンジンごと交換する必要があり、

6~7万くらいかかると思うけど、修理をおすすめはしない、とのこと。

ま、新しいのを買ってもらいたい、というのもあるでしょうが、エンジンだけ新しくしたところで、他にもいろいろガタがきているでしょうからねー・・・・・・寿命かな?(悲)


ところで、クボタが行き倒れたので、残りの土寄せはこのとき→管理機で困った。にも使った小さい管理機を久しぶりに出動させました。

土が前に飛びすぎる、とボヤいていたところ、羽の部分をもう一段前へずらせるよ、とブログを見てくださった方から教えてもらったので、やってみた。

19287.png

たぶんこの部分を調節するのだと思うけど・・・・・

前よりは断然マシになったけど、それでもまだ前に土が飛びます。


他にも調節できるところがあるのかも・・・(汗)。

0315 (3)

0315 (1)





このこともヤンマーさんに聞いたら、大きめの爪をつけている場合は、通常より土が多く飛んでしまうそうで・・・他のお客さんは前面にゴムを足したり、プラスチックの板のようなものを取り付けたりして使っているそうです(汗)。 


さて、ととちゃんは何買ってきてくれるでしょうね~~?


ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー


経営改革計画発表会。

今年もはるちゃんはインフルエンザの学級閉鎖でまさかの3連休中(本人はめっさ元気)。

既に春休み気分ですが・・・

わたしは予定があったので、お弁当を作り、お留守番をお願いしていそいそとお出かけ。


行き先は・・・

掛川グランドホテル。

0309 (1)

このとき→(マネージメント講座のこと)にふらりと参加してしまった、県主催の講座の最終回、経営改革計画の発表会です。

0309 (2)

来賓も多数で、結構ものものしい雰囲気(汗)。


結論からいうと・・・

この日の会は大盛況で、一年近く通して受けた講座内容もすごーくすごくためになりました!!


まあ、わたしの発表内容はというと、このためだけに特別考えたものではなくて、

いつもこのブログで書いているような、ワークライフバランスを整えるとか、幸福度アップとか、

圃場のねぎの本数・生存率を把握する、等々のことですが、発表のためにデータを整理したりするのは楽しかった~♪

数字を出すだけで不思議と、そこから自分が次にどういう行動をとればよいのかがはっきりわかるようになりました。

目標とする売上なんかの数値は他の受講生と桁が違うんですけど・・(汗)。


唯一褒められたのは、この講座の皆勤賞はわたくし一人だけだったそうです☆

果たしてこれは喜んでよい事なのか・・・やはり暇なのはわたしだけ??


