竜洋町史~地質編~

先日は何故かこの地域の名前について長々と書いてしまいましたが・・

本当に知りたかったのは地質!

竜洋町史を読めば、このあたりの畑の成り立ちがわかるかな、と思って。


現在、自宅&お借りしているいくつかの畑は、遠州灘より約3km北・天竜川より約2km東に位置します。

天竜川は古くから「暴れ天竜」として知られるように、過去に何度も氾濫を起こしています。

河口に近いこの場所はもちろん扇状地で、堆積物からなる沖積層であることはもちろん想定内でしたが・・・

なんと、時期によっては、天竜川は今の竜洋町の東をはしったり、西をはしったりしていたみたいデス。(どんだけ暴れたんでしょう)

なので、このあたりは川底だったこともあったのですね。


さて、その元川底の地質ですが、

長野県の諏訪湖から5000km、山岳地帯を貫通して、

沿岸部には大量の砂礫がもたらされてきました。

その結果、竜洋地区の現在の状態は、

「下位の砂礫層と上位の砂礫層の間に、上流側に向けて粘土・砂・シルトの互層が楔形に分布している」

そうですが・・・ちょっと、なんのこっちゃ?ですね。


粘土と砂はわかるけど、「シルト」って何だろう、と思ったら、

砂より小さくて粘土より粗い砕屑物(さいせつぶつ)のことだそうです。

そう言われてみたら、砂みたいに水はけがよくなくって、粘土ほど固く表面に水が浮いてくるわけでもないんだけど、干潟のように一旦水を含むとしばらく湿ったままで、乾くとカッチカチに固まるとこが・・・たくさんあります。あれは「シルト」なのかも。

粘土と砂って対極のものだと思っていたのですが、仲間だったんですね。


で、楔(くさび)形に分布してるって・・・

そもそも楔とは・・・組んだ木と木の隙間を埋める「ほぞ継ぎ」とかで使うような先になるほど細くなっている杭みたいなものらしい。

だから楔型というと、ドアのストッパーみたいな形なのかな。

楔型に分布って・・・要は、粘土・シルト・砂の層が複雑に堆積しているってことでしょうね(汗)。


うーん、なるほど・・・。


うちが借りているいくつかの畑全て、同じ畑の中なのに砂っぽいところと、粘土質っぽいところがあって、地質がバラバラなのです。

粘土質のところは根が張りにくく、ねぎの成長が悪いです。

保肥力も場所によって違うので同じように施肥しても生育にムラが・・・。

おそらく水はけの悪いところから軟腐病が発生し、砂質のところから黒腐菌核病が発生しているような気が・・・。

いくつか土質が混ざりあってるのは、畑地を造成するために昔の人たちがいろんなところから土を寄せ集めてきたのかも、と思っていましたが、自然にできた地層だったのですね。


これで合点がいきました♪

・・・けど、

どうやって改良すればよいのだ?



ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー


このエントリーをはてなブックマークに追加

竜洋町史をひもとく。

竜洋町史をひもとく・・・。

と、かっこよく言ってみたけど、図書館でこの本借りてきただけ。



この土地の地質とか気候とか町のおこりとか調べてみたら、

現代のいろいろなことと繋がって面白いかな、と思って。


そう、ブラタモリの影響です(笑)。


「竜洋町」といっても、既に磐田市に吸収合併統合されてしまっているので、

今ではその名前は使われていません。

わたしはここに住む前に、「竜洋町」なんてもちろん知りませんでした。

しかも、引っ越したその年に平成の大合併で磐田市になっていたので、

引っ越しのとき、カーナビで「磐田市岡」を探しても出なくて焦りました。

直前まで「磐田郡竜洋町岡」だったとは、知らなんだ。

ダーツの旅で当たりそうな(本当に一回当たりました)マイナー地名ですね。


大合併を経験された地区の方はみなさんおわかりかと思いますが、

静岡県西部地区で「どこに住んでるの?」って聞かれたら、未だに「竜洋です」と答えます。

「磐田です」って言うと、なんか嘘ついてるみたいな気がして・・・。


どこに住んでるの?