実は、初回の講座のときに講師の方から、

皆さんはこれから「経営」というものについて考える時間を作ってください

だから、目の前の仕事が忙しくても、月に一度のこの講座には時間をやりくりしてなるべく参加してください

というお話があったので、そのときから絶対に休まず出席しよう、と決めていたのでした。


しかし蓋を開けてみると・・・

レベルが高くてわたしにはちと難しい(ワークシートに沿ってSWOT分析とかして経営理念とか全体戦略とか考えるやつ、汗)。

しかも講座の最終回はパワーポイントを使って、経営計画について受講生全員が発表することになっているので、

いったいどんな内容にしたものかと、途中までかなり悩んでいたのですが・・・

講座の後半で農業法人さんを視察させてもらう回があり、そこの経営者の方の具体的なお話を聞いて、

やっと座学でやってきたことの意味がわかって、ワークシートを一から全て真面目にやりなおしました(汗)。


そして、この講座のすごいところは、県の職員さんが受講生一人一人にマンツーマンでついてくれることなのデス。

人に話すことによって自分の考えがまとまってきますから、

それを根気よくヒアリングして引き出してくださるんですよねー。

というわけで、わたしは毎回ほぼ一人で好き勝手に喋り倒してました、

聞く人のほうが大変ですよね、きっと・・汗。


で、何とか発表まで漕ぎつけてめでたしめでたしでした、とさ。


全員の発表終了後の先生からの講評。

みなさん素晴らしい計画を立てられましたが、

計画を立てただけでやりきった気持ちになってしまうことがよくあります。

今後その計画を行動にうつすことや、定期的に見直すことのほうが重要です、

今日がそのスタートですよ。



・・・・・がんばりますっ。



ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー


このエントリーをはてなブックマークに追加

出荷先について。 就農5年目日記13

今日から3月! 春ネギも出荷開始してまーす♪

でも、めっさ寒い一日でしたね(汗)。


3月の第一週目は初物の春野菜が市場で出回り、必ずいつもより高値がつくので、年末や初夏ネギ゙の出始めと同じくたくさん出荷したい時期です。だから、出荷を頑張ります。

こういうときは直売よりJAに持って行ったほうが量もさばけるし、自分で直接市場に持ち込むよりJAのほうが高く売れますから、

やっぱりJA出荷かな!?


就農する前後はJA出荷=手数料が高い・儲からない、などの先入観がありました。

何故かそういう風評被害的な噂がJAにはいつもつきまとっているんですよネ。

確かに販売手数料はとられます。だけど実情は・・、経団連(?)分も併せて売上の3%だけなのです。

他にも売上から運賃や市場手数料などが差し引かれていますが、これは個人で出荷しても支払わなければならないものです。

たった3%の手数料で複数の販売先と交渉をして、都会の市場で出荷物を全てさばいてくれて、代金まで回収してくれるのですから安いものですね。

そのぶん資材などで利益を上げているのでしょうから、「サービスを買う」のと同様、JA商品は割高でも買ってよいと思っています。



JA出荷では利益が出ない、と言っている人は、たぶんJA出荷していない方たち・・・。

していない人はJAの出荷規格に合わせることについて、強く抵抗があるみたいです。

確かに、軟白部分がちょっとボケているからって、品質には全く影響ないのは確かですが、

出荷している人は、もちろん得があると思うからしているわけで・・・。


ご近所の方の例ですが、市場関係者に知り合いがいて、

JAなんかに出荷したら箱代も出ない、と言われたそうで、そのお知り合いを通じて市場出荷されています。

コンテナ出荷、結束やサイズ選別なしで、1000円/5kg。

これを高いと思うか、安いと思うかは人それぞれですね(^^;)


うちは現在のところほぼほぼ全量JA出荷です。

それ以外は・・・

①JA
②浜松市場
③ファーマーズマーケット

(といってもこのうち98%くらいは①かな、汗)


この3つの出荷先の共通点は、自分のタイミングで好きなだけ出荷できる、ということです。

時々仲卸業をされている方から、うちに出荷しませんか、とお声をかけていただくことがあるのですが・・・

納期があるところに出荷するとなると、やはり人出が必要かな、と思うので、丁重にお断りしています。

一人でやっているので、管理作業を優先させるべきときに出荷の約束があるとそちらを最優先→管理が遅れるからです。


それから、新規就農者が必ずやりたくなるのがネット直販(焦)。

わたしもやってみましたが、これは勉強になりました。

値段や配送方法の決定、出荷資材・ノベルティの準備等々・・・

全て一通り自分でやってみると、JAのシステムがいかに凄いかがわかります(笑)。

保存のきくお米や加工品なら個人でも直販しやすいと思いますが。


今のところ自分で販売先を開拓せずとも、作ったものを全量買い取ってもらえるところがある、というのは非常に恵まれた環境ですね。

というか、新規就農時には、まずそういう作物を選ぶのが大事なのかもしれません。

作るのと売るのとは別分野ですから、とりあえず作るほうに専念できる、というのはありがたいです。

わたしの場合は、そこまで考えてネギを選んだのではなく、たまたまでした・・・っ(汗)。



ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー


このエントリーをはてなブックマークに追加