  ― 山口市です。

山口のどのへん?

  ― 新山口駅の近くです。

なんだ、小郡やんけ。


というような展開になるのと同じです(一部の地域の方にしかわかりませんか、汗)。


・・つい脱線してしまいましたが、この竜洋町史を開いてみますと・・・・、

弥生時代から始まってた(汗)。

最近になって、天竜川の河川敷で、釣り人が偶然弥生式土器を発見したそうな(ホンマかいな)。

だから、1800年前からこのあたりに人が住んでいたことになります。

その後(大きくとびますが、汗)、中央集権制になったときに静岡は伊豆国・駿河国・遠江国に分けられて、

ここ西部地区は遠江(とおとうみ)国になりました。

ちなみにこの「遠江」は浜名湖を指すらしい。

都から近い湖(琵琶湖)が「近江」で、都から遠いこちらは「遠江」。

この本ためになるなー。

この頃遠江はいくつかの郡に分けられ、その中に既に磐田郡という名前が存在していたみたいですね。


さて、我らが「岡」村は、17世紀に登場し、現在の岡とほぼ同じ区域を指しています。

当時の記録で40余戸となっているけど、

分家でどんどん世帯が増えていったのと、我々のように他所から入ってきた人が少々とで、

今は400世帯くらいあるはずです。

近所のオジサンが「ここはワシで4代目じゃ」と言っていましたが、4代目が今70歳ということは、

150年前くらいに分家したんでしょうかね。


その後バラバラだった村(今の岡・西平松・海老島等々の地区)が統合され、「袖浦(そでうら)村」となったので、

竜洋東地区は今でも袖浦地区という呼び方をすることがあります。

昭和30年代に竜洋町となり、平成17年に磐田市になったので、

竜洋町としての歴史は50年だけだったらしい。


長くなったので、今日は地域名の変遷だけで終わり(汗)。



磐田市は昨年が合併10周年。

目ぼしいイベントとしては・・・・、

NHKのど自慢と出張なんでも鑑定団が磐田にやってきたっ!!

(もうちょっと文化的な行事が話題になってほしい気がしますが、その2つしか知らない、汗。)


この10周年記念でわたしたち市民にとっていちばん影響が大きかったのは、

お昼と夕方の時報チャイムが「ふるさと いわた」という、ゆる~い昭和感満載の市歌に変わったことデス。

最近やっと慣れてきたかな・・・。

(でも、何故か朝7時はチャイムのまま。)



ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー

雇用について その2 就農5年目日記12

前回の「パートさんがあまり来てくれない問題」の続き。

ねぎの皮むきや選果は単純な作業のようで工程が多く、一日に何百本も処理すると、根切りひとつとってもやり方や人によって時間にかなり差が出ます。

常に改善しながら、より早く正確にやろう、という心掛けも大事です。
・・が、やっぱりたくさんやって慣れることが一番かな。

うちに来てもらうパートさんには、根切り~箱詰めまで一人で完結してできるように、と最初は思っていたのですが、いかんせん出勤してもらえる日が飛びとびなので、サイズ選別しながら結束→箱詰めのところは難しいかな、ということで、根切りと皮剥きだけをお願いすることにしました。

皮剥きの工程に一番時間がかかるので、皮剥きをしている人がなるべく動かなくてよいように、もう一人が残渣の袋を取り換えたりコモをたたんだり、という動きをするわけですが、今となってはパートさんとの息はピッタリです。ととちゃんとやるより上手くいくかも(笑)。

でも、ここまでになるにはやはり時間がかかりました。

最初は皮剥きもなかなか早くならないので、これで時給を払うと赤字になっちゃうよ、というレベルでしたし、予定とちょっとでも違うことには全く対応してもらえないので、もう無理に来てもらわなくてもいいか、と考えたこともありました。

なので、パートさんがあまり来てくれないんです~(涙)
と、先輩農家さんにも愚痴グチ言ったら、

それは信頼関係を築くことが大事だよ、相手にも都合があるからこちらの見通しはなるべく早く伝えておくべきだし、とにかく十分にコミュニケーションをとること。

と、教えてもらいました。

それからは、休憩をとるときに(3時間のうち途中の10~15分)お菓子を交換して、他愛もないことでもよいのでおしゃべりすること。特に相手の話(主に子供さんのことをはじめとする家庭のこと)を聞くことを心がけることに。

わたくし、コミュニケーション能力が極端に低く、勤めているときはこういうことが苦手で、お昼休みは公園のベンチで一人お弁当を食べて、ゆるりと読書なぞしていたタイプなので、これって結構頑張らないとできないことだったんです(汗)。

でも、そのおかげでパートさんのキャラを理解し、どういうふうに仕事をお願いすればよいかわかってきました。いつも相手の身になって考えると、わりとうまくいくみたいです。


ひとつ面白いのは、パートさんに選果してもらうと(皮剥きのときに正品とA品の二種類に仕分ける)、自分がやるときよりA品(二級品)率が高くなります。

ほんのちょっとの曲がりや色ボケでも、手厳しくA品に落とされてしまいますから(笑)。

これが身内に手伝いに来てもらうと、「二度手間になるからそっちでちゃんと落としてよ~」、というくらいアウトのやつがたくさん正品のほうに入っています。

同じことをやっても目的が違うのでこんな差が出るのですね。

やはり同族経営は腐敗しやすいから、他人の目が入るのはよいことかも~(汗)。

ま、誰がどう見ても正品、というネギをわたしが作れば、そもそもこんな問題は発生しないのですが。


せっかくご縁があって来てもらったパートさんなので、今後もずっと気持よく働いてもらえるよう頑張りマス。




ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー


雇用について その1 就農5年目日記11

かれこれ2年近く前から、選果のパートさんが一名来てくださっています。

2年前のわたしは拡大路線だったので、これからまだまだたくさん作って、どんどん出荷するぞ~!!
というわけで、ママ友によい方を紹介してもらいました。

下のお子さんがまだ幼稚園生なので、仕事は午前中の3時間のみ、夏休みなどの長期休暇はお休み、という条件で。

まあ、夏は出荷がないし、遅れがちだった出荷もこれで一気に挽回できるぞ~♪

と思いきや、蓋を開けてみると・・・

何と、月にたったの5~6日しか来てくれない(汗)。

すっかりあてが外れてしまい、ガッカリです。

だいたい専業主婦にいったいどんな用事があるのかが謎、しかもお願いしているのは午前中だけだから、用があるにしても午後にすませればいいんじゃないの?

と不思議に思っていましたが、これはあとになって判明したことですが、午後に用事があるときもお休みしたいそうです。

理由は、「午前も午後も用があると疲れるから」。


仕方ないので、午後に来てくれる人も探してみましたが、これがなかなか・・・。

まず、女の人というのは、職場でも自分より年下の女子の言うことは聞きたがりませんから(男子なら年下でもOK)、自分と同年代か下の人を、となると、ちょうど子育て世代なので午後は難しい場合が多い。

来てもいいよ、という人は何人かいましたが、お友達3人で一緒に行ってもいいですか?、マニキュアはOKですか、好きな時に休めますか、とか、自分の都合ばっかり主張されると、すぐに辞められちゃいそうだし、お金を払ってまで来てもらいたくないわなー、という感じであります。



よく、経営者側の悩みとして、よい人材がなかなか集まらない、とか、せっかく来てくれても定着しない、と聞いたことがあるけど、ちょっとだけわかった気が・・・。

主婦のパートには生活がかかっていないから、都合のよいときに気晴らしで働きたいだけなのですね。

わたしは逆に、生活がかかっていないぶん、パートさんは仕事があったりなかったりでもよいはずなので、こちらの忙しいときだけたくさん来てもらって、仕事がなければ休んでもらえばいいや、と自分に都合よく考えていました。

雇い主というのはもっと自分の思い通りになるものだと勘違いしていたのです。
経営者って弱い立場なんですね(汗)。



パートをしていた頃の自分に置き換えてみると、ウーン・・・

でも、基本的には「働かせてもらう」というスタンスでやっていましたし、経営者の意向に沿うように、時給以上のアウトプットは必ず出そうと思って、結構真面目にやっていたつもり。

・・・・でも・・・、全部途中で辞めちゃいましたね(汗)。

いくら仕事を覚えてもらっても、辞められてしまうと元も子もありませんね。


だいたい時給を払って選果してもらってちゃんと利益が出るのか、という問題もあります。
なので、とりあえずはパートさんの数を増やすのは諦めて、一人の人に長く続けてもらうことをテーマにしてみようじゃないか、と方向転換しました。


長くなりそうなので次回につづく。



本日は祝日につき、はるちゃん主催で卓球大会を開催。

DSCN7355_convert_20160211192434.jpg


総当たり戦で、優勝は大人げないととちゃん。

DSCN7373_convert_20160211192536.jpg

主催者より優勝者への景品は・・・

DSCN7370_convert_20160211192505.jpg

ミニ卓球セットでした♪



ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー



真空切り!

昨日の鉄腕DASHでねぎの切り方についてすんごい情報を仕入れたので受け売りで発表します☆

といっても、何かしながらチラチラ見てただけなので、正確な情報ではないかもしれませんが・・・。


紹介されていたのはねぎの「真空切り」。

お蕎麦屋さんで江戸時代から使われていた方法だそうで。


ねぎをまな板の上ではなく、手で持って空中で切り落とすと・・



辛みや匂いが強くなりすぎず、シャキシャキとした歯ごたえが残るそうです。


まな板の上で切ると・・・、

DSCN7335_convert_20160208201500.jpg

ねぎの細胞を潰してしまい、その際に辛み・匂い成分であるアリシンが放出されて、

ねぎの味が強くなりすぎて蕎麦の邪魔をしてしまう、とのこと。


ということは、真空切りならねぎを切っていて涙が出る、ということもないのかもしれませんね。


鉄腕DASHで紹介されていたのはラーメン用のねぎの小口切りでしたので、

器に直接切り落としたねぎに熱いスープを加えて30秒待つと、更に辛みが少しおさえられ、

歯ごたえも残って、ラーメンにちょうどよい食感になる、ということでした。

DSCN7338_convert_20160208201532.jpg

加熱することにより、熱に弱いアリシンが溶けて辛みがなくなり、ねぎに元々備わっている甘み成分が際立つそうです。


火を通すとねぎが甘くなることは知ってたけど、切り方でこんなに違うとは。

実際に真空切りと普通にまな板で切った同じねぎを食べ比べると、辛みが全然違いました。

辛いほうがよい場合もあるし、料理や気分によって使い分けたいですね~。


以上、蕎麦を愛する江戸っ子発祥の技「真空切り」でした。


あー、美味しい蕎麦食べたい!

ねぎだけはたくさんあるんだけど・・。


ザ!鉄腕!DASH!! HP  世界一うまいラーメンつくれるか!?



ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー

雨がないので。

4月に獲りたいねぎの土寄せ。



なんだか元気ないんですよねー。

雨が少ないから肥料を吸えないでいるのでしょうか・・。

あと10cm伸ばさないといけません、

これからは暖かくなる一方。雨も増えるはずなのでイケルと思うのですが・・・。


4月獲りのねぎはこれまで8月に定植していましたが、

梅雨明け以降お盆までほとんど雨が降らないor降るとゲリラ豪雨になることが多いので、

その時期のチェーンポットやセル苗の定植は避けたほうがよいのでは、という気がします。


昨年7月下旬に定植した苗が高温&極度な乾燥で活着しなかったところへ

今度は多雨でほとんどダメになってしまったので、

春ネギ全然ないの寂しい~~(涙)、と、

8月中旬に慌てて播種し、10月中旬に定植したのが今回4月獲りにしようと思っているネギです。

(9月上旬の長雨のときに立ち枯れを出してしまい、よい苗にならなかったのですが、汗)


この作型がうまくいけば、来年からは7月中旬の梅雨明け時に年明け獲りの冬ネギを定植し、

次は10月に春ネギを定植、というふうにしてみようと思っているのですが、さて、どうなるでしょう。


ねぎ畑ののほうには少し雨が降ってほしいところですが、

この先また一週間雨がない予報なので・・・

DSCN7288_convert_20160206195236.jpg

稲ワラのかわりに使えないかと思って、エンバクを刈り取ってみました。

いつかテレビで見たけど、高知県でかつおのタタキを作るのに必要な長ーいワラは、

天日干しの文化がまだ多く残っている長野県からわざわざお取り寄せしているらしいです。

あると何かと便利なワラですが、お米を作っていないので・・これで代用できるかな?


近隣の田んぼではワラの端を片方だけ束ねて菅笠のような形に立てて置き、

乾燥させているのを見かけますが、そんな技術もないので、

とりあえず刈り取ってそのまま倒しておいたけど、乾燥するかなー。


風で飛んでいかないように、畑の端ではなく真ん中のエンバクを刈り取ったら、

DSCN7292_convert_20160206195309.jpg

ミステリーサークルできた♪♪


これはみんなさぞかし脅くだろうと思って写真も撮ったけど、

刈り取っているところから一部始終を遠くからととちゃんに見られていました、

残念。



ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー


サービスを買う。 就農5年目日記10

本日は節分なのではるちゃんが恵方巻を楽しみにしていたのだけど、
毎年節分の日のスーパーの恵方巻は法外に高いので、
今年こそは手巻きにしてたくさん食べようと企んでいたのに、
いざスーパーへ行ってみると、普通のお刺身も法外に高い!

節分だからこのくらいの値段でも買うでしょ、というスタンスが気に入らない、
主婦をにゃめんなよ!

というわけで、今年は納豆巻だけにしようかと思ったら、
はるちゃんがあまりにも残念がったので、仕方なく18時過ぎにもう一回スーパーに行って、値引品を買ってきました、とさ(汗)。

イベントの度に商戦に振り回されるのはもうウンザリです。
普通のものを普通の値段で売ってください(涙)。

チョコレートは14日過ぎてから買お、と心に誓いました。
(やっぱり買ってしまうのが悲しい)

需要があれば高く売れる、というのはねぎの市況も同じですが、
たいして価値のないものに「付加価値」をつけて価格設定が不自然に高くなっているものは要注意。
本質的に価値が高いものを選ばなければ、と常に意識しているのですが・・・

結局、何に価値があるか、は買う側の個人的な嗜好で判断されるものかもしれませんね。

わたしは「サービス」にお金を払う方です。

サービスしてもらうの、大好き。
サービスのないところから物を買うのは嫌です。

わたしの思うサービスとは、気持ちよく買い物をさせてくれるかどうか、です。
売る気があって、使う側の身になってその商品について専門的なアドバイスをしてくれる人(企業)から買いたいです。

安くてもムカツク店員がいるお店では絶対買いません。だって、その店員さんの人件費が商品代に上乗せされているはずなので、わたしがその商品を買ったらその人にお金をあげることになりますから。

というわけで、必然的にいつも同じお店に通って同じ人から買ってしまうのです・・・(元々買い物嫌いというのもあって、汗)。

農機関系は近年だいたいいつもヤンマーの同じお兄さんから買っています。
時にはヤンマー商品じゃないものもその人を通して買います。

こういう用途でこんなものを買いたいけど、と相談すると、どんなものがあるかはもちろん、近隣で同じものを使っている人がいるかどうか、どのような使い方をしているか、などの情報を集めてきてくれます。

他のところと相見積をとるともっと安いものがあるのかもしれませんが、メンテナンスなどのことも考えるとその人から買ったほうが安心なので。もしかしたらちょっと割高かもしれない分は、サービス料=お兄さんの人件費のつもりでお願いしています。


今わたしが最も多くのサービス料を払っているのは間違いなくJAでしょう。

農協の資材は高い、という人もいますが、あれはサービス料が上乗せされているからで、わたしは高いとは思いません。

祝日以外は朝早くから開いていて、常駐スタッフがいろいろ教えてくれますし、通っていれば信頼関係ができてきて細かい融通がきくようになってきたし、決済も簡単で明細はご丁寧に科目別に分けてあり、至れり尽くせりです。

最近は肥料を撒くときも、直前に農協に寄って軽トラに積んでもらい、そのまま撒きに行くことにしています。自分で管理すると保管場所も必要だし、使うときはそれを軽トラによっこらしょ、と積まないといけないし・・・つまりは農協を倉庫がわりに使っている、ということです。

実はわたしも最初は「農協のものは何でも高い」と思って、肥料や農薬でコストダウンするべく自分でいろいろ調べて他の数店舗で相見積をとったことがありますが、見積もりをとるだけでも大変。その後注文品がすべて揃うまで何度も催促して、まさに「売る気ないよね?」でした。

出荷用のダンボールも、農協と同じ規格のものを個人で作ろうと思ったら、大変な値段になってしまいます。

大規模で組織的にやっている農家なら、資材の買いつけを交渉する人がいたり、在庫を管理する人がいたり・・・。それらを自分でやるにしても、その間別の人が自分にかわって圃場管理や出荷作業をしてくれるんだったらいいだろうなー。もちろん小規模でも自分で何でもやって、コスト管理もしっかりできる人はたくさんいらっしゃるでしょうけど。

小規模農家にとっては自分が苦手なところはサービス料を払ってJAを利用する価値は大いにあると思うのですが、やっぱりわたしのコスト意識が甘いのかな~?



ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー



育苗準備。

もうすぐ種まきが始まるので・・・



このドヨーンとした負のオーラが出ているハウスを育苗仕様に綺麗にしました(汗)。


まずは全てのものを外に一旦出して、

モグラの襲来でデコボコしていた床面をならして、防草シートを張りなおした。

DSCN7216_convert_20160201194629.jpg

捨てられるものは捨てて、育苗箱を洗ったり・・・

DSCN7247_convert_20160201194934.jpg

ハウスに置くべきではないものは別のところへ移動したら、

今こんなところに(写ってないけど一番奥に)

DSCN7242_convert_20160201194656.jpg

ロータリーが(悲)。

DSCN7244_convert_20160201194907.jpg

ハウスで見ると小さかったロータリーが、作業場にもってくると大きいな。

(というか、その前にバイクが超邪魔)


去年新設するはずだった作業小屋が今年に持ち越しになっているので、

一刻も早く解決したけど、この件についての一切の権限はわたしにございませんので、

とにかく我慢して待っております。



今年の作業場で一個だけ進歩したところ。

DSCN7248_convert_20160201194840.jpg

二股のソケットをつけてもらって、エアーで皮むき機後のお掃除ができるようになった♪


いろいろ整理して、我が家には俄かにお掃除ブームが到来中。

はるちゃんは室内用のホウキがどうしても欲しいと言い出して、ホームセンターで購入。

0201.jpg

自分が欲しいと言い出したので、お小遣いで買うのかと思いきや、

「こういうのは経費でおとせるんでしょ?」

・・って、誰だそんな入れ知恵したの!?


ちなみにホウキが欲しかった理由は、

プラモデルの撮影時に周りをサッと綺麗にしたいからだそうで。

DSCN7196_convert_20160201194602.jpg


こんな細かい作業かかちゃんには絶対無理~。

022311.jpg

器用な人って生まれつきですよね、羨ましい(涙)。




ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー


このエントリーをはてなブックマークに追